2019年11月23日土曜日

VAD創設メンバーでベンチェ遠征 11月23日

VAD創設メンバーの一人であり、TAD-タイアングラーズダービー事務局長(自称)のGUREさんが、ベトナムに来るというので、伝手をつかってベンチェ地区への釣行をアレンジしてもらいました。

メンバーは、上述のGUREさん、航海長、水面ちゃんと私の4名。べトナム100倍速!初の遠征であるラギ釣行のメンバーです。なつかしいわぁ。

5時ごろ、現地で案内してくれる2名のアングラーと合流し、ため池へ移動。

一つ目の池で、2-3時間投げ続けたものの誰にもヒットがなく、池の移動をすることに。

池移動して直後、GUREさんが第一投でヒット。
無事ランディングして今回の釣行初のバラマンディをキャッチ。




氏名: GUREさん
釣行日: 2019年11月23日
魚種:バラマンディ
体長:43.0cm
時刻:9:26
場所:ベンチェー
えさ・ルアー:ソフトバイブ21g(トランザムコピー品)
タックル:ロッド:Palms Molla MSGC-67MH2F、リール:シマノ アンタレスDCMD 、ライン:GOSEN W3号、リーダー:7seas フロロ35LB
 一言:1年振りのベトバラ。池移動でいきなり来ました。があと続かず。

トランザム、バンコクメソッドはベトナムでも有効でしたね。
エントリー1回でバラマンディ釣っちゃって、ったくぅ。
ま、VADらしくていいわ。

案内してくれたベトナム人アングラー2名は水門付近で粘らずに池を周回する土手をすすんでいきました。
私も、少ししてから後を追いましたが、釣り座がなく、藪漕ぎが大変で途中で断念して水門へ戻る。

水門で4人並んで投げ続けるけどアタリなし。

暑さの中、私も水面ちゃんも航海長も木陰で休憩を取る中、GUREさんだけ投げ続けていました。

そうこうするうちにGUREさんにヒット。
9時48分に1枚、11時9分に1枚。

休憩をした後、気を取り直してジグトントンで底を取って行くとアタリあり。
フッキングして寄せて来たけど足もとでばれる。
ターポンだったのか、フエダイだったのか?なんでしょう?
やる気出ますね。
ジグトントンを続けていると、ヒット。
今度は普通に寄せて来て、チヌキャッチ。
チヌ、13時48分。

この後、ベトナム人アングラーの一人が池を一周して戻ってくる。手ぶらかぁ、と思って眺めていると、背負っていたリュックサックから50センチ、40センチくらいのバラマンディが出てくる。
すごいな。
みんなやる気出して、水路打ちに行く。
途中、もう一名と出会い、様子を聞くと何匹かバラしたという。

みんなで順に撃っていくけどダメ。

5時前にタイムアップで納竿。

夢を持ってきたベンチェでしたが、手ごわかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿