2014年12月28日日曜日

ドンナイ省ため池で釣り納め 12月28日

今年最後の釣り。
総勢6名でドンナイ省のため池へ行ってきました。
朝4時15分に7区出発、道路はすいすいで6時前に船着場着。
渡し舟で通称クラゲ池というため池まで渡してもらい釣り開始。
うーん。
水の透明度もあって釣れそうな雰囲気ばっちり。
ストームのトゥイッチスティックからスタート。
こない。
フラットラップにチェンジ。
食わない。
ポップR。
出ない。
ラトリンラップ。
メタルバイブ、、、、。
いろいろ試しまくるけどまーったくアタリなし。
水面さんのバングオースピナーに2回バイトがあったのみ。
10時ごろ終了。

そのご、近くの釣りの出来るロッジへ。
GUREさん、青物さん、KAZU松本さん、水面さんが小型ながらもバラマンディを釣り上げる。

いやぁ、釣れませんでした。
アタリもなんか怪しい感じのがちょこっとあっただけ。
釣り堀で釣れないときのこのむなしさ。

釣り納めは坊主でした。

2014年12月21日日曜日

カンヨーため池でルアー釣り 12月21日

先週はデカイの釣れましたし、最近は調子がいい。
このペースで今週も行ってみよー!

本日は、GUREさん、青物さん、CHINUさん、瀧本さん、CHINUさんのご友人のYさん、そして私の6名。
一箇所で集まるには人数が多いので2箇所に分かれることに。
GUREさん、青物さん、CHINUさんの3名が通称ミサイル基地へ。
そしてCHINUさん、 Yさん、私は通称ダニ池へ向かう。

水は透明感があっていい感じ。
誰もいない池にわれわれ3名のみ。
釣れそうな雰囲気っていつも朝一はそう思うんですがね。

フラットラップ8のファイアタイガーをセット。
ジャーク、ストップ、ジャーク、ストップを繰り返すと???
アタリがあったのだが乗らない。
何度か通すうちにブルっと手ごたえ、しかしその後が続かない。
ヒクヒクと竿先が震えるので上げてみると
 コトヒキ。 7時11分。

ルアーとほぼ同じ大きさに食ってくるとは活性の高い証拠?

入り口ふきんのワンドで投げていたCHINUさんはアタリがあったけどその瞬間にPEが切られたそう。またPE切れ?とは思うものの、重みを感じるまもなく切れていたというのでおそらくバラクーダでしょう。

私のほうはルアーのカラーチェンジで銀青へ。
チョイチョイやっているとまたしてもアタリ。
しかし同じような引き。
またもやコトヒキ。7時21分。
エサと思って食いついたのか、友達とじゃれあう気持ちで食いついたのか?どうなんでしょ。

そうこうしていると何やら大きな話し声が、、、
ベトナム人の釣り人集団が到着。
この池に来るのは初めてらしく池が小さいとか狭いとか大声でそれぞれが口にしている。
う、うるさい。
他の池に行こうとか言うものもいてなかなか意見がまとまらない様子。そうかと思うと竿を出して準備しているものもいる。
カオス。
まさにベトナミック。
と笑っていられないのが今日。
だって少しでも気を抜こうものなら平気で釣り座を平気で奪われてしまいます。

少し離れたところのワンドでがんばっていたCHINUさんも、横からドボーンてでかい錘と浮きを放り込まれ難民化。

今日の時合いは11時から13時。それまではがんばらなければならない。
しかし、うるさいなぁ、もぉ。
都会の喧騒はなれてここまで来たのに、なぜにこれほどうるさいかなぁ。

あっちのほうでバラマンディがジャンプ。どぉ!
さっきの一団のベトナム人がヒットさせたみたい。
45cmくらいか。

それからもいくつかルアーを替えて、コトヒキ2匹とダツ1匹追加。
CHINUさんは途中から飛んでいったり引っ掛けたりしたルアーを回収に船出。
初参加のYさんは初めてのタックルで苦戦しながらも投げ続けている。
12時ごろまで粘ったものの、水面はシーンとしたまま。
納竿とした。

一方、通称ミサイル基地へ釣行した3名ですが、30cmクラス1本、50cmクラス2本と一人一尾づつ釣り上げていました。同じ日の同じ時間帯で池の違いで釣果に差が出るものですね。



2014年12月13日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り 12月13日

師走らしくなんやかやと忙しい。
先週は疲れが溜まりまくって家で休養。
釣り部のメンバーは明日日曜日の釣行。
明日の日曜日も仕事?なんですな。
今日しか行く日がないわなってんで、妻の許可ももらえたので4時半出発。
久々の一人釣行。バイクで出動。
ギャップを乗り越えるたびに痛かったアバラも回復。わはは。
フェリー乗り場に5時過ぎに到着。
土曜日は夜通し運行しているので割りと早い時刻に対岸にわたれるのがメリット。
HQBC(Hoi Quan Ban Cau)のシャツを着た明らかにルアーマンと思われる兄ちゃんが数台前のバイクにいる。降りてから後ろを走っているとLy Nhon方面へ折れていった。
私はバイクを停められる場所があること、アクセスが比較的楽、最近調子がいいという理由からミサイル基地と決めているのでそのまま走り続ける。
茶店に着きバイクを停めておくお願いをして池へ向かう。
まだ薄暗いジャングルを一人で歩くことが出来るのはこれまで何度も友人と来たからに他ならない。初で一人だったら引くよね。

今日も水位はたっぷり。
誰もいない。
管理人小屋へ行きお土産を渡して釣り開始。
フラットラップ10cmのホットタイガーでスタート。
スロー目のリトリーブから始めて扇状に探りながらスピードを徐々に上げていく。
わりと早めのワンピッチジャークで巻いていると吸い込むような感触が2度。
そのうち一度は乗ったと思ったのだが、、、。
その辺りにいるはずと何度も投げ続けるが反応なし。
カラー変更。
1軍メンバーのフラットラップ8 銀青に変更。
さっきアタリがあった辺りから徐々に範囲を広げて攻めていく。
クィッシャカ、クィッシャカ、クィッシャカとリズム良くショートジャークで高速リトリーブをしていくと
ガツーン!
どは!来たー。
ジャンプ一回。
走るよ。結構走るよ。ジャンプを繰り返すというより横に下に走っていく。
魚の走る方向とは逆に竿を倒してプレッシャーを掛けていく。
ぐいぐい下に向けて走っていく、ようやく近くまでよってきたかと思うとジャンプして走り出しドラグから糸が出て行く。
どわー。
おもろいわ。
かなり体高もあり重量級のボディが見える。
50cmクラス。
なんとかかんとか寄せてきてランディング。
なんか広角の手持ちで撮っているので変な形ですね。
ほら!丸々太った美しい魚体です。
バラマンディ 52cm 6時42分。

ルアーはフロントフックの一本が折れていました。
しかし、フラットラップは魚を連れてきてくれます。このオトボケお目メがええんかな。

ルアーをハリの折れていないフラットラップに交換。色はファイアータイガー
こういう自然になさそうな色のルアーで釣ってみたいですよね。

小屋の向こうの水門を渡ったところへ移動。
対岸向けて立ち9時方向から13時方向まで順に投げていく。
さっきのヒットしたハイテンポのショートジャークで探っていく。
11時方向で対岸から1mくらいのところに着水、3回くらいジャークを入れたところでルアーの通過点でガポン!
どわ!
ミノーやのにトップで食ってきた。
活性高いやん。
早すぎたのか?早すぎて食えなかったのか?と考えて、松本プロ風にネチネチとポーズを入れてみたりするが出ない。

トップでアタックあったしポッパーに変更かな。
もちろんPOP-R P65ですよね。
さっきアタックのあった11時方向へキャスト。激しいジャークで水を前方に勢い良く弾き飛ばしてみる。これまでにも何度か反応でたんですけどね。今日はダメ。
着水してじわじわいらいらアクション。これも出ない。
ジャボッジャボッ、チャプッチャプッ、ボルンボルン、いろんなアクションを試すか出ないやん。
ん?
ン?
ミノーはスローでは出ずにハイピッチで出たんよね。
トップでアタックがあったのも同じようにハイピッチの時。
ということは、
ポッパーも連続チャプチャプドッグアクションのチャギングが有効かも!?
と思いつき、チャプチャプチャプチャプチャプチャプチャプ。
ロッドティップのアクションとリーリングのタイミング・巻き取り量がうまく合うと気持ちよく動いてくれます。というか、ポップRは本当に思ったとおりのアクションをしてくれるのよね。
水はじこうと思えばはじいてくれるし、似て異なるものではルアー自体が飛んできたりしてね。
などと考えていると
カッ!という音。
ルアー直下の水面がアリ地獄のように漏斗状にへこみルアーが吸い込まれる。
糸のテンションが一瞬緩み、
パーン!
という乾いた音とともに魚体が飛び跳ねる。
これが一瞬の間に起きるのね。
心臓がバックバク。
さっきとは違う興奮だわ。
やっぱりトップで出ると面白い。
ジャンプ3回、何度かドラグを引き出されながらもランディング。
この文章書いていてまた心臓が高鳴ってきた。病み付き。

ちょうど閂にかかっていますね。
あれだけ吸い込まれたのに飲み込まれていないのですよね。
バラマンディ 55cm 7時24分。

これで少し気が抜ける。
その後もポッパー、ミノー、トゥイッチベイトなど投げ続けるが来ず。
池の入り口ふきんの足元でエビを模したソフトルアーに20cmくらいのバラマンディが一度アタックして来たのみ。
9時半まで投げ続けたものの、その後が続かず納竿。

さて、今日のコンディション確認
solunar period with influence from 4:41 h to 6:41 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up). This period of high activity coincides with sunrise; therefore the sun will exercise more influence, resulting in an excellent time for fishing
solunar period from 10:57 h to 11:57 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period with influence from 17:04 h to 19:04 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down). This period of high activity coincides with sunset; therefore the sun will exercise more influence, resulting in an excellent time for fishing
solunar period from 23:11 h to 0:11 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)

6時41分までが月の南中で日の出と重なるので活性が非常に高かったようです。
30分ほど遅れていますが、ソルーナー理論でほぼほぼ釣れた理由と釣れなくなった理由が説明できますね。

今日は、土曜日で早い船に乗れることを考慮に入れて早めに釣り場到着で時合いを釣るという作戦が効を奏したようです。

あーそうそう。少しですが針が伸ばされています。
 バラマンディも50cm超えるとフック交換が必須でしょうか。

#########今日のタックル#########
ロッド; PIONEER EXPERT TOURNAMENT GRPHITE 6Ft
リール; PENN CONFLICT 2000  日本で買うと高いですがそれにしてもフルメタルボディの耐久性、ドラグ性能、価格、自分で手入れが出来ることなど考えると充分なスペックですね。今回の2匹も急な走りに対してはドラグ性能が遺憾なく発揮されて安心でした。
ライン; ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム ピンク 4本よりですがライントラブルも少なく使いやすいです。
リーダー; ナイロン 3号。
###############################