2016年6月20日月曜日

コンダオ遠征 2日目 6月20日

異例の朝6時出発。
昨日が貧果だったので船長も気を使っているみたい。
今日は裏側のオオモンハタのポイントへ向かうということ。
あそこはかなりの確率で釣れるので期待しましょう。



行く途中のジギングポイントでまずはジギング。
魚探にも魚の反応はあまり出ていたいのだが、船長曰く「ここは魚が濃いポイント」とのことでしゃくり続ける。
底付近でスローで動かしていると魚信。
小さいけどジギングでヒット。


 沖合を見ていた船長が、「風がやまないから釣りになるかどうかわからないけどハタのポイントへ行く?」と聞いてくる。
もちろんYES。

ついてみると特になんてことのない波。
巧いタイミングで来た見たい。

で、仕掛けを投入するとすぐに魚信。
 オオモンハタ、8時24分。

アルミ親父さんも
オオモンハタ、8時26分。時合とばかりにサイズも計らず釣り続行。
VAD盛り上げるの手伝ってくださいよ。

次に釣れた一匹は小さなオキエソを口から吐き出しました。
オオモンハタ、8時43分。
しかし、小さい。
30㎝程度か?

デカイの釣りたいなぁ。と思いながら誘いをかけていると何やらエサに触れる感じ。
???
続けて誘うとずっしりと重みが伝わる。
久しぶりのドラグが引き出される。
うひひ。
慎重に慎重に巻き上げていく。
タモですくってもらいランディング。
 オオモンハタ 45㎝、9時5分。
 めっちゃ太ってるわ。
ロッド; メジャークラフト ソルパラ SPJ-B60LJ、 ライトジギングロッドですけどエサ釣りでも使いやすいロッドです。
リール; シマノ バルケッタBB 300HG、 ラインカウンター付きのリール。ロッドとの相性もいいです。
ライン; Daiwa(ダイワ) UVF紅牙センサー+Si  0.8号
エサ; イカ

ここで30分ほどかな?
3-4回流したらクーラーもそこそこ魚が入ったので移動してもらう。

岸近くでジギング。
ここは前回、GUREさんがサワラ、ライトさんがスギを釣ったポイントだわ。

水面ちゃんがアカハタを捕獲。
ジグをしっかり咥えている。小さいのでリリース。10時34分。

私もアタリらしきものがあるけど乗らず。

ポッピングでまたまたダツだかバラクーダだかがルアーに反応するけど乗らず。

ジギングでは前回GUREさんがヨロイアジを釣ったポイントでヒット、竿が絞り込まれドラグも出されたりしながらゆっくりとやり取りしていたのだが、フックオフ。
あらら、やっちゃった。
前回も針が外れてバラしたのがあったけどどこが悪いんでしょうね。
ドラグもっと緩めなあかんのか?

前回、ライトさんはドラグを緩めてヨロイアジ獲ったなとおもいだし、自分のも緩める。

しかし、その後続かず。
うーん。

またまた場所移動してジギング。

底どりしてしゃくりあげるのを繰り返す。
数度目の底どりでアタリがある。
かなりはっきりしたアタリ。
よっしゃ!
竿をしゃくって合わせると
ジーッ
てドラグ緩過ぎるやん。アワセ効かへんやん。
でバラシ。
Orz

アルミ親父さんは体力が持たずほとんどエサ釣りでした。
体力付けてまた行きましょう。

水面ちゃんですが、昨年のダナン遠征と言い、少ないチャンスをきっちりモノにするのがすごいですね。

で、今回の釣果は、

オオモンハタ10匹程度とヒラアジ系1匹です。
Cau Ca No.1で買ったクーラー 「大収穫」がほぼいっぱいで大収穫です。
この商品と同じものですね。


家に帰ってオオモンハタ4匹捌きました。
刺身、こぶ締め、から揚げ、煮つけで食べましたが、まだ冷凍庫に入っています。^^


今回はかなりアタリの少ない釣行でした。
また行きたいわ。

2016年6月19日日曜日

コンダオ遠征1日目 6月19日

今年2回目のコンダオ遠征、日曜日出発で一泊、月曜日戻りという社会人としてはちょっとどうかな?
いや、祝日の少ないベトナムで毎日頑張っているんだからいいよね!という自問を繰り返したかどうかは置いといて参加者は3名。
水面ちゃん、アルミ親父さん、私の3名です。

飛行機は無事コンダオ島に到着。
雲が厚い。
ピックアップの車もちゃんと来ていてホテルまで到着。
荷物を開けて釣り具を準備して船に乗り込む。
膝までズボンをめくって乗り込む。
ザル船がそこにあるんですけどね。
船長が開口一番、「最近釣れてないんだよね。」
どわ!
とりあえず挨拶代わりにジャブられた感じ。

気を取り直してゴー!
沖へ向かう。

まず最初はポッピング。
ジギングで上がっていないということか?
ラパラのXRAPソルトウォーター14㎝をセット。
いつも通りのジャークを繰り返していると、ルアー付近でぎらっと光が見え手元に力が伝わってくる。
来た!
と思った瞬間、80㎝程?のダツがジャンプ。
フッキングできずに終わり。
ルアーを回収するとリーダーが2か所避けていました。

うーん、バレたのは残念でしたが魚の反応出たしいい感じちゃう?

一通り打ち終わった後、ジギングポイントへ移動。
移動する途中で鳥山。
キャーッ!


しばしルアーを投げるがダメ。
ジギングポイントへ着きジギング開始。

アタリは出ないがとにかくシャクリ続ける。
水面ちゃんがアタリがあったというのでシャクリのリズムを覗いていると、グググイと竿先が引き込まれヒット!
なかなかいい引きしてるやん。
いいなぁ。

ライトさんが前回、船長にプレゼントしたランディングネットで無事ランディング。
 いいサイズです。
ホシカイワリではないし、カイワリでもない。10時。
なんでしょう?
とにかく、67㎝で4月のライトさんのヒラアジ部門の記録61㎝を6㎝上回る結果。
(注;WEB魚図鑑にて同定してもらったところ、ヒシヨロイアジとのことでした。)

場所:Con Dao沖
えさ・ルアー:TackleHouse P-Boyジグ/150g/グリーン
タックル:TENRYU JDR561S-8 / DAIWA 10'SALTIGA4000H / YGK ULTRACASTMAN FULLDRAG WX8GP-D #3 / Sufix Superior/100lb

よっしゃ!
とりあえず時合来たかも!
テンション上がってきたで!
というところで大雨は降り始める。
あーあ。
カッパ着て頑張ってたけど、あまりに強い風で横から雨が降ってくる始末。

船も風の弱いところを探して移動。
アンカー打ってやり過ごす。

ちょっと雨が弱くなってきたので小物釣りでもしますか。
で、
サビキ。
 
 アタリがあったと思ったらヤミハタちゃん。10時41分。
とりあえず、ボウズ逃れさせてくれてアリガト。

水面ちゃんもキモウマな魚を釣る。
 ウロコマツカサ。11時4分。

雨は弱まったりするけど基本的に晴れはない。

食えるサイズの魚も釣れず昼飯なしで続行。

ま、昼飯ならコイツでOK。
油で揚げたフライ麺のWASADA XA XIU味をパキパキに割って、ちょっと固まった部分もあるスープの素を1/4ほどかけたら、袋の口を閉じてワサワサ振れば出来上がり。
 

えーっとですね。
この後、タフな時間が続きます。
ほんと何もなし。
鳥山打ちも一度やりましたがゲットできず。

もうモチベーションも落ちて、濡れた寒さと早起きのせいで半分眠りながらしゃくっていると
突然、軽くなる。
???
船長の仕掛けに引っかかったかな?思い違い。
船長もやられていました。

ヤツか?

しかしその後が続かず、船長が今日は切り上げて明日早めに出ようという申し出に同意。

一日目終了。

2016年6月11日土曜日

ホーチミン 釣具屋巡り 6月11日

先週土曜日のブンタウ釣堀でスプーンで連続ヒット。
あいにくキャッチには至りませんでしたが、ほかの人の食いが渋る中、一人で連続して掛ける事が出来たのでマイスプーンブーム到来。

で、どんなスプーンかというと。
ポプラさんにもOさんにも大笑いされたコイツです。


ロングAでおなじみのボーマー製です。
その名はWho Dat  メタルスプーン。6.49ドルかぁ。
日本語でうんちくを読みたいならこちら

ググってもあまりヒットしません。
見た通り左右対称のスプーンにシングルフックがボルトオンされており、黒いプラスチックのうぃーどガードがついていてその先っちょが二股に分かれてビーズがついています。

フォールするとフックを上向きにしてひらひら沈み、リトリーブすると左右にフラフラします。
ロールはほとんどなくフックは常に上向き。

で、コイツを底をなでるように引いてくると3連続で食ってきたというわけです。

3回目でリーダーが切れてコイツを持っていかれたので、出撃した交代選手がコレ。


「なにこれ?小判?」とまたもやポプラんさんとOさんが大笑い。
こちらはGT-BIOというブランドのファットワームというルアーです。

さっきは予想が全く外れたくせに「頭が高いわ!」

で、コイツを投げてこれも底をなめてくるとヒット!
結局オダに入られてキャッチできなかったのですが、コイツも2回ヒット。

それからですね。
何だかスプーン萌え。

家に帰ってタックルボックスを漁るとWho Datの予備がありました。ほっ。

ウィードレススプーン使えますよね。
そして釣れるという認識が得られた以上、もう少し突き詰めてみたい。

ちょっと調べましたよ。

ウィードレススプーンの花道; ウィードレススプーンを4つ紹介。ラパラのやつほしいな。
MOSSBOSS in BASS WARS; 周りの埋めたい視線を受けながらもモスボスで釣り上げるのが快感?というへっちさんに共感です。

モスボス欲しいな。



あら、話がずれてきたか。

と、まぁこんなわけで、スプーン系ルアーのマイブーム到来で掘り出し物のルアーがないか探索するべく釣具屋巡りツアーを呼びかけたら、K大農学部の先輩のネジさんが参加表明。
ブレーキの甘いベスパが後ろからしっかりマークされてついてくるというドキドキなツーリングスタートです。

暑さと喧騒と臭い排気ガスの中を走り続けて着いたのが、おなじみの
CAU CA No.1(カウカー No.1)です。


で、なぜか入ってすぐのワゴンに大量のGT-BIOのルアーが、、、。
マネージャーのTRANGさんが、この商品は売り尽くしセール中なので1個???万ドンなの。
おぉ!渡りに船とはこのことですな。
ファットワーム4つとべベルスライス2つ購入。
釣られてネジさんも数個購入。
いや、あの、私すごくマニアックな選択ですからね。
と言ったにもかかわらず購入されていました。

それと、VAD2016のポスター掲示をお願いしてきました。


で、次に向かったのが5区のキムビエン市場近くの漁具屋街にある一店。
ウィードレスフックとスイベルとラバージグ、チャターベイトなどを購入。


その後、Tran Phu通りのテオタックル。

昼飯に家庭料理の「ますお」さん。

”日本料理 ますお”
住所; 106 Le Lai st., Dist.1, HCMC
電話; 090-358-7132
定休日; 日曜日

たくさんのランチと魅力的な惣菜が魅力のお店です。

でこちらにもポスターを貼っていただけることになりました。

ありがとうございます。

おなかもいっぱいになったところで、TUAN ハンサンへ行きました。
が、しかし、お目当ての掘り出し物系スプーンは見つからず。

今日の釣具屋巡りツアーはお開きとしました。

2016年6月8日水曜日

VAD2016 6月定例会 6月8日

6月8日にHCM市内のレストランでVAD6月定例会を開催しました。

メニュー品目は多いのにウェイトレスがメニュー名を分かっていなかったり、
ヌックダーチャン持って来てソーダの入ったレモンハイだと主張したり、
ハイボールもレモンハイもソーダを入れていると言いながら泡が出ずスッキリしなかったり、
店も炭酸が弱い?無い?のを知っていながら安いから使っていると言い切ったりと
タコ焼き9個入り4皿頼んだのになぜか9個入り一皿で3種のソースで出されたりして
次はないなという店だったので店の名前は出さないでおきます。

オワリ。


閑話休題。

今回は8名が集まりました。
うち一人は、まだ出張ベースで来ている大阪出身のバサー。
ボチボチですが、仲間が増えるのは嬉しいことですね。


5月の釣果登録は水面ちゃんのチヌのみ。


##### VAD2016 釣果登録 #####
釣行日:2016.05.29
魚種:チヌ
体長:18.0cm
時刻:10:00
場所:カンヨー
えさ・ルアー:Squirrel
タックル:ロッド/JetSetter71S、リール/13’Cartate、ライン/PowerProZ Orange#0.8、リーダー/JaguarLine#6
一言:ポプラガイドサービスのおかげです。

チヌ部門の初釣果登録ということで、メジャークラフト社の海外専用ルアーブランド ZONERのジャークベイトを進呈。

おめでとうございます。

天然バラの記録が出ていません。
とりあえず、釣行時のエントリーをお願いします。


毎月、第2水曜日はVAD定例会と称して釣り好きが集まっています。
興味のある方、次回の定例会への参加をお待ちしております。

2016年6月2日木曜日

VAD2016 6月定例会開催のお知らせ 6月8日

VAD2016 の6月定例会を下記のとおり開催いたします。

開催日時:2016年06月08日 (水) 19時00分
宜しくお願い致します。

場所〜鉄板はじめ
34 Pham Viet Chanh, Binh Thanh District, HCMC

19時〜

参加希望の方は、こちらへ6月5日までに書き込みお願いします。
あるいは、当ブログ右側のメールフォームから連絡をいただいてもOKです。

釣りに興味のある方、お気軽に参加ください。