2013年4月29日月曜日

ランカウイで釣り 4月29日

今日は、ランカウイ倶楽部のマングローブフィッシングツアーに参加です。

船着場で主催者の尾島さんが待っており今日の釣りのリクエストを聞いてくれる。
1)ロウニンアジ
2)バラクーダ
3)アオリイカ
4)五目釣り

迷わずに1)ロウニンアジと3)アオリイカを選択して告げると尾島さんがその旨をボートマンに伝えてくれる。出発。
まずはロウニンアジ狙い。
用意してくれているルアーロッドにガイドのマディーさんがバイブレーションをセットしてくれる。
マディーさんは同行した彼女のキャスティングも担当するので忙しそう。
岸ぎりぎりに投げ込みカウントダウンしてルアーを引いてくるがまったく反応なし&チェイスもない。
5,6投してアタリがないとすぐに場所を移動していく。
ルアーの色やサイズを変えながら狙うのかと思ったが、違う。
自分のつけたルアーに食いつく魚がいるところを探す感じ。
ま、まったく知らない場所でもあるのでガイドにお任せだわ。
1時間ほどロウニンアジ狙いでルアーを投げるが反応はまったくなし。

850リンギという決して安くは無い料金を払っているのでせめてボウズは避けたい。
途中バラクーダを狙って小島を2周してもらってビール休憩。
その後、サビキでアジを数匹。

とりあえず坊主は逃れたが、ダメダメダメ。
こんなんじゃダメ。

ボトム用の生えさは無いというし、、、、。
あとは最後のイカ釣りにかけましょう。

てことでマディーにGo to Fish Squid!と伝える。
GTを狙っていた島に戻り2.5号のグリーンのエギをセットしてもらい投げる。
フォール、しゃくり、しゃくり、フォール、しゃくり、しゃくりと繰り返していくが、今日はダメかも?という考えが浮かんでくる。

いやいや!ガイドを信頼せずしてどうする!
と水中のエギをイメージしながら動かしていくと、
ゴツン。
おぉ!来たか?
竿がグイグイ引き込まれる。
やった!来た!
人生初のアオリイカです。
なんとなく分かったわ。

で、彼女にアドバイス。
彼女も一生懸命さがアップした感じ?
マディーが潮に流された船を移動しようと動かしたときに彼女の竿がしなる。
目一杯リールを巻こうとしているのでマディーと二人で
「ゆっくりゆっくり、Slowly Slowly!」と声をかけ、マディーがタモで掬い上げて無事キャッチ。
 その後、私が2匹釣り上げるがだんだん乗りが悪くなってくる。
二人とも明らかにイカがエギをつかんでいる感触はあるのに合わせても乗らない。
エギを小さいものに替えたり、色を変えてみたりするが、ダメ。

そうこうするうちに終わりの時間。
 テレマカシー マディーさん
イカが釣れるまでは心中穏やかではなかったでしょうね。
自分も釣りに人を誘うときは気を使いますからねぇ。

ビーチで船を降りると海の家が数件並んでいる。
その内の一軒のおっちゃんが近づいてきて、魚を料理すると言って来る。
これもツアーに含まれているのがすごいところ。

イカフライとトムヤム イカにしていただきました。
 獲れたてのイカはコリコリッと歯ごたえが楽しめました。
しかし、から揚げ粉の味が濃すぎるわ。
この味付けなら素材はもっと悪くても良いような。

今回の行程は下のとおり。
 
より大きな地図で 2013年4月 ランカウイ旅行 を表示


価格が850リンギ(約2.5万円)と結構高いので、値段分楽しめたかというと微妙。
二人でガソリンボートをチャーターするので仕方ないのも分かりますが。

+釣れた獲物の干物作りをしてもらえれば、かけがえのないお土産になりますね。+クーラーボックスか生簀があれば釣れた獲物を活きの良いまま保てますね。
+小さい発泡スチロールのケースと氷くらい用意してもらえれば、ホテルへも安心してもって帰れます。
+イカのから揚げは「マレーシア風」と言われればそれまでですが、素材の味が台無しでした。この辺は美味くレストランと連携して欲しいですね。
+ルアーでも何でも水の中の魚の動き、ルアーの動きをイメージできないと釣りが面白くありません。どんな魚がどんなところに分布しているのかといった情報と、ルアーを動かすときのコツなんかがまとめられたパンフレットなどがあれば、より気分も高まるし、面白くなるかと思います。
カヤックツアーでは、マングローブの森、生態についてどんどんと説明してくれるのに比べると見劣りします。

+乗合船ですがもう一度行きたいと思う釣りツアーは、カンボジア シアヌークビルのFisherman's Denです。 35ドルで一日たっぷり堪能でき、のんびりする時間もありました。

もっともっと深化して欲しいものです。

それでも、自分たちだけの旅が出来たし、二人ともはじめてのアオリイカを釣り上げ、楽しい時間を自然の中で過ごせました。

ランカウイ倶楽部の尾島さん、タカさん、それにボートマンのマディーさん、タクシードライバーさん
テレマカシ!

2013年4月28日日曜日

ランカウイ島 カヤックdeジャングル ツアー 4月28日

午前中はビーチでごろんとしたり釣りしたりで好きに過ごした後、午後はカヤックツアーに参加。
いろんな書き込みで評価の高いランカウイ倶楽部カヤックdeジャングルに参加です。
宿泊しているホテルまでタクシーが来てくれてピックアップ。
どこに連れて行かれるのか分からないまま回りの景色を楽しみながらしばらくすると分水嶺を越え島の反対側の海が見えてくる。
ヤッホーッ!
海が見えるだけでうれしくなるなぁ。
明日はこの辺で釣りが出来るのかな?

船着場で他の参加者と通い舟に乗り込みランカウイ倶楽部の基地である浮き屋形を目指す。
風が気持ち良い。
聞こえるのはエンジンの音だけ。いよいよジャングルに入っていくのな。

ランカウイ倶楽部の基地に到着後、ラッシュガードとウェットスーツを着てインストラクターの尾島さんのマングローブの生態に関する説明と楽しみ方、そしてカヌーこぎ方講座。
尾島さんの進行が上手なんですよね。
カヌーはあくまで自然に入っていく手段であり、目的ではないと。
だからカヤックという未知の乗り物に対しても恐怖心がなくなるのだな。
みんなの気持ちが高まったところで、スタート地点の上流へ向う。
 良い天気でしょ!

 ジャングルの奥深くの水のよどんだところでカヤックに乗り換え、いよいよカヤッククルーズ開始。

 マングローブに挟まれた細い水路をゆっくりと進んでいく。
人間の活動の喧騒から隔絶した世界

しばらく漕ぐとやや大きめの水路に出る。
ステレオ写真です。交差法でご覧下さい。

 もう一枚。猿が気を登っているのが分かりますかね?
  迫ってくるような崖。

 案内人の尾島さんのマングローブの生態に関する説明を聞きながら、森の音に耳を傾け、風を感じ、太陽の光を感じながら、パドルを入れてゆらゆらと河を下っていく。
  途中で支流にそれて蝙蝠洞窟を目指して遡上。
これまでは流れに乗って下ってきたのが、ここからは流れに逆らって進まないといけない。
それでも、これまででカヤックの動き、パドルの使い方が分かってきているので面白く進むことが出来る。このへんの組み立て方はさすが!

玉子ほどの大きさの小さな蝙蝠が子育てしている蝙蝠洞窟の見学を終わり、本流に戻るとサポートボートからのお茶とお菓子のサービス。
カヤックの上でのアフタヌーンティー。
ハーブの効いたミルクティーを川の中でゆらゆら揺られながらいただく至福の時間。

再び河を下っていく。川幅も広がり、日もかなり傾いてきた。
 この地域に数種類いるというカワセミの1種。カヤックなので静かに近づくことが出来るので鳥もなかなか逃げない。
 河を下り終わり、エンジンつきボートに乗り換えて、夕日を楽しむポイントへ移動。
参加者全員で河に飛び込む。
空の色が刻一刻と変化していく。


ほんの僅かな時間だが両手両足を広げて水に浮かんで見上げて全身で感じる。
頭を水に預けると水に浸かった耳にパキパキパキパキという破裂するような音が聞こえてくる。なんでも珊瑚の活動している音だとか。ふーん。

あっという間に夕焼けの時間がすぎ、ボートに乗ってベースキャンプへ戻る。オイルランプの光がやわらかくやさしい。
 バケツシャワーのあと着替えを済ませてからマレーシア家庭料理で乾杯!
カヤックを漕いで良い感じの疲れ。
自然に囲まれたイカダの上で食べる気取らない家庭料理がうれしい。
食事の後はみんなでイカダにごろりと転がって星空を見る。
あ!人工衛星が横切っている!なんて、いつも見上げればそこにある空をこんな風に見上げることが一年のあいだに何回あるやろ?それほど忙しいのか?と考え込んでしまう。
あら?山肌にボーっと緑色の光が見える。ホタルか。あ!あっちにも。

海外旅行、ビーチリゾート、焼け付くような日差し、デッキチェアでのんびり、、、という固定化されたイメージの旅ではなく、その日、その季節の体験がこのツアーで出来ました。

大満足!

で、明日は釣り。ふははははは。

オススメです。

今回のマップ

より大きな地図で 2013年4月 ランカウイ旅行 を表示

********************************************
ランカウイ倶楽部


ランカウイ倶楽部 お問い合わせ
********************************************

ランカウイで釣り 4月28日

4月30日と5月1日の連休を利用してマレーシアのランカウイ島へ行ってきました。
 
 ランカウイに着いた当日は小ぶりの雨が降る曇り空だったのですが、翌日は快晴!南国のリゾート気分全開です。

朝食をとったあとビーチへ直行し早速釣りの準備。
竿は先日購入した4ftのルアーロッド。リールをセットして3号中通しでちょい投げ。磯場を想定した針のチョイスしかしていなかったのでチヌバリを使用。
サイゴンから持ってきたイソメも元気やわ。

 ホテルのプライベートビーチの端に流れ込みがあり、サヨリやボラが泳いでいる。その流れ込み付近で竿を出す。

一投目からアタリ。
エサを取られる。
へへへ。
たのしいねぇ。

エサを変えて2投目。
早速アタリが出たのであわせると
コトヒキ。11時1分
ちっちゃ。
コイツが俺の人生で最初のアンダマン海の獲物。
それにしても水平線がきれいでしょ。

その後も投げ込むたびにアタリがある入れ食い状態。
 アンダマン海でのファーストキス!きゃーっ!
2匹目はスレがかりの無理やりキス。きゃーっ!

太陽にきらめく魚体が美しいですねぇ。
小さな川の水脈筋に投げてリールを巻いているとちょこっと大きめのアタリ。
すかさず合わせを入れるとグイグイ引っ張る。
おーっ来た来た、なんかおもろいよ。
ぽってりと太った20数センチのキス。良いサイズやねぇ。
ブンタウではお目にかかれないサイズやわ。
でかいのもおるんや。

それでも、小さいのがメインのようでエサを取られるのが続く。
放り込んでアタリが無いことがないので飽きへんわ。

投げ込んでエサを引いてきて足元まで来たときデカイキスがエサを追っかけているのが見える。
うわ!
ヒョイと動きを止めるとパク!即あわせで引きを楽しむのは一瞬でしたがデカキス。
ワシ掴みですわ。11時40分。

エサも尽きて小一時間の釣り終了。
レストランに持って行き調理してくれないかと交渉するがアウト。
えーっ。
4つ星なのでしっかりしているけどマニュアル化されているのかな?
2匹ともリリース。
彼女の分とちょうど2匹良型が釣れたのに残念。

さて、見直し。
Tides4Fishingによると
solunar period from 2:09 h to 4:09 h, high activity solunar activitysolunar activity Major period (moon up)
solunar period from 8:14 h to 9:14 h, average activity solunar activity minor period (moonset)
solunar period from 14:40 h to 16:40 h, high activity solunar activitysolunar activity Major period (moon down)
solunar period from 21:07 h to 22:07 h, average activity solunar activity minor period (moonrise) 
月の位置とはまったく関係ないようです。
月の入りと北中のちょうど間辺りですね。
小魚だからいつでもええんかな。

ちなみに泊まったホテルはベルジャヤ ランカウイです。
 広大な敷地のリゾートホテルで部屋はすべてコテージ形式。
海上コテージを除くとジャングルの中にコテージが点在するので洗濯物はパリッと乾きません。
敷地内は無料のシャトルバスで行き来します。
釣りをしたのは右側の小さな池と小川があるところ。
そこから左側に行くと海上コテージがありますがそのへんはすべてゴロタ石です。
コテージから釣りになりそうなのは左端の海に突き出たタイレストラン付近です。
その辺なら部屋のテラスから釣りが出来そうです。

2013年4月20日土曜日

釣った魚を食べる ホーチミン

今朝の持ち帰り釣果はクロダイ1匹、クロホシマンジュウダイ3匹。
おなじみの「橙オレンジ」へ持ち込んで料理してもらいました。

今回は魚も小さく手間もかかるので、料理方法はお任せしました。

「クロダイフィレのあんかけ」と「姿そのまま骨センベイ」
 20cm弱の小さなクロダイでしたが、またしても見事な盛り付けで運ばれてきました。
見ているだけで笑顔ですわな。
ほっこりしたタイの身をカラッと揚げてニンニクの花芽あんのかかった一切れをいただく。
「んまーい」
ご飯の欲しくなる一品でしたが、まだまだ続きますからね。ココは我慢。

骨センベイはと言うとこれがまた絶品。
あんかけの添え合わせだからかどうか、すごーく薄い塩味がほんのりとする程度。
ひれの先から背骨、頭までぜーんぶ食べることが出来ました。
背骨はうっすらとついた身と合わさってサックサクでめちゃ美味かったです。
いやー、幸せ幸せ!

クロホシマンジュウダイがどんな料理になって出てくるのか期待が高まりますね。
で、出てきたのがこれ。

「クロホシマンジュウダイのアクアパッツァ」
 型の揃った3匹が一列に並んで立派な大皿料理に変身。
アサリ、イカ、セロリ、トマト、ニンニク、、、、、魚介類のエキスが溢れ出した感じのスープでこれがまた美味い。
フランスパンつけて食べたら美味しいかもね。

2匹食べたところでやはり「スープをもっと味わいたい。」という思いが強くなる。
そこで、さらに増田シェフにわがままを言って、この皿に残ったスープを使ってパスタを作ってもらう。
 「リングイーネ クロホシマンジュウとキノコのソース」です。
ちょわーっ!
ほっこり鯛の身とこりこりした食感のキノコ、しっかりした歯ごたえのリングイーネがウマウマのソースで一体となって口の中 天国ですな。

自分での魚料理では100年かかっても思いつかない料理でした。
毎回、わがままを聞いてもらっていますが、しっかり応えてくれて、期待以上の料理にしてもらえる増田シェフに感謝感謝です。

ありがとうございます。

##################################
橙 / ORANGE (オレンジ)
住所:2B1 Chu Manh Trinh St., Dist. 1
電話:(08) 3825 8787
営業:11:30~14:00 / 17:00~22:30
定休日:火曜日
##################################
持ち込みに関しては、事前にお店に確認が必要です。

そうそう、オレンジの「チャイニーズ春巻き」が美味いです。ほんと美味い。

ホーチミン周辺で釣り 4月19日

4時過ぎに目を覚まし、釣りに行く用意をしていると、電話が鳴る。
同行のSさんかAKIRAさんからかな?と思いながら電話を見ると会社のマイボス。
???
なんかあったんかな?
ドキドキしながら電話を取ると、日光浴しに一緒に行きたいが構わないか?というもの。
もちろん人数が多いほうが楽しいのでOK。

2日間空気にさらしてカルキを抜いた水をぶくぶくクーラーに入れて出発。
駐車場でAKIRAさんと会い、荷物を載せて市場へ向う。
真っ暗かなと思っていたら意外と店が出ており、活きの良いエビも手に入る。
今日は釣れる予感がバンバンするので(いつもか?)300g購入。
先々週も先週もアカメが上がっているので、今日も期待できる。
でかいのが掛かったときのランディングのイメージトレーニングもばっちり。


FV病院前でSさんとマイボスを拾って釣り場へ。
途中のフェリーで30分ほど待たされてしまう。
早起きした意味ないやん。

7時前に釣り場着。
アカメ仕掛けを2本出して、今日はルアーに挑戦。
AKIRAさんは先週のルアーでの大物を見た影響でルアー一本。
男や!
水は左から右へ流れ透明度の高い潮が濁りのきつい潮に追いやられていく。
悪い兆候やな。
サヨリは15cmほどのものが数多く見られる。
イナも2匹ペアでよく泳いでいるのが見える。
活性は高いみたい。

アカメ仕掛けの浮きがスポンと消し込むがすぐに水面に上がってくる。
竿をあげてみると胴体半ばで食いちぎられたエビ。
エサを替えて再投入。

しばらくすると、流れが右から左に変わり、透明度の高い水に変わる。
おぉ!ええ感じちゃうの?
マイボスにもアタリが出てエビの頭だけ残してばっくり食われる。

そういうのを見て、AKIRAさんも方針変更。
延べ竿で小物狙いに。
あっという間にクロホシマンジュウダイを釣り上げる。
 まぁまぁええ型ですね。
このあともほぼ入れ食い状態で3匹ほど立て続けに一人釣ってました。
他の3人はというとアタリはあるもののハリに乗らず?乗せられず?釣果につながらない。
AKIRAさんに針をもらい、針を小さいものに取り替えてみるものの、やはりあわせられない。

表層付近は小物ばかりやなと考え浮き下を深くして少し沖目に放り込んで待っていると
スーッと一直線に浮きが沈みこむ。
クロホシマンジュウの突っつき系のアタリとは違うよね。
軽くあわせると手ごたえあり。
グイグイ引き込む。といってもボヨンボヨンの延べ竿ですからね。
あげてみると

クロダイ!
やった!

Sさんはすでに暑さに負けて休憩所のハンモックでダウン!
マイボスは、釣りにこだわりが無く、日光浴を楽しみながら竿を握っているもののハリ掛かりせず。
AKIRAさんはその後もクロホシマンジュウダイを釣り続ける。すごいわ。
なんか分からん魚を釣り上げる。
サイズが半端じゃないですな。
ほらね。半端なく小さい。
そんなこんなで、暑さに屈して10時過ぎに納竿。
結果は、AKIRAさんが竿頭でクロホシマンジュウ7匹、ちっこいの1匹、
Ashがクロダイ1匹。という残念な結果に終わりました。

7区まで帰り昼食を食べて解散。

 *****************************
solunar period from 0:24 h to 1:24 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period from 6:24 h to 8:24 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down)
solunar period from 12:25 h to 13:25 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 18:46 h to 20:46 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)
 *****************************
6時半から8時半がベリハイだったのですが、
8時半から9時半くらいに釣れました。
10時をすぎてもアタリはありましたがアタリが小さくなりました。
釣り場到着直後は水面で魚がはねていたりしたので、北中でのベリハイにほぼ一致しますね。
小潮だったので流れはゆるく釣りはしやすかったのですが、大きな魚の活性はそれほど高くなかったのかも。
「大潮のときしかアカメは釣れない」と聞いたこともありますし。

まだまだ方程式は解けそうにありません。
たのしい。