2016年10月22日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り 10月23日

5時にJOEさんピックアップしてフェリー乗り場へ向かう。先週は道が冠水していてフェリー乗り場に到達できなかった人もいたそうだが、今日は問題なし。
バイクを預けて徒歩でフェリーへ乗り対岸でバスに乗る。



バスに揺られて30分、ダニ池で降りて池の主人に挨拶。
が、ため池壊したよ。水拔いたから釣りできんよ。1ヶ月後だったら大丈夫。
オヨヨ *_*!

しゃぁないなぁ。
徒歩で行ける無人池に行くことに。
完全に今日の釣りのイメージが崩れた。
どうすっかなぁ?

アスファルトの道路、ジャングルの道を歩いて池に着いて釣り開始。

ボラが水面でパチャパチャやっている。
生命反応がありある程度の活性の高さが予想される。

でもミドリフグもちらほら見えるので塩分濃度が低いのか?

沖合ではエビが何かから逃げているように水面を飛び跳ねているのが見えたりする。
ボラが時々バチャ!と大きな音を立てて逃げている。
目の前でダツが水面を飛び跳ねるのが見え、その後足もとにやってくる。
ルアーを付近に放り込み水面付近で動かすがまったく見向きもしない。
ダツが追っていたのではなく、ダツが追われていたのか?

コイツが追われていたとなると結構なデカイベイトを食っているのか。
フラットラップ10をセレクト。

追われている魚を演出すべく超早巻き&ジャークで探る。
超早巻きでも姿勢が崩れないフラットラップはホント優秀。
でも釣れない。

一通り、探り終わった。
逃げている魚を演出したがダメだったか?
となると?

で、さっきとは逆で同じ場所を探ることにする。

先ほどまで魚が追われて逃げていた場所あたりを狙ってキャスト。
リールを巻いていると、コツン。
お!来たか?
と思った瞬間にグイッと重量感のある手ごたえ。
JOEさんに「来ました!」と伝えてすぐに魚が走り始める。
ドラグが引き出され竿がしなる。
お約束のジャンプを見せてくれ魚体が見える。
でかい!
60㎝は堅い。
もっとあるかも。
沖に走られてグイグイグイと引っ張られる。
そっち行ったらやばいわ。杭に巻かれるかも。
ハンドルを回してやや強引に魚を寄せて杭を避ける。
魚が向きを変えてくれ杭をかわすことができる。
再びジャンプ。
でかい!
JOEさんが落ち着いてやり取りするようにアドバイスしてくれクールダウン。
取り込みも申し出てくれる。
ありがたい。

しかし、まだまだ油断できない。
ようやく魚体が見えてきて80㎝あるかも?
しかし、ここからまた走るんですよね。
再び竿がしなりドラグが出される。

フックを太いのに変えているし、ドラグは滑り出しも軽いし心配なくやり取りできる。
徐々に徐々に寄せてきて十分に弱らせて岸際に寄せるとJOEさんがリーダーを掴んでフィッシュグリップで確保してくれました。

やっぱりデカイ。
どりゃー!
めっさ重いし。

 カッコイイっすわ。

釣行日:2016年10月23日

魚種:バラマンディ
体長:79㎝
時刻:8時25分
場所:カンヨー地区ため池
えさ・ルアー:ラパラ フラットラップ10
タックル: ロッド;Storm MOJO 602MLS、リール;PENNコンフリクト2000、ライン;バリバス AVANIシーバスプレミアム 0.8号、リーダー;Sufix ナイロン30LB
すべてベトナムで入手可能です。

一言: ダービーが停滞しかけた時に今年も釣っちゃいました。うっしゃぁ!
JOEさんのフィッシュグリップで計測すると6㎏チョイありました。
興奮がおさまらずちょいと休憩かねて51㎝でトップだった航海長にラインおくったり。

釣り再開しようとルアーを見ると、
リアフックがこの通り。
フックを太軸に変えていたのでフックは伸びていないがルアーがこの通り、スプリットリングって意外に強いものですねぇ。
フック変えていなかったら完全にばらしていたな。
フックが二つともそれも口の外にかかっていたのも幸運だった。
アタリが2段階で来たのだが、フックが一本ずつかかった感触だったのかも?

JOEさんも記念撮影したいというのでパチリ。
もぉ、お茶目ちゃんっ。

その後は、水面の生体反応が弱まる。
ボラもいるのだが水面よりやや下であまり逃げ惑っている様子ではない。
それでも時折り沖合でバフォーんと捕食音が聞こえる。
11時ごろまで粘ってなにも反応なし。
水路打ちするものの水が全く動いておらず手の平サイズのチヌが一度食ってきたのみ。

で、釣れた要因は?

私の場合、潮汐よりもソルーナー派なのでソルーナーに照らし合わせてみてみます。

先週のソルーナーによる時間帯は



月が真上にある時で7時58分まで。
実際に釣り上げたのは
埋め込み画像 1
リリース時の写真で8時25分。
釣り上げた後にぴったりと水面の生命反応が少なくなりました。
釣り場に着いた7時ごろからずっと水面でのベイトフィッシュのザワツキを見るとおおよそ合致する。
やはり、闇雲に行くよりある程度時間を絞ったほうが集中力も持続するしいいのかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
PENN(ペン) Conflict (コンフリクト) CFT3000 スピニングリール
価格:18468円(税込、送料別) (2016/10/29時点)
現在、すべてペンのリールを使っていますが、カーボンワッシャーのHT-100ドラグは滑り出しから一定の力で出るので安心です。


それではVAD2016の参加者の皆様
80㎝アップ目指して頑張ってください。



















VAD 近況 10月22日

継続は力なり?
石の上にも三年?
ホーチミン近郊での釣行記をアップして4年がたち、河原の餌釣りから溜池でのルアー釣りオフショアへと釣りの形態も広がり、そして何より仲間が増えました。
2014年にスタートしたVADもおかげ様で3期目に入り、今年も個性的なメンバーが集まっています。
そんな中、あの釣具メーカーのシマノさんからVADへの協賛のオファーを戴きました。 東南アジア地域を管轄するシマノシンガポールの 日本人の方から連絡をいただき、ベトナムの代理店のDさんを紹介していただいて、10月22日にホーチミン市内のカフェでお会いしました。Dさんはシンガポール人なので英語でのやり取りになると思い帰国子女のJOEさんにも同行をお願い、シマノフリークのJOEさんは快諾してくれて一緒に行ってきました。
コーヒーを飲みながらVADの活動方針、ルールなどを説明しみんなが気軽に楽しめて情報共有できるプラットフォームを目指していることをお伝えしたところ、 VAD協賛に関して各部入賞者への商品提供と参加者全員への記念品提供を申し出ていただきました。 またベトナムの釣り文化、お店の情報、VADのポスターを竿菊さんで見たことなどの話をして楽しい時間を過ごせました。

>JOEさん
JOEさんがいなかったらあんなにスムーズに会話できませんでした。英語ペラペラカッコよかったです。

で?

Dさんと分かれてから、2尻のバイクで明日のダニ池釣行の約束。
ホント、そろそろ釣りたい。

ミンタンでルアーでも買い足そうかと思い立ち寄ったら、土曜日にもかかわらずシャッター閉まってる。
おい!

VAD2016 中間報告 10月22日

4月から始まったVAD2016も半分以上の期間が終了しました。
残すところ2か月強となってきました。

中間発表をまとめます。

【参加登録者数】
VAD2016参加登録者数は、23名です。そのうち9名は本年度からの参加者です。
すべてホーチミン市内です。VADはどの地域でも参加できるレギュレーションになっているのですがなかなか参加登録がありません。
ハノイ、ダナンなどの方で釣りを楽しまれている方は是非参加をご検討ください。

【エントリー数】
エントリー数の合計は103回。15名の方のエントリーがあり、8名は今年一度も釣りに行っていないという悲しい状況です。でもまぁお仕事が忙しいのでしょうねぇ。

【釣果登録】
合計48の釣果登録を頂いています。
各部門ごとの現時点での入賞記録を見ていきます。

バラマンディの部





巨大バラが多いBen Tre地区は国の定める部外者立ち入り禁止区域ということで行けなくなりました。現時点での最大サイズは51㎝。VAD2014が71.5㎝、VAD2015が76㎝でした。
今年はそれ以上のサイズとは言わないまでもせめて60㎝オーバーは出てほしいところです。

チヌの部

ヤマトナデシコ釣りクラブの釣行に参加したネジさんが27㎝のチヌを釣り上げて首位に。

ハタの部

ライトさんがAshに1㎝の差を付けて首位獲得。

サワラ・バラクーダの部



ベトナムでテト休みに釣りをした後にバンコクに転勤になって4月にソンクラーンで休みを取って結果、年2回の正月休みらしきものを取得したGUREさんがベトナム遠征に来てシーズン開始直後に抜くのが無理目のレコードを樹立。その後も遠征隊は組織されましたが歯でやられてしまいました。
歯を使わせないテクニックがあるのか?!

ヒラアジの部

ポプラさんのオニアジもわずか2㎝届かずで逆転ならず。

その他の部




ライトさんのスギ、そしてクイーンフィッシュ2匹が入賞。
ついにメーター超えが3匹も揃うようになりました。


シーズンも残りわずか2か月となりました。
季節的にベトナム東海岸側は風の影響でオフショアでの釣りが厳しくなり、行くならフーコックなどの西方面となります。
バラマンディ60㎝台ならまだまだ可能性はあるでしょう。
チヌ30㎝台もブンタウ他で十分狙えるでしょう。

皆さん、記録書き換え目指して頑張りましょう。

2016年10月21日金曜日

VAD2016 9月の釣果登録

VAD2016 9月に届いた釣果登録写真を紹介します。

まずはポプラさんの初コンダオ遠征時の釣果登録です。

一発目は、


釣行日:8月20日

魚種:クイーンフィッシュ
体長:94㎝
時刻:7時過ぎ
場所:コンダオ
えさ・ルアー:シンキングペンシル
タックル:シイラタックル+PE2号
一言:鳥山で釣り放題の焼肉屋。

さいごの一句の焼肉屋が私には意味が分かりませんが、ポプラさんの日本語はいつもこんな感じなので深く考えないでおきます。
はい、次!



釣行日:8月20日
魚種:オニアジ
体長:65㎝
時刻:14時頃
場所:コンダオ
えさ・ルアー:ヒラジグラ80cg

タックル:ライトジギングロッド150g+カルディアKIX3000
一言:テッキリミニクイーンと思ったらアジかよ!!

ちなみに魚の同定でお世話になっているWEB魚図鑑オニアジのページでは、全長30-50㎝となっておりますので、65㎝は立派。

つづいて、


釣行日:8月20日
魚種:GT(ロウニンアジ)
体長:47㎝
時刻:10時頃
場所:コンダオ
えさ・ルアー:ジグ84g
タックル:ライトジギングロッド
一言:この後、ミノーのキャストでもGTゲット。

サイズはそれほどデカくはないですがライトジギングロッドだったらかなり楽しめたのではないでしょうか?コンダオにも少ないけどGTはいます。10KGクラスいないのかなぁ?

それにしてもたった一日でこれだけの釣果というのは羨ましい限りです。
おめでとうございます。

次は2016年に入会したアルミJr.からの釣果登録です。


釣行日:2016.9.18
魚種:クイーンフィッシュ
体長:104㎝
時刻:10時ごろ
場所:コンダオ島
えさ・ルアー:ポッパー
タックル:シイラタックル
一言:楽しい釣りでした!

私も一緒に船に乗っていたのですが、Jr.も親父さんに負けず劣らず掛けます。
掛けてからが違うのかな?
それにしてもグッドサイズの1本ですね。
あと一息でその他の魚種1位というとこだったのですが、ライトさんのスギ106㎝を抜けませんでした。
それでもいまのところ2位入賞ですね。

つづいてそのライトさんからの釣果登録です。


 
釣行日:2016年9月18日
魚種:GT

体長:52CM
時刻:7:50AM
場所:CON DAO
えさ・ルアー:TD SALT PENCIL F-HD
タックル:ROD: 天龍 Spike Yeallow Tail SK812YT-L
Reel: TD 5000RIA
Line: Zenaq PE #3
Leader: Varivas 50 lb
一言:新しいルアーの試し投げしてたらヒットしました!

この日は同船していたのですが、みんなが岸打ちしているのにライトさんだけが逆方向へ投げておりそれでヒットさせたのには驚きました。
釣行日:2016年9月18日
魚種:クイーンフィッシュ
体長:102CM
時刻:11:30AM
場所:CON DAO
えさ・ルアー:TD SALT PENCIL F-HD
タックル:ROD: 天龍 Spike Yeallow Tail SK812YT-L
Reel: TD 5000RIA
Line: Zenaq PE #3
Leader: Varivas 50 lb
一言:クイーンと一カ月ぶりの再会。会えてよかった!!

実はライトさん、8月中旬、9月初旬、で今回の9月中旬と3回遠征に行っているのですが、9月初旬の遠征ではポプラさんとアルミ親父さんが釣る横でまったく釣れずにへこんでいたのですが、この日は一人で釣りまくっていました。
何本も上げたクイーンフィッシュの中で一番型が良かったのがコイツです。

最後に今年のバラマンディの釣果登録が最も多いJOEさんがさらに追加です。


釣行日:9月11日
魚種:バラマンディ
体長:42cm
時刻:09:30
場所:クラゲ池
えさ・ルアー:シュガーディープ90SP
タックル:モレーナ53+アンタレスDC+PE3号
一言:ボトムを逃げるエビをイメージしました。クラゲ初白星。

つづいて


釣行日:9月24日
魚種:バラマンディ
体長:39.5cm
時刻:09:15
場所:クラゲ池
えさ・ルアー:シャッドラップ7
タックル:モレーナ53+アンタレスDC+PE3号
一言:カケアガリのエビはやっぱりおいしいね。

前の釣果登録と同じエビをイメージした動きで釣ったとのことです。
水中の様子をイメージできていることがルアーの活き活きした動きに繋がるのでしょうか?
想像力、妄想力を働かせないとダメなんですね。
大きさはそれほどでもないですが、自分でイメージした動きをルアーに伝えて、それに魚が反応して釣れた時の達成感はたまりません。長寿にも良さそうです。
もうイッチョ行きます。


釣行日:10月16日
魚種:バラマンディ
体長:45cm
時刻:07:45
場所:ダニ池
えさ・ルアー:ジグヘッド+シャッドテールワーム 3inch
タックル:アライくんロッド+アブ2500c+PE2号
一言:激流水路は、くぼみがキメ手。ようやくサイズアップ!




以上、9月に送られてきた釣果登録の紹介でした。






2016年10月8日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り

先週のため池も、釣堀もボウズ。
日曜からは出張で忙しくなる。
古株の航海長と最近入会したYuOneさんと3名でカンヨー地区の通称ダニ池へ行ってきました。

出発時7区では大雨でこんなんで釣りになるのか?と思っていましたがフェリー乗り場に着くころには雨も小降りになり、ため池へ着いた時には止んでいました。


雨でぬかるんだジャングルの道を足元に気を付けながら、時には滑りながら進んでいきます。

釣り場に着きルアーを投入。
水路を撃って1回アタックがあるもののフッキングせず。

本池へ行き過去に出たことのあるポイントを探っていく。
奥の対岸付近でPOP-Rにバイト。
軽くロッドティップが絞り込まれたもののフッキングせず。
同じあたりに魚が移動していると予測し、少し左側に投げて、ポップRに演技をさせているとルアーのすぐ後ろで水がもわーんと 盛り上がる。
おるやん!
ふたたび、同じ所へ投げてチャプン、チャプンとやっているとまたまたバイト。ルアーが一瞬沈んで乗ったかと思ったのですが、今回もダメ。
バラじゃないかも。

楽しんでいると航海長がやってきてポッパーを投げる。
二人でポッパー投げ続けたもののそれ以降は反応がなし。

 雨も降ってきて11時ごろ納竿。
全員ボウズ。

2016年10月3日月曜日

VAD 2016 10月定例会開催のお知らせ

毎度恒例のVAD2016定例会を10月12日(水)に開催します。
VAD2016の参加メンバーだけでなく、ベトナムでの釣りに興味がある方、釣りを始めてみたい方の参加もお待ちしております。

日時: 10月12日(水曜日)19時から
場所: 居酒屋さかい
     70 Mac Dinh Chi, Dist.1, HCMC

VAD参加メンバーの方は、メーリングリストで流したリンクから参加の可否の入力をお願いします。
VADにまだ参加していない方は、右のメールフォーム(下画像参)より連絡を下さい。



よろしくお願いします。

VAD事務局