2014年12月28日日曜日

ドンナイ省ため池で釣り納め 12月28日

今年最後の釣り。
総勢6名でドンナイ省のため池へ行ってきました。
朝4時15分に7区出発、道路はすいすいで6時前に船着場着。
渡し舟で通称クラゲ池というため池まで渡してもらい釣り開始。
うーん。
水の透明度もあって釣れそうな雰囲気ばっちり。
ストームのトゥイッチスティックからスタート。
こない。
フラットラップにチェンジ。
食わない。
ポップR。
出ない。
ラトリンラップ。
メタルバイブ、、、、。
いろいろ試しまくるけどまーったくアタリなし。
水面さんのバングオースピナーに2回バイトがあったのみ。
10時ごろ終了。

そのご、近くの釣りの出来るロッジへ。
GUREさん、青物さん、KAZU松本さん、水面さんが小型ながらもバラマンディを釣り上げる。

いやぁ、釣れませんでした。
アタリもなんか怪しい感じのがちょこっとあっただけ。
釣り堀で釣れないときのこのむなしさ。

釣り納めは坊主でした。

2014年12月21日日曜日

カンヨーため池でルアー釣り 12月21日

先週はデカイの釣れましたし、最近は調子がいい。
このペースで今週も行ってみよー!

本日は、GUREさん、青物さん、CHINUさん、瀧本さん、CHINUさんのご友人のYさん、そして私の6名。
一箇所で集まるには人数が多いので2箇所に分かれることに。
GUREさん、青物さん、CHINUさんの3名が通称ミサイル基地へ。
そしてCHINUさん、 Yさん、私は通称ダニ池へ向かう。

水は透明感があっていい感じ。
誰もいない池にわれわれ3名のみ。
釣れそうな雰囲気っていつも朝一はそう思うんですがね。

フラットラップ8のファイアタイガーをセット。
ジャーク、ストップ、ジャーク、ストップを繰り返すと???
アタリがあったのだが乗らない。
何度か通すうちにブルっと手ごたえ、しかしその後が続かない。
ヒクヒクと竿先が震えるので上げてみると
 コトヒキ。 7時11分。

ルアーとほぼ同じ大きさに食ってくるとは活性の高い証拠?

入り口ふきんのワンドで投げていたCHINUさんはアタリがあったけどその瞬間にPEが切られたそう。またPE切れ?とは思うものの、重みを感じるまもなく切れていたというのでおそらくバラクーダでしょう。

私のほうはルアーのカラーチェンジで銀青へ。
チョイチョイやっているとまたしてもアタリ。
しかし同じような引き。
またもやコトヒキ。7時21分。
エサと思って食いついたのか、友達とじゃれあう気持ちで食いついたのか?どうなんでしょ。

そうこうしていると何やら大きな話し声が、、、
ベトナム人の釣り人集団が到着。
この池に来るのは初めてらしく池が小さいとか狭いとか大声でそれぞれが口にしている。
う、うるさい。
他の池に行こうとか言うものもいてなかなか意見がまとまらない様子。そうかと思うと竿を出して準備しているものもいる。
カオス。
まさにベトナミック。
と笑っていられないのが今日。
だって少しでも気を抜こうものなら平気で釣り座を平気で奪われてしまいます。

少し離れたところのワンドでがんばっていたCHINUさんも、横からドボーンてでかい錘と浮きを放り込まれ難民化。

今日の時合いは11時から13時。それまではがんばらなければならない。
しかし、うるさいなぁ、もぉ。
都会の喧騒はなれてここまで来たのに、なぜにこれほどうるさいかなぁ。

あっちのほうでバラマンディがジャンプ。どぉ!
さっきの一団のベトナム人がヒットさせたみたい。
45cmくらいか。

それからもいくつかルアーを替えて、コトヒキ2匹とダツ1匹追加。
CHINUさんは途中から飛んでいったり引っ掛けたりしたルアーを回収に船出。
初参加のYさんは初めてのタックルで苦戦しながらも投げ続けている。
12時ごろまで粘ったものの、水面はシーンとしたまま。
納竿とした。

一方、通称ミサイル基地へ釣行した3名ですが、30cmクラス1本、50cmクラス2本と一人一尾づつ釣り上げていました。同じ日の同じ時間帯で池の違いで釣果に差が出るものですね。



2014年12月13日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り 12月13日

師走らしくなんやかやと忙しい。
先週は疲れが溜まりまくって家で休養。
釣り部のメンバーは明日日曜日の釣行。
明日の日曜日も仕事?なんですな。
今日しか行く日がないわなってんで、妻の許可ももらえたので4時半出発。
久々の一人釣行。バイクで出動。
ギャップを乗り越えるたびに痛かったアバラも回復。わはは。
フェリー乗り場に5時過ぎに到着。
土曜日は夜通し運行しているので割りと早い時刻に対岸にわたれるのがメリット。
HQBC(Hoi Quan Ban Cau)のシャツを着た明らかにルアーマンと思われる兄ちゃんが数台前のバイクにいる。降りてから後ろを走っているとLy Nhon方面へ折れていった。
私はバイクを停められる場所があること、アクセスが比較的楽、最近調子がいいという理由からミサイル基地と決めているのでそのまま走り続ける。
茶店に着きバイクを停めておくお願いをして池へ向かう。
まだ薄暗いジャングルを一人で歩くことが出来るのはこれまで何度も友人と来たからに他ならない。初で一人だったら引くよね。

今日も水位はたっぷり。
誰もいない。
管理人小屋へ行きお土産を渡して釣り開始。
フラットラップ10cmのホットタイガーでスタート。
スロー目のリトリーブから始めて扇状に探りながらスピードを徐々に上げていく。
わりと早めのワンピッチジャークで巻いていると吸い込むような感触が2度。
そのうち一度は乗ったと思ったのだが、、、。
その辺りにいるはずと何度も投げ続けるが反応なし。
カラー変更。
1軍メンバーのフラットラップ8 銀青に変更。
さっきアタリがあった辺りから徐々に範囲を広げて攻めていく。
クィッシャカ、クィッシャカ、クィッシャカとリズム良くショートジャークで高速リトリーブをしていくと
ガツーン!
どは!来たー。
ジャンプ一回。
走るよ。結構走るよ。ジャンプを繰り返すというより横に下に走っていく。
魚の走る方向とは逆に竿を倒してプレッシャーを掛けていく。
ぐいぐい下に向けて走っていく、ようやく近くまでよってきたかと思うとジャンプして走り出しドラグから糸が出て行く。
どわー。
おもろいわ。
かなり体高もあり重量級のボディが見える。
50cmクラス。
なんとかかんとか寄せてきてランディング。
なんか広角の手持ちで撮っているので変な形ですね。
ほら!丸々太った美しい魚体です。
バラマンディ 52cm 6時42分。

ルアーはフロントフックの一本が折れていました。
しかし、フラットラップは魚を連れてきてくれます。このオトボケお目メがええんかな。

ルアーをハリの折れていないフラットラップに交換。色はファイアータイガー
こういう自然になさそうな色のルアーで釣ってみたいですよね。

小屋の向こうの水門を渡ったところへ移動。
対岸向けて立ち9時方向から13時方向まで順に投げていく。
さっきのヒットしたハイテンポのショートジャークで探っていく。
11時方向で対岸から1mくらいのところに着水、3回くらいジャークを入れたところでルアーの通過点でガポン!
どわ!
ミノーやのにトップで食ってきた。
活性高いやん。
早すぎたのか?早すぎて食えなかったのか?と考えて、松本プロ風にネチネチとポーズを入れてみたりするが出ない。

トップでアタックあったしポッパーに変更かな。
もちろんPOP-R P65ですよね。
さっきアタックのあった11時方向へキャスト。激しいジャークで水を前方に勢い良く弾き飛ばしてみる。これまでにも何度か反応でたんですけどね。今日はダメ。
着水してじわじわいらいらアクション。これも出ない。
ジャボッジャボッ、チャプッチャプッ、ボルンボルン、いろんなアクションを試すか出ないやん。
ん?
ン?
ミノーはスローでは出ずにハイピッチで出たんよね。
トップでアタックがあったのも同じようにハイピッチの時。
ということは、
ポッパーも連続チャプチャプドッグアクションのチャギングが有効かも!?
と思いつき、チャプチャプチャプチャプチャプチャプチャプ。
ロッドティップのアクションとリーリングのタイミング・巻き取り量がうまく合うと気持ちよく動いてくれます。というか、ポップRは本当に思ったとおりのアクションをしてくれるのよね。
水はじこうと思えばはじいてくれるし、似て異なるものではルアー自体が飛んできたりしてね。
などと考えていると
カッ!という音。
ルアー直下の水面がアリ地獄のように漏斗状にへこみルアーが吸い込まれる。
糸のテンションが一瞬緩み、
パーン!
という乾いた音とともに魚体が飛び跳ねる。
これが一瞬の間に起きるのね。
心臓がバックバク。
さっきとは違う興奮だわ。
やっぱりトップで出ると面白い。
ジャンプ3回、何度かドラグを引き出されながらもランディング。
この文章書いていてまた心臓が高鳴ってきた。病み付き。

ちょうど閂にかかっていますね。
あれだけ吸い込まれたのに飲み込まれていないのですよね。
バラマンディ 55cm 7時24分。

これで少し気が抜ける。
その後もポッパー、ミノー、トゥイッチベイトなど投げ続けるが来ず。
池の入り口ふきんの足元でエビを模したソフトルアーに20cmくらいのバラマンディが一度アタックして来たのみ。
9時半まで投げ続けたものの、その後が続かず納竿。

さて、今日のコンディション確認
solunar period with influence from 4:41 h to 6:41 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up). This period of high activity coincides with sunrise; therefore the sun will exercise more influence, resulting in an excellent time for fishing
solunar period from 10:57 h to 11:57 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period with influence from 17:04 h to 19:04 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down). This period of high activity coincides with sunset; therefore the sun will exercise more influence, resulting in an excellent time for fishing
solunar period from 23:11 h to 0:11 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)

6時41分までが月の南中で日の出と重なるので活性が非常に高かったようです。
30分ほど遅れていますが、ソルーナー理論でほぼほぼ釣れた理由と釣れなくなった理由が説明できますね。

今日は、土曜日で早い船に乗れることを考慮に入れて早めに釣り場到着で時合いを釣るという作戦が効を奏したようです。

あーそうそう。少しですが針が伸ばされています。
 バラマンディも50cm超えるとフック交換が必須でしょうか。

#########今日のタックル#########
ロッド; PIONEER EXPERT TOURNAMENT GRPHITE 6Ft
リール; PENN CONFLICT 2000  日本で買うと高いですがそれにしてもフルメタルボディの耐久性、ドラグ性能、価格、自分で手入れが出来ることなど考えると充分なスペックですね。今回の2匹も急な走りに対してはドラグ性能が遺憾なく発揮されて安心でした。
ライン; ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム ピンク 4本よりですがライントラブルも少なく使いやすいです。
リーダー; ナイロン 3号。
###############################



2014年11月30日日曜日

カンヨー河原でエサ釣り & キャスティング練習 11月30日

来年のテト休みにGT釣りに行く予定。
妻も同行する予定。
しかし、初めての大きさのタックルで、扱いの練習が必要。
そんなわけで本日は妻と二人でキャスティング練習を兼ねて河原へ行って来ました。

5時半に7区のスカイガーデンを出発しTAN MY市場でエビを仕入れる。
少しでよかったのに店の娘がどんどんとザルに入れストップをかけたときにはかなりの量に。
3万ドン。多すぎ。といっても活きたものだけ選別して買っているのでまぁ仕方なし。

ファミマ>フェリーといういつもの道のり。
河原へ付くと河口いっぱいのところに2人のベトナム人釣り人がブッコミ釣り。

こちらは真ん中の階段付近で竿を準備。
妻の竿を準備してえさをつけて渡す。
自分の竿を準備しようとしていると、浮きが消しこむ。
おぉ!一投目からアタリ。
エサだけとられる。
エサを付け直して同じところに投入。
しばらく待つと浮きが横に引っ張られるように水面から消える。
妻の手をとり浮きが引っ張られた方向とは逆に竿を煽ると手ごたえあり。
フッキング。
なかなかの引き応え。
寄せてくるとチヌ。
この場所で釣れるチヌにしてはなかなかのサイズです。
チヌ 約25cm 7時40分。


その後、アタリが続くのかと思いきや、続かず。
私にいたってはアタリすらない。
一箇所で粘っていてもダメなので少しずつ移動をしていく。
階段と階段の間の辺でエサを流していると浮きが少し迷ったような動きをした後消し込む。
うーん、磯竿での魚のやり取りはおもしろいですな。
こちらもなかなか引きます。いい感じ。
水面に魚体が見えると??バラマンディ?
一瞬の後もぐってしまう。
しばしのやり取りの後魚を浮かせるとやはりバラマンディでした。
川バラ 流れの中で生きているからかため池より同サイズでは良く引くような印象。
バラマンディ 約27cm、8時27分。
背中の部分が紫色がかっていて美しいですねぇ。

###今日のタックル###
磯竿;4.5-5.2m 1.5号程度
リール;スピニングリール

道糸;ナイロン2号(VARIVASです)
ハリス;フロロ2号
ハリ;管付きチヌ3号
##################

ちなみに今日のコンディションは
solunar period from 0:01 h to 1:01 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period from 6:17 h to 8:17 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down)
solunar period from 12:33 h to 13:33 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 18:44 h to 20:44 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)
6時17分から8時17分が月の北中でベリハイ。
ちょうどこの時間帯に釣れている事になります。ということはこのバラマンディで時合い終了か?

このバラマンディの後、妻の竿に一度アタリがあり浮きが前回と同じようにあわせを入れると竿先がグゥイッと引き込まれる。
乗ったか?と思ったが次の瞬間すっぽ抜ける。
その後はほとんどアタリなし。
そういえばサヨリも見えない?

ここでようやく、GTタックル練習。
垂らしを長めにして振り子キャスト。
うまくタイミングが合うと気持ちよく飛んで行きます。
妻も練習。つーか、自分はフルキャストするとあばら骨に響いて痛いのな。
最初はタイミングも合わなかったが次第に飛距離が出て行く。
GOSENOの剛戦を巻いていたので10mごとにラインの色が変わります。
これで最初は40m程度だったのですが、60mの色が出るまでと目標をきめて投げ続けさせました。
ビシバシ。
しかし人間の学習能力ってすごいですね。
しばらく投げると60mの色がもうすぐというところまで見え出し、続けているととうとう数度に一度は60mの色が見えるように。

暑くなってきたし魚も釣れないので早めに切り上げる。

家に帰ってからが大変。
うろこ落として内臓出して3枚に下ろして、、、。
慣れない腕でおろしたので歩留まりが悪いもののバラマンディもチヌも刺身用の短冊が取れた。
昆布じめ、アラ炊き、、、、。
HCMにいると新鮮な魚がなかなか食べられないので貴重な食材です。

ちなみに、チヌの胃袋にはエサに使っていたのと同じエビが入っていました。
おそらく1投目で取られたエサです。

2日連続釣行で連続でバラマンディゲット。
ハイシーズンといえるのでしょうか?
VADのシーズン設定を間違えてしまった感じです。


2014年11月29日土曜日

カンヨーのため池でルアー釣り 11月29日

先週土曜日、車の修理屋にいると釣り部メンバーの青物さんから電話。
爆釣自慢。
なぬぅーっ。

その後、送られてきたメールには、
「結果は大爆釣で、最大65cm、60cm x 2、55cm、50cm、40cmのバラと、35cmのマングローブジャックをゲットしました。」


65cm!すごー。
60cm x 2!? すごすぎー。
55、50、40? 何ですとぉ。
しかも通称ミサイル基地と呼んでいるため池で、大きいのがいるとは認識していなかった池である。

日曜日も用事があったしようやくいけることになったのが1週間遅れの土曜日。
先週の日曜日は別のメンバーが行って3名で3匹。
3匹目のドジョウ狙いですな。

メンバーは、先週の日曜日に来て一匹キャッチしている水面さん、CHINUさん、航海長と私の4名。
4時45分に7区のスカイガーデン出発、フェリーも待ち時間ゼロで乗ることが出来、6時過ぎに車を降りて釣り場へのジャングル道を行く。
6時半ごろから釣り開始。

爆釣ポイントから攻めていくがダメ。
場所移動する。
いつもはゆっくり目のジャーク&ポーズなのだが来ない。
前回の釣りの場合も割りと早めであった。
そういえば、昨年のあん時あん時も 高速リトリーブにジャークを入れていたんだよね。

今回も最初の一匹を釣るために選んだのはラパラのフラットラップです。
ベトナムでも買えるのと低速から高速まで乱れないアクション、バルサなのに飛距離が出るのもうれしい使いやすいルアーです。

立ち位置から扇状に投げて高速リトリーブ&ジャークで巻いていく。
8時の位置から投げ始めて9時、10時、11時、、、と投げては巻き、1時の方向で巻いているときに
ガツン!よし来た!
ドラグが出る。
おー、結構引くよ。
「来ましたよー」
と声を上げるとあっちのほうから水面さんがやってくる。
2回ほどジャンプされたものの無事ランディング。
イェイ!
バラマンディ 40cm以上 6時53分
ロッド; PIONEER(中華) Expert Tournament Power Griphite 6.0M
リール; PENN CONFLICT 2000
ライン; ラパラ ラピノヴァ X マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー; フロロ3号
ルアー; ラパラ フラットラップ8

40万ドン程度で買った中国製のルアーロッドも釣行2回目にしてようやく入魂完了。
しかし、その後続かず。

水面さんと航海長も近くに来て投げ始める。

水面さん、航海長にアタリが出るものの乗らない。

残り1時間と宣言してそれぞれ奮い立たせてもうひとがんばり。
航海長が「来た!」
竿の曲がりが少ない。
「何かかかってるんですか?」
「来てますよ。チヌかな」
こちらもフラットラップ。9時27分。
しかし、このチヌ、ルアーの2倍くらいの大きさでしょうか?
こんなのに食ってくるんですね。

10時までがんばりましたが釣れませんでした。

先週と今週、何が違ったのか?
まったく別の池といえる釣果でした。
 

2014年11月8日土曜日

100倍速!釣り部作戦会議 の予告 11月14日予定

11月14日(金曜日)に19時ごろからホーチミン市内の居酒屋で釣り部作戦会議=釣り情報交換会を行います。
参加希望の方は、コメント欄にその旨をお書きください。

2014年11月1日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り 11月1日

VADは終了してしまいましたが、魚を釣りたいのは変わらず、GUREさん、JOEさんとカンヨーのため池へルアー釣りに行ってきました。
毎度のごとくTides4Fishingで時合いを調べる。今日のコンディションは、
solunar period from 0:12 h to 1:12 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period from 6:34 h to 8:34 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down)
solunar period from 12:57 h to 13:57 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 19:03 h to 21:03 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)

6時30分から8時30分のベリハイタイム=月の北中がねらい目ですね。
車は順調に走りフェリーも普通に乗れて船着場へ到着。キャサリンさんにため池まで渡してもらう。
初めてのため池?と思っていたら、昨年来たことのあるドボン池の横の池でした。

水かさがかなり増えている。
池の持ち主にお土産を渡して釣り開始。
ロッドは、メジャークラフトのハンタウェイ862LとASARIの5ftMLの2本を持っていっていたのですが、池の大きさを見て5ftをセレクト。
リールはPENNのCONFLICT 2000
ルアーはバラマンディで実績ありの使いやすいフローティングミノー フラットラップ8です。

とりあえず一投目。
最近のいつもの調子でポーズを長めに巻いてくる。
アタリなし。
昨年のドボン池では結構早いリトリーブで食わしていたよなと思い出し、2投目は早巻きジャーク、ストップでと巻き始めた途端、ゴン
きたよー。
「来ましたよー」
と二人のやる気を削ぐ?

5ftでロッドがやわらかいので面白い。
魚体が見えてきて無事ランディング。

バラマンディ 35cmくらい?6時49分。
始めたばかりでサイズも小さく誰も来てくれません。自分撮りです。
適度にぼけてくれてモザイクいらんわ。
リリース。

いやぁ、こんなにすぐに釣れると気分良いわぁ。
3投目。何もなし。
4投目、やっぱり早めのジャーク、ストップで、ゴツン
来たよぉ。
「来ましたー」

こちらも無事ランディング。
当然あとの二人は時合いを逃すまいとがんばっているわけですな。
ルアーを外して写真もとらずにリリース。


GUREさんにもバイトがある模様。
この時合いに釣らないとね。
GURさんの「ヒット」の声。
 いい感じに竿が曲がっていますね。
藻にもぐられたりしながらも無事ランディング。
バラマンディ 約40cm。7時。
ルアーは同じくフラットラップ
「Ashさんがフラットラップで連続で釣ったのを見て同じのに替えた。」
とのことでした。
フラットラップ釣れるよね。
スローから超速までアクションが乱れないのはさすがラパラです。

こっちはミノーで2匹釣ったし趣味の釣りに走ろうとPOP-Rをセット。
ジャボッ、ジャボッ、ジャボッ、、、、
カポッ、カポッ、カポッ、チャプン、チャプン、チャプン、、、
ジュボーッ、チャポッチャポッ、
まぁいろいろと試すわけですな。
出ません。
扇状に探っていき足元の木の杭を通り過ぎるところでチャプチャプ、ジャボッ、ポーズ。
直下から銀白色の何かが飛び出しルアーに襲い掛かる。
パコーン、ジュボッという音とともにルアーが水面から消え手元には魚の手ごたえが。
きたよー。
久しぶりのトップ。
やっぱポップRだわ。

それほどでかくないもののトップで出るとうれしいものです。

またまたセルフィーで魚体がすべて入っていません。
太陽に煌く魚体が美しいですね。7時26分。

その後、アタリはでず。
GUREさんが一匹追加するものの9時を過ぎてからは何も反応が出ず。
時合いを逃すと何をやってもダメな感じでした。
11時に納竿。
JOEさんは今回もバラマンディに出会えなかった。
バイトもヒットもあるのにキャッチまではなかなかいけないようです。

VADシーズンは終わったものの、バラマンディの活性は比較的高いようで誰かしら釣れています。

トップはこれで決まり。絶対の信頼感やわ。
REBEL レーベル Magnum Pop-R マグナム ポップR P65
REBEL レーベル Magnum Pop-R マグナム ポップR P65
価格:864円(税込、送料別)