2012年7月29日日曜日

アジュール舞子でガッシャン! 7月29日

高校以来の連れとアジュール舞子へ釣りに行く。
豆アジということなので、それを餌にノマセ釣りを楽しむ作戦を立案。
ホーチミンでの釣りで大物狙いの志向が強くなったのが原因。
Tide4Fishingによると8時から10時が時合い。
6時に出発。
マックスでアミエビレンガとムシ餌、キビナゴを購入。
ローソンで食料、飲み物を大量に購入していざ釣り場へ。
7時前だというのにすでにすごい人が釣りをしている。
家族連れも多い。
夏休みやねぇ。
サビキを落とすとちっさいのがワーッと寄ってくるが掛からない。
何投目かで豆アジさんゲット。
これは持って帰れないでしょ。

でノマセですわ。
4号錘程度の天秤にハリス1.5号1m、管付きチヌバリで鼻がけにしてぶっこむ。

そしてせっせとサビキで餌を釣る。?
竿をあおっていると横に置いてあったノマセの竿がガガガガーッと倒れる。
あり?
竿をあおってみるとココココ!と引き込むような感じ。
めっちゃ重いしワカメかな?
リールを巻いていくと時折グイグイと引き込む。
魚掛かってるやん。
足元まで寄せて、友人に糸を手繰り上げてもらう。
ほれ!
 丸々と太った、これまでで最大のガッシャンです。
ノマセ釣りオモロー!
その後、小ぶりのガッシャン2匹追加。

この程度のサイズでも豆アジ丸呑みにするので面白いですね。
きびなご餌には食いつきませんでした。

その場所でそこに居る魚が今食べている魚がベストだったというセオリー通りのオチです。
しかし、暑さが半端ちゃうわ。ベトナムより暑い。
7時から12時までペットボトル6本飲みました。
倒れていないのでOKです。

釣果はオフクロに依頼。

明石大橋真下で釣り上げた身の締まった白身に煮汁をたっぷり絡めてご飯が美味い!
ひひひ。

2012年7月22日日曜日

ホーチミン周辺で釣り 7月22日

7月24日の晩から日本への帰国なので、もう一本アカメを釣っておきたいと考えカンヨーへ行ってきました。
餌は7区の市場で買うより、フェリーの向こうっ側の市場で買ったほうがサイズが小さいので7区の市場はパスして直接フェリーへ向かう。
フェリーは待ち時間も無く順調。
市場に行くとえびが
ない。
 ???
端から端まで走って道路沿いの店を見渡すが見当たらない。
あら?
目の錯覚かと思いもう一度気を取り直してみて回るが死んだエビしかない。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どうしよ。
ここであきらめるのも選択肢としてはありやな。
しかし、フェリー代4500ドン払ったし、帰りに4500ドンで9000ドンがパーになる。
(9000ドン=36円)
死んだエビでアカメが掛かったのを横で見たこともあるしなぁ。

思案した末、5000ドンだけ死にエビを買って釣り場へ向かう。

釣り場へ着くと知り合いのおっちゃんがいるが竿を出していない。
「竿出さないの?」
「釣り場の前に刺し網入れてんねん。魚が取れたら一杯出来るでぇ。」
いやいやいや、釣りしたいんですよ。魚が欲しいなら市場へ行けばいいやん。

どうせ足元で釣れるのだから刺し網関係ないわい。
竿をセッティングし仕掛け投入。
おっちゃんが見に来る。
「あれ?なんでエビ死んでるんや?」
グッサァ
痛いとこ突いてくるやん。
「網入ってるし釣れへんでぇ。」
グッサァ

ええんよ、ええんよ、今日は。
死んだ餌で釣ると決めた時点で今日は釣れたらラッキィ程度にしか考えてへんから。

サヨリが水面を泳いでいるのが唯一の良い兆候だ。
しっかし、待てど暮らせど当たりが無い。
餌さえつつかれない。
餌とりさえいないのか?

ギーコ、ギーコ、ギーコ、ギーコ
何や何や?
小船でおっちゃんが刺し網を上げ始めた。
「網あげるから竿どけてくれぇ」
はいはい。

釣りの潮時は来ないまま、納竿の潮時かいな。

結果; ボーズでした。
うーん、やばい。7月は釣れていない。