2017年6月24日土曜日

ミドリフグを探す 6月24日

ブログを読んでくださったA木さんからベトナムでミドリフグを採取したいので案内できる現地の人を紹介してほしいというメールを5月初旬に頂きました。

最近、鉄腕DASH!で写真が使われたということもありましたが、今回はミドリフグ採取。
メールでやり取りしていると、商売とかじゃなく純粋に「ミドリフグが好き♡」な感じだったので、私が案内をすることにしました。
だって、ミドリフグ採取の案内できる現地人なんて知りませんからね。

で、VAD事務局の航海長と二人で行ってきました。

バインミー買って、市場で活きエビを少し買って、水分補給のポカリも買って一路採取地域へ向かいます。
途中フェリーにも乗り順調、順調。

世界各地を飛び回ってフグ集めているようで、同じミドリフグでもマレー半島挟んで遺伝子系統が違うとか、話はパンゲア大陸まで遡り楽しく会話しているうちに採取広報地近くのマングローブ林へ。

まず、手前からということでキャサリン渡しの赤白欄干橋を目指します。
なじみのお茶屋に車を止めて一通り見知った顔に挨拶して池のほうへ行きました。

すると、
誰かが採取したミドリフグを集めて生け簀に入れていました。
メチャクチャおるやん。

A木さんはテンション高まり、持ち主見つけて「採取地、採取方法聞きたい!」と。
天然でもいないかと周辺を歩いてみましたがミドリフグの魚影は見当たらない。

キャサリンの家へ行き、ミドリフグを探しているんだけどあそこの池で飼育しているミドリフグは誰のだか知っている?と質問すると、
「あれ、私のや、欲しいんか?」
「2匹くらいほしい」
「えーよ、あげるよ」
とトントンと話が進む。
A木さんは、採取地のデータがいるというので水温計測、比重計測、保管容器などを取りに車に戻る。
あれ?なんかミッション完了の予感。

せっかくなのでキャサリンに船でマングローブ30分ツーリングをお願いすると快く受けてくれる。

フグの捕獲の前に3人でマングローブクルージング。
ロングテールの芝刈り機エンジンでゴミ一つない緑の葉に囲まれたマングローブ林の中を走ってもらう。
11時半。おなかもちょっとすいていたのでバインミーを食べながらのクルージングは気持ちのいい時間でした。

陸に戻り、フグ採取といっても生け簀からもらうだけですが。
その間に私と航海長は釣りをすることに。
バラマンディが現在いるかどうかもわからない池なんですが、とりあえず投げる。
トップでは反応なく、フラットラップに変えると根掛かり。おい。
あまりに暑かったのと目に見えるところに引っかかっていたので、服脱いで水に入り取りに行く。泥に膝くらいまで埋まり込む。
無事回収。

あかん。ルアーあかん。
航海長もアタリなし。

で、釣りしているときに藻の間にミドリフグがうろうろしているのが見えたので、延べ竿でムキエビをエサに投入。
何度目かでフグがエサを見つけてくれる。
ガジガジガジガジ
ガジガジガジガジ
目で見えているのですが、旨い事針を避けて食っています。
エサが小さくなってきて針に近づいたところでアワセを入れると、フッキング成功。

A木さんはミドリフグ ラブ♡なので、釣りをしている私はフグをいじめている悪人?
「早く逃がしてあげてー」って。あれ?
ハリが掛かっていると言っても口が堅いので刺さっておらず、引っかかっているだけ。逃がしてあげました。

今度は棚を深めにすると別な感じのアタリ。
結構引くなと思っていたら20㎝ぐらいおバラマンディ。
赤い目が見えたところでばれちゃいました。
ま、ハリが極小なので仕方がない。
この後、2本連続でハリスを切られる。
フグですな。

ハリをデカいものに変えて小さいものが釣れないようにしてチャレンジ。
バラマンディ釣りたいな。
浮きがシュッと消し込む。
合わせるとフッキング。手ごたえもそこそこ。高まる期待。
それも一瞬でついえました。
でかめのミドリフグでした。Orz

これにて納竿。

A木さんのミッションも完了です。

今回は、釣りとはまた違うミッションでしたが、天然で捕獲するのに慣れている装備の充実、話をしていると分かるフグ愛、周辺知識などマニアックで面白かったです。

ミドリフグくん、元気でね。

2017年6月18日日曜日

カンヨー河原で浮き釣り 6月18日

先週、電話で連絡いただき、水曜日の定例会で初めてお会いしたムーンさんとカンヨー河原へ行ってきました。ムーンさんはベトナム初釣行で道具は昨日トゥンハンサンへ行きこれまでの経験と勘で一式揃えての参加。やる気十分です。
7区で合流しタンミー市場でエサのエビを一緒に買って一路釣り場を目指します。
多少の待ち時間の後、フェリーに乗り込み釣り場到着までおしゃべり。
関西人同士なので気楽に話せてありがたい。

ホームグランドの河原へ到着。泥濁りキツイ。
仕掛けつくってお互いに投入。

アタリが出る場所と棚を探して移動したり、浮き下を変えたり試行錯誤。
ムーンさんのベトナム天然釣り場デビュー戦。

最初の一匹は私のポロタン。7時14分。
朝から何か忘れたと思っていたらエントリー忘れていました。
ムーンさんも同様。
今日は何が釣れても登録不可。

その後、ムーンさんにもアタリが出る。
何度目かのアタリで無事フッキング。同じくポロタンでした。7時59分。
昨日、身振り手振りで買い求めたという竿とリールが役に立ちました。

ちょっと肩の荷がおります。

私はさらにポロタン追加。

ただポロタン以外に別の魚がいるんですよね。ポロタンはエビ丸飲みなんですが、シッポだけ、胴までかじられていることが二人ともあります。おそらくチヌです。

で本日の時合いもそろそろ終わるか?というときにムーンさんにヒット。
リール巻きすぎっしょ!
でロッドパワーにものを言わせてゴボウ抜きにて無事キャッチ。
良型のチヌ。
お見事!
しっかーし、
チヌ26㎝、8時45分。
エントリーしていなかったため登録不可。

私の先々週のチヌ25㎝が今のところトップなので、ムーンさんのこの魚は間違いなくトップが取れたのですが、、、これがVADです。

というわけで私含めて、みなさま釣行エントリーはお忘れなく。

写真とか撮っていると私の浮きが沈んでいる。
うぉ!走って行ってアワせる。
しかしながら手ごたえなし。
まだエビをガジガジやっていたようで胴の部分がペチャンコになったエビがついている。

時合ですね。

気合い入れてエサつけかえて再投入。
二人ともアタリが出るが乗らない。

おっさん二人で汗ダラダラ流しながら浮きを見つめる。
10時22分に私がポロタン追加。
うー。
11時前に手長エビっぽいアタリで根に潜り込まれてハリス切れ。
これを機に納竿。

暑いわ。

2017年6月15日木曜日

VAD2017 5月の釣果登録

つづいて5月分の釣果登録の紹介です。
またまたこの人から。
ヒノキさんです。

 釣行日:5月13日
釣果①
魚種:バラマンディ
体長:31㎝
時刻:15:00
場所:無人池
えさ・ルアー:シャッドラップ5㎝
タックル:ストームロッド・シマノリール
一言:足元でちょんちょん

 
釣果②
魚種:マングローブジャック
体長:20㎝
時刻:11:00
場所:無人池
えさ・ルアー:エコギアの小さいシャッド
タックル:ストームロッド・シマノリール
一言:足元ですね。

マングローブジャック初ですね。
あれ?チヌ・フエダイの部の初釣果登録ですか?
着実にポイント重ねていきますね。

続いて、私の河原での釣果。

釣行日:2017年5月21日
釣果1
魚種:チヌ
体長:18.6㎝
時刻:7時35分
場所:カンヨー河原
えさ・ルアー:活きエビ
タックル:ロッド/シマノボーダレスBB 495、リール/シマノ シエナ2500FD、ライン/バリバス チヌ2号、ハリス/トヨフロン 5号、ハリ/管付きチヌ4号
一言:久しぶりの浮き釣りでの釣果、浮きが消し込んでからのドキドキ感は楽しいです。



釣果2
魚種:チヌ
体長:22.2㎝
時刻:7時41分
場所:カンヨー河原
えさ・ルアー:活きエビ
タックル:ロッド/シマノボーダレスBB 495、リール/シマノ シエナ2500FD、ライン/バリバス チヌ2号、ハリス/トヨフロン 5号、ハリ/管付きチヌ4号
一言:アタリがあってから送り込み、アワセの駆け引きが楽しい。

カンヨー地区でチヌも20㎝超えるとそこそこでかい部類です。
ヒノキさんのマングローブジャック20㎝を抜いてチヌ部門暫定1位確保。ふふふ。


釣果3
魚種:フォーバンデッドタイガーフィッシュ
体長:16.4㎝
時刻:8時16分
場所:カンヨー河原
えさ・ルアー:活きエビ
タックル:ロッド/シマノボーダレスBB 495、リール/シマノ シエナ2500FD、ライン/バリバス チヌ2号、ハリス/トヨフロン 5号、ハリ/管付きチヌ4号
一言:このサイズでエビ丸のみです。

浮き釣りも面白いです。

つづいて、4月に新しく仲間になったKJさんが3回目?で早くもバラマンディをゲットです。

釣行日:2017/5/28
魚種:バラマンディ
体長:45㎝
時刻:12:00頃
場所:無人池
えさ・ルアー:OSP RUDRA 130
タックル:ロッド:Major Craft CORZZA 6.6F MH
リール:Metanium MG
ライン:バリバスPE 3号
リーダー:SUFIX 30Lbベイトタックル PE3号
一言:初バラ、嬉しいです。

おめでとうございます。あーでもこれからどんどん深みにはまっていきますね。
バラマンディ暫定1位です。良い展開ですねぇ。

あー、先月に比べると完全に見劣りしますね。

で、オマケです。
VAD創設メンバーのGUREさんがスリランカから釣果登録です。
ま、エントリーしてないしベトナム国外なんで競技には参加できないんですが、参考記録ということで掲載します。


 釣行日: 2017年4月9日(1日目)
釣果①
魚種:バラマンディ
体長:72.0cm
時刻:11:06
場所:スリランカ ボルゴダレイク
えさ・ルアー:Rapala フラットラップ10
タックル:ロッド:FCmonsterSWC60、リール:DAIWA ジリオンTW1516XXHL、ライン:バリバス アバニPE4号、リーダー:DUEL HDカーボン12号
 一言:釣行初日に最初に釣ったこの魚が4日間釣行の最大でした。フラットラップ少し割れました。

ここでもフラットラップ。強いですね。割れたのは勲章ですよね。いいなぁ。



釣行日: 2017年4月11日(3日目)
釣果②
魚種:ナイフフィッシュ
体長:69.0cm
時刻:7:50
場所:スリランカ ボルゴダレイク
えさ・ルアー:ソフトバイブ50mm
タックル:ロッド:FCmonsterSW60、リール:シマノTWINPOWER3000HG、ライン:バリバス アバニキャスティングPE3号、リーダー:フロロ60LB
 一言:すごい数の呼吸が見えるのに中々食わない。やっと掛けたものの全然引かない。何この魚?

ヒラメかと思ったらナイフフィッシュですか。呼吸ってライギョみたいに上がってくるんですか?!引かないのは面白くなさそう。デカいのに。



釣行日: 2017年4月11日(3日目)
釣果①
魚種:バラマンディ
体長:66.0cm
時刻:16:30
場所:スリランカ ボルゴダレイク
えさ・ルアー:Rapala MAX RAP13
タックル:ロッド:FCmonsterSWS60、シマノTWINPOWER3000HG、ライン:バリバス アバニキャスティングPE3号、リーダー:フロロ60LB
 一言:リリーパット際でいきなりガツン。

ゴールデンバラマンディと言われる金色の魚体が美しいですね。
リリーパット際かぁ、ベトナムでは味わえないシチュエーションで面白そうです。
トップで出したい。


釣行日: 2017年4月12日(4日目)
釣果②
魚種:バラマンディ
体長:69.0cm
時刻:15:40
場所:スリランカ ボルゴダレイク
えさ・ルアー:Rapala フラットラップ10
タックル:ロッド:FCmonsterSWC60、リール:DAIWA ジリオンTW1516XXHL、ライン:バリバス アバニPE4号、リーダー:DUEL HDカーボン12号
 一言:喰う所が見えて、小さいと思ってら結構でかかった。

バイトの瞬間見えるのは興奮しますねぇ。

どれもデカいです。

参考記録とはいえ、貴重な情報提供ありがとうございます。

VAD2017 4月の釣果登録

遅くなりましたが、4月の釣果登録をまとめておきます。

まず開幕初日の4月1日、今年の初釣果登録は?

おなじみ、ヒノキさんのバラマンディ。

魚種:バラマンディ
体長:330mm
時刻:17時
場所:無人
えさ・ルアー:フラットラップ瀧本スペシャル
タックル:ベイト
一言:足元で8の字アクション。粘り勝ち!

全員引き揚げた後でのまさに粘り勝ちで獲った一尾です。
バラマンディの部、初釣果登録賞を2年連続ゲットです。

続いて、4月6日。ブンタウで船チャーターしてみましたが船長居眠り&うねりが強くて風裏で小物釣りというベトナミックな展開。
魚種:ニベ
体長:23㎝
時刻:9時50分
場所:ブンタウ沖
えさ・ルアー:活きエビ
タックル:ロッド/メジャークラフト SPJ-S60LJ、リール/ペンコンフリクト2000、ライン/バリバスアバニシーバスプレミアム0.8号、リーダー/サフィックスナイロン30LB、鉛、セイゴ針
一言:とりあえず今シーズン最初の一匹


ニベ釣れたのでその他の魚種部での初釣果登録はもらえるかもと期待したのですが、、、。

毒ナマズ釣って余裕コイテいるヒノキさんに
持っていかれちゃいました。
魚種:海ナマズ
体長:48cm
時刻:11時56分
場所:ブンタウ
えさ・ルアー:エビ
タックル:ライトジギングに天秤仕掛け
一言:美味しかったし、痛かった。50cm超えてたらしいけど…写真きれてるし…

はい、写真切れていますね。残念。
とは言え、同日で最大長なのでその他の魚種部で初釣果登録賞ゲットです。

体張っただけの価値はないと思いますが、、、。

次の釣果登録は、コンダオから。

 釣行日:2017年4月22日
釣果①
魚種:スジアラ
体長:52㎝
時刻:9時29分
場所:コンダオ島沖
えさ・ルアー:ストーム サンダージグ コットンキャンディー
タックル:ロッド/メジャクラ SPJ-S60LJ、リール/PENN コンフリクト2000、ライン:ダイワ メガセンサー8本撚り1号、リーダー/サフィックスナイロン40LB
一言:このタックルで釣るにはちょうどいいサイズでした。自己ベスト更新のハタでうれしい!

はい、ハタの部 初釣果登録です。うっしゃ!

釣行日:2017年4月22日
魚種:ホシカイワリ
体長:79㎝
時刻:10時35分
場所:コンダオ沖
えさ・ルアー:ヒラメタル 100g パープル
タックル:ロッド/ゴールデンミーン アースシェイカーASS58-II-8-10、リール/PENN スピンフィッシャー5500、ライン/剛戦3号、リーダー/サフィックス40LB
一言:底から10シャクリくらいでガツンと来ました。青物特有の引き込みでナイスファイトでした。

これも良いファイトで楽しかったわ。ヒラアジの部も初釣果登録いただきました。

次はライトさんからの釣果報告。

釣行日:2017年4月22日
魚種:バラクーダ
体長:81cm
時刻:10:45AM
場所:コンダオ沖
えさ・ルアー:NNジグ90g ピンク
タックル:
ロッド:ヤマガ Galahad 59/4 TRAVEX
リール:ダイワ トーナメント4500ZIT
ライン:ゼナックPE3号
リーダー:VARIVAS ナイロンショックリーダー50LB
一言:バラクーダ旨いです。

またまた私。

釣行日:2017年4月22日
魚種:イケカツオ
体長:60㎝
時刻:11時18分
場所:コンダオ沖
えさ・ルアー:ヒラメタル 100g パープル
タックル:ロッド/ゴールデンミーン アースシェイカーASS58-II-8-10、リール/PENN スピンフィッシャー5500、ライン/剛戦3号、リーダー/サフィックス40LB
一言:底から5シャクリくらいで食ってきました。途中から自分で海面まで上がってきたのでホシカイワリと比べると楽に上がりました。

で、漁師の異名をとるアルミ親父さん。
口の柔らかいヨロイアジ対策でドラグゆるゆるセッティングで我慢しながら獲った一本。

日付:2017年4月23日
魚種:GT
体長:58.6㎝
時刻:9時4分
場所:コンダオ沖
えさ・ルアー:
タックル:ロッド/教えてください。リール/教えてください。、ライン/PE1.5号、リーダー/
一言:

はい、写真は撮れているのであとは上の空白を埋めてメールで釣果登録してください。
おねがいしますね。

これにて4月の釣果登録は終了です。

バラマンディ1尾ですよ。
毎年ですが、この時期渋いですね。

2017年6月4日日曜日

カンヨー河原で釣り 6月4日

ため池はメンバーの釣行が集中しすぎている。
釣れる確率もかなり少なくなってきておりタフすぎる。
で、カンヨー河原へ行くことに。

5時半に7区のタンミー市場で活きエビを3万ドン買って出発。フェリーは待ち時間なしで乗り込め6時半ごろには釣り場到着。

磯竿にリールをセットして仕掛け作ってエビを差して放り込む。
置き竿にして2本目の準備していると早くも魚信あり、
竿に駆け寄り合わせると魚の手ごたえ、ひひひ。
特にやり取りすることもなく手元に寄せてキャッチ。
マングローブジャック。約20㎝。6時49分。

日の出直後で活性高いのかな?
良い兆候です。


2本目の竿を違う場所で出してアタリの出を見る。
今日は明らかに沖目の階段付近がアタリが出るので、2本ともそちらへ移動。
一本は竿が短いので手前の浅い層、もう一本は深い層に棚をセットして待つ。
水は濁ったり澄んだりを繰り返す。

さらにもう一本の竿を準備していると深い層に合わせていた竿の浮きが消し込む。
竿のところへたどり着くとすでに糸が引っ張られて竿が横向きにしなっている。
魚の走る方向と逆へ少し手返ししてみると確実な魚の手ごたえ。
なかなかいい引きです。
小型のバラを期待したのですが、チヌでした。
この場所では良型です。
 チヌ。
釣行日:2017年6月4日
魚種:チヌ
体長:25㎝
時刻:8時5分
場所:カンヨー河原
えさ・ルアー:活きエビ
タックル:ロッド/シマノ ボーダレスBB495、リール/シマノ シエナ2500FD、ライン/バリバス チヌ2号、ハリス/トヨフロン5号、ハリ/管付きチヌ4号

このあと、水面ちゃん親子がやってきて親子でカニ釣りを楽しむ。

 8時から10時までが時合のはずですがアタリが遠のく。
ずいぶん経ってからようやくアタリが出る。
 ポロタン10時30分。
丸呑みしたエビはそのままにしてハリだけ外してリリース。
顔見せてくれてありがとうね。

エサがデカいので浮きが消し込んでからしっかり食うまで待たなければならない。
待ちすぎると岩の間に入られて魚が獲れない。
浮きの引っ張られ具合からどんな魚か想像し、アワセを入れるタイミングを計り、かかった時は楽しいですね。

浮きが一気に消し込むバラっぽいアタリは一度だけありましたがエサを取られただけでした。
いるんでしょうけどねぇ。
しばらく通うか。


飲み物も底をつき、11時半に納竿。

タイのアラ炊き風に甘めに仕上げて夕飯にいただきました。