2012年8月26日日曜日

ホーチミン周辺で釣り 8月26日 3連敗

懲りずに今日も釣りです。
先週はベストコンディションといえる日に釣りに行きましたが、
まったく、
ひとっつも、
これっぽちも
アタリなし。

釣れないだろうと予測して釣れなくてもかまわない。
>ある意味ニンマリ。

アタリが出てもハリ掛かりさせられない。
>腕が悪い、仕掛けの研究

などスッキリ出来るのだが、先週のはダメです。
気持ち悪い。

今週は小潮でコンディションは非常に悪い。
Tide4Fishingでは、魚マーク無しですからね。
いいと思ったときにダメだったのだから、まったく逆のときにどうなのかを検証です。

釣りタイムは7時から9時。南中時刻攻めです。
6時過ぎに出発し、7区の市場でエビを2万ドン購入。フェリーは待ち時間なしで7時過ぎに釣り場着。
橋桁工事のバージが錨を下ろした直後、まだ位置調整なんかをしている。
いややな。

釣りを始めた直後、対岸のバージがポンプを動かし始める。
マフラーが壊れているのか、最初から付いていないのか、
パパパパパパパパパパパ
うるさー。
釣り来てまで騒音かい。
ベトナム感山盛り。

3本竿体制で挑む。

一本の竿のエビがなくなっている。
おや?いけるかな。
他の竿の浮きもヒョコヒョコ動くが浮きが沈まない。
一本の竿は親指大の小さな玉浮きなのだがそれさえ沈みこまない小さなアタリ。
なんやろ?

サヨリもいるし海水成分があるのは間違いない。

餌のチェックをすると、えびの足、髭だけ食われてる。
竿を上げるとツルツルになったエビが付いているだけ。
どれほど小さいん?
そうこうするうちに9時。
やめよかなと思ったときに一本の竿の浮きが消しこむ。
合わせるがハリ掛かりせず、餌がなくなっている。
うーん。
もう少し粘るか。
しかし、その後もエビのツルツル化が進むばかりで明快なアタリなし。
10時過ぎに暑さに負けて納竿。

対岸では懲りずに
パパパパパパパパパパパ

アカメが釣れるのは大潮という定説でダメ。
真逆の小潮でもダメ。
アカメ以外もダメ。
めちゃくちゃ小さい小魚しかいない。

なぜか?

橋桁工事が始まってから釣れていない。
バージが係留してから釣れない。

というのがとりあえずの結論。

ということは?
新たな釣り場の開拓が必要ちゅうことか?
また、バイクで走り回らないといけないのか?
まだ走っていないところあったっけ?

またゼロから。


2012年8月19日日曜日

ホーチミン周辺で釣り 8月19日 負け

今日は、カンヨーへアカメ&各種ミニサイズのタイ狙いで友人二人と釣行。
朝、8時過ぎに市場へ行き、小型サイズの活きたエビを2.4万ドンほど。量が足りないとイヤなのでもう一軒で活きたエビと死んだエビの混ざったのを2万ドン購入。
活きたエビはエビ活かしクーラーに入れ、死んだエビは家に帰って、頭をむき、空をはずし、氷水につけた後、少し塩をして冷蔵庫で保管。
10時過ぎに出発、SECCの前で友人二人をピックアップし、カンヨーへ向かう。
フェリーは待ち時間無し。
剥きエビを家に忘れたことに気づく。ま、致命傷じゃない。

11時20分に釣り場着。
二人に浮き釣り仕掛けの作り方を教えて、釣り開始。
その後、自分のを準備し、投入。

以前釣ったときと水の色が似ている。

友人に小物つり用の仕掛けを準備。
クーラーの中のエビを剥いて使う。

友人の浮きに一瞬小さな当りが出るがその後、音沙汰無し。

離れたところに置いている自分の竿を浮きがポコンと一瞬消えて浮き上がる。
走っていって竿を上げると手のひらサイズのセトダイが掛かっていた。
カメラを忘れたので友人の携帯で撮ってもらう。

釣れた魚はスカリに入れて河に漬けておく。

その後、タフなコンディション。
暑い、ただ暑い。
汗がダラダラ出てくる。
暑いのでジュースを飲むとさらにダラダラ出てくる。
待てども当たりなし。

サヨリも泳いでいるし、セトダイも釣れたので海水魚のコンディションなのになぜか釣れない。
南中時刻ごろ、友人の浮きが消しこみ、立てていた竿が倒れる。
友人が駆け寄り竿を上げるが、岩に潜られる。
竿をあおったり、じっと置いてみたりしばらく粘るが、一向に根から出てこない。

仕方なく仕掛けを切ったが、針の根元付近から切れたみたい。
ハリスには3箇所ほどガジガジになったところがあったので、魚が相当奥深くに潜ってしまったことが分かる。

2時半ごろ暑さと釣れなさに負けて納竿。
12時から14時という活性の高いはずの南中時刻だったが、
今日は完全に負け
潮はあった、南中時刻であった、海水魚もいた。エビも河の水で活き活きしていた。
しかし、食わなかった。

これまで釣れたデータの見直しが必要になる。
横で以前は無かった橋げたの工事をやっていた。
セメントを打ち込んでいた。
セメントのアクか?
いやいや、それならセトダイは掛からないし、友人の浮きの消しこみも無いはず。
どんな要素が釣れなくしたのか?
しばらく悩むことになりそう。

釣れたセトダイはスカリの中で生きていたので、放流しておいた。

釣りのアテンドとしては失格ですな。

2012年8月16日木曜日

釣行予定 カンヨー 8月19日

今月はまともに釣りをしていないです。
あかんやん>俺。
で、次の日曜日のコンディションを調べてみました。
solunar period from 0:41 h to 2:41 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down)
solunar period from 6:52 h to 7:52 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 13:04 h to 15:04 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)
solunar period from 19:16 h to 20:16 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity minor period (moonset)
(By Tide4Fishing.com
うはーっ!
活性がひじょうに高いです。

当然狙いはアカメです。

過去2回のアカメを釣ったときのデータを見ると
5月6日; 釣った時刻11:38、満潮2:40>干潮13:45で下げ潮時、月の位置は北中-1:08分
5月20日; 釣った時刻10:25、干潮8:40>満潮13:20で上げ潮時、月の位置は南中-46分
コンディションデータの南中、北中時刻より、いつも行っている釣り場は1時間ほど早いと考えると
8月19日のコンディションは
5:52から6:52が第一回釣るチャンス。
12:04から14:04が第二回釣るチャンスということになる。
当然狙うのは南中時刻の12時から14時。

課題は、朝市場で仕入れたエビを昼間で活かすことが出来るか!?ということになりそうです。

タックルと仕掛けについて
竿はミディアムからミディアムヘビーアクションの2.4から3mくらいの竿。
リールはドラグがまともに動くもので100mくらい糸が巻いてあれば、走られても大丈夫でしょう。
道糸は竿に合ったものでOK。
仕掛けは、遊動の自立浮き(錘負荷4号程度)、中通し錘2号、クッションゴム、ヨリモドシ、ハリス(テフロン5号)60cm、管付きの曳縄バリ10号程度 です。
河の流れが速いので棒浮きは適していません。
ハリスは太いようですが、アカメが掛かると口のギザギザでハリスがガジガジになるので、5号は必要です。
餌は活きたエビ。これは市場で仕入れています。

あーあ、今までいろいろ失敗して行き着いた答えをぜーんぶばらしてしまいました。

興味ある方、一緒に行きましょう。



2012年8月12日日曜日

ブンタウで釣り 8月12日

SFC(サイゴンフィッシングクラブ)の恒例のブンタウキス釣りに行ってきました。
個人的な今回の狙いは、昨年見かけたハマダツ。
毛糸のもじゃもじゃと中通し浮きを投げて水面を引いてくるとハマダツが食いつき、歯に毛糸が絡まって上がってくるというハリ無しの釣りを地元の人がしていた。
回遊してくるかどうかだが、オカッパリの回遊魚狙いはそれを受け入れなければ出来ない。

4時にレタントンに集合して出発。釣り場到着6時頃?
Tide4Fishingでは今日の時合いは7時から9時。月の南中にあたる。

6.6ftのミディアムアクションのルアーロッドに中通し浮きと専用に巻いたフライをセット。
水面にはナブラが無いのでいなさそう。
海パン一丁になり立ちこみで投げていく。

一緒に行ったメンバーは、ジェット天秤20号の投げ仕掛けにホンムシを餌にしての投げ釣り。
経験者から初心者までさまざま。

すぐに初参加のU氏が手のひらサイズのクロダイをあげる。
おお!こんなところにクロダイがいたのね。

そのあと、なかなか釣れず、だらけかけた頃、古参メンバーのO氏がキスを2匹がけで上げる。
この釣り場では珍しい20cm程度ある良型。

初参加のM氏も立ちこみで投げ釣りして同じく良型を1匹。
その後は、O氏が一匹、一匹と釣り、9時半ごろ納竿。

肝心のハマダツのほうですが、さっぱりでした。
回遊が無かったので仕方が無いです。
途中、小判アジやメッキが釣れないかとルアーに交換しましたがダメでした。

メコンデルタの海岸でオカッパリでの釣りは相当、難しいです。
4.5mくらいの30号を思いっきり投げられる投げ竿、投げ用のリール、PEの細い道糸、ハリスと直結できるフロート天秤ぐらいがあれば、より大きな魚がいる遠くへ投げることが出来、細い道糸で流れや風の影響を受けにくく、伸びが少ないので当たりを感知でき、竿が長いので砕け波での感覚低下を防げて楽しめるようになるかもしれません。
結構な投資が必要です。

釣りたいなら、今のタックルで船で沖に出るほうが費用対効果で見ると正解でしょうね。

例のごとく、昼飯はライライで、皆さんの釣った魚を天ぷらにしてもらっていただきました。
姿かたちもさることながら、味も良かったです。

8月は現在のところボウズ。挽回したい。