2016年7月30日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り 7月30日

火曜日くらいに航海長から「週末行きません?」って電話。
で、木曜日にメーリングリストで同行者を募ったところ、水面ちゃん1名が参加表明。
VAD事務局メンバーでの久々の釣行。
ま、一人仕事が超忙しくて不足しているわけですが、、、。

で、3週連続でダニ池に行っているので別の池に行きたいとわがままを言わせていただき、久々のキャサリンため池渡しにトライ。
電話を何度かかけたけどつながらないのでアポなし突撃。
キャサリンことMuoiネェさんは「どこで釣るの?」とそっけない。
「どこか良い池ない?」
「魚いないよ」
「キャサリンの池で釣らせてよ」
「壊しちゃった」
「見に行っていい?」
「どーぞ」
で、5分ほどぬかるんだ道を歩いてたどり着きましたが、言葉通り土手が崩壊。
これは釣りにならん。

てことで、別の池に行くことに。
バイクを安心して停められるところということで結局ダニ池。
うわーん、4週連続やん。
でも、先週釣れたから結構いいイメージ。

持ち主のおっちゃんに挨拶して手土産渡してジャングル道を歩いていく。

雨が降った後らしく泥ドロ。

水路に着きタックルの準備をして釣り開始。
雨上がりだからか蚊がすごい。虫よけスプレーを吹きまくる。

ゆっくり目のジラシトゥイッチでポーズを眺めに入れてリトリーブ。
来ない。
何度かやっても来ないので先週を思い出し、早めのジャークに切り替えるとバイト!
フッキングせず、そのまま引いてくると再びバイト。竿に重みが加わり乗ったかと思ったがフッキングせず。
そんな感じでちょくちょくアタリもありながら魚が上がることもなく本池へ到着。
先週と同じパターンを予想してポッパーを投げるがダメ。
航海長もポッパー。先週のブンタウ釣堀でトップで出たのにはまったよう。
しかし、出ず。

水面ちゃんは再び水路攻めへと旅立つ。
しばらくすると戻ってきて、釣れましたよぉ。
マングローブジャック、8時21分。

魚種:マングローブジャック
体長:22.4㎝
ルアー:FLAT FLY50タックル:JetSetter71S/13'Certate 2510PE-H/PowerProZ Orange #0.8/JaguarLine#4
一言:ワルい顔してるわー

このほかに、水路で20越えのバラマンディを釣ったらしい。
20の単位が何かは不明。Kg とかLBとかではないでしょうね。

ミノー、クランク、ジャークベイト、バイブレーション、ワームなど試すがどれもアタリなし。
スプーンで一度当たりあったのみ。
しかし、スプーン結構アタるよね。


先週のヒットルアーのトリコロールに付け替えて水路攻め。20㎝位のが一匹掛かるがオートリリース。
今日は早め?と早めのジャークをするが来ない。
今朝アタリがあったところで今度は逆にゆっくり目のトゥイッチでポーズを十分とるとバイト!
そしてフッキング。
っしゃぁ!
目測40㎝。そこそこあるやん。

ジャンプを繰り返す。
ひぇーっ。
今日は取り込みでもたつかないようにタモを持って来ているんだよね。
と片手で背中にぶら下げたネットを取ろうとするがなかなか思い通りに取れん。
とか何とかしている間にバレてしまいました。
あーあ、ネット持っていなかったら違う展開だったかもしれない。

本池へ戻る。

航海長も水面ちゃんも異常なし。

うーん、釣りたいよなぁ。

しかし、いろいろ試して策尽きた感じ。

こういう時は、フラットラップの超高速ジャークですよね。
水濁ってるし派手目のアクションで水を動かして存在をアピールせなね。
ってことで、航海長と水面ちゃんの「それは何が何でも早すぎるでしょ」という視線を感じつつ、キャストとリトリーブを繰り返していると
ガツン!という確かな手ごたえとともに竿先が引きずり込まれ、
「来ましたよ!」
と声を出した途端に外れていました。
あらら。

それからも場所を変え、船にも乗り、水路も攻めて結果が出ずにベースキャンプに戻ると水面ちゃんはすでに納竿済み。
早!
じゃ、終わりましょうか?
としまい始める。
航海長が粘って投げている。
「航海長、この辺で”来た!”とかないんですか?」
「来た!」
えぇ!まじで?
航海長のほうを見ると竿が弓なりに、その先には銀の魚体。
デカイやん。

ジャンプを何度かされながらも無事足元まで寄せてきて、タモに入れてランディング。

 デカいやん!
 

体長:51㎝
時刻:11時48分
ルアー:Rapala(ラパラ) フラットラップ 8㎝ コットンキャンディータックル:ロッド/MOJO MOS602、
リール/シマノ、AERNOSXT2500S 、ライン/PE1号、リーダー/(ナイロン6号)

あらら、先週47㎝で首位に立ったと思いきや、わずか1週間で抜かれちゃいました。
しかし、4cmオーバーというのがデリカシーがあっていいですね。
さすが事務局員、分かってらっしゃる。

結局、ダニ池に4週連続で来て釣れたのは先週だけですわ。あはは。
毎回、魚とのコンタクトはあるけど、キャッチできない。
腕ですな。

とか何とか言いながら、7月に入ってから誰かしら釣っています。
雨も降り始めて、本格的なシーズン入りといったところでしょうか?

まだまだチャンスはあります。

みなさんの釣果報告をお待ちしております。




2016年7月24日日曜日

カンヨーため池でルアー釣り 7月24日

ブログを通じて釣行同行の申し込みのあったトップ系バサーのFROGさんは今回のベトナム旅行が人生初海外旅行だとか。
黒い鳥先生は2回目の釣り目的でのベトナム。
両名ともバラマンディ未捕獲なので、何とかして釣ってほしい!
というわけで、
23日(土) ブンタウの海水釣堀
24日(日) カンヨーのため池
というスケジュールを立てました。

23日はFROGさんは1バイト、黒い鳥先生は何度かバラシという結果。

私は私で、必殺ポッパーPOP-Rで掛けるもののリーダー切られてしまいロスト。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

REBEL レーベル Pop-R ポップR P60
価格:928円(税込、送料別) (2016/7/25時点)




航海長もラパラのポッパー X-Rap POPで釣ったし、今日はトップへの反応が良いみたい。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ラパラ(Rapala) X-Rap Pop 7cm color=CLN
価格:1215円(税込、送料別) (2016/7/25時点)



しかし、POP-R無くなったのでポッパーは使えない。
で?
マイキー風をジャークベイト的に使うことにする。
何投目かでバフォ!
狙い通り!
久しぶりのバラマンディを釣り上げることが出来ました。
その後、スプーン(通称;小判)でハタを釣り上げた後にバラマンディが掛かり、これまたリーダーが切られる。30LBじゃ呑まれたら終わりですな。

ブンタウ釣堀の主のライトさんは今日も好調で6匹上げる竿頭っぷりは相変わらず。

そんな感じで23日の練習は終了。

24日はメンバーも変わってポプラさん、アルミ親父さん、黒い鳥先生、FROGさん、私の5名。
今熱いのはダニ池。
私にとっては2週連続でボウズくらっているけど、同行者が釣っているので熱いと認めざるを得ないダニ池。

5名は多いよね?ってことで、ポプラさんとアルミ親父さんはボウズ池に、黒い鳥先生とFROGさんと私の3人でダニ池へ行く。
おっちゃんに挨拶してお土産渡してマングローブの間の小道を池に向かって進む。

水路が見えてきたところでタックルをセット。
ストラクチャーを撃ちながら進んでいく。

流れが強い中、立木の陰に放り込むとルアーにバラマンディがアタックしてくるのが見える。
2回ほど魚体が翻るのが見えるがフッキングには至らず。
しばらく休ませることにして池本体へ行く。
 FROGさん、初ベトナムため池です。
黒い鳥先生は2回目のため池、着実に魚に近づいているようです。

先週のポプラさんのポッパーで出たのと昨日のトップでの印象から、ラパラのX-RAP POPをセット。
ミンタンで1色だけ残っているようです。)
ポコン、ポコンと一定のリズムでただひたすら引き続ける。
10投位したところで、ドン!
あー、乗らん。ていうかルアーの真後ろに出てきたやん!
そのまま動かし続けていると5ジャークくらい後でドン!
あー、また乗らん。ていうかルアーの真後ろに出てきたやん!
さらにめげずに動かし続けてそろそろピックアップというところでドン!
あー、また乗らん。ていうかすでにピックアップ動作に入ってたし。

しかし、どの辺にぽるはずともう一度引っ張ってくる。
こんどは足もとちょい向うで水面まで出ないものの水中でバラが翻るのが見える。
まだおる。

足元のほうに投げてポコン、ポコン、と動かしてさっき魚影が見えたところでポーズいれるとドン!
今度はちゃんと乗って竿が曲がる。
よっしゃ!と思った頃フックアウト。あらー!

今回はフッキングしてからのバラシやしもう来ないよね。
しばらくポップはお預けですな。

トリコロールSPを投入。
何度か投げていると足もとでバイト。
乗らなかったもののいるのは確認。
じらしまくって食わしてやろうと考え、ちょろちょろ動かしていく。
何度もルアーの下で魚体が翻るのが見える。
ポーズするとルアーを下から覗いている。
あかん、何度通しても見ているだけで食いつかない。
で、早めのジャークで反射的に食わせてみようと考え実践。
ビンゴ!
一発で食いつきました。
足元でかかったので注意深く取り込みました。

魚種:バラマンディ
体長:40㎝
時刻:8時48分
場所:カンヨー地区 ダニ池
えさ・ルアー: トリコロールSP ニジマスカラー
タックル: Storm MOJO 602MLPENN Conflict 2000バリバスアバニシーバスプレミアム1号、サフィックスナイロン30LB


あー、長かった。
天然バラボウズ記録にいったん終止符が打てたわけだ。

ストリンガーでキープして釣り再開。
あっちのほうへ投げてジャークを1回入れたところでアタリ。
これはさっきよりでかい。50くらいあるんじゃないの?

しかし、昨日のバラシの記憶がよみがえり不安になったりしながらもなんとかキャッチ。

バラマンディ、8時59分。


魚種:バラマンディ
体長:47㎝
時刻:8時59分
場所:カンヨー地区 ダニ池
えさ・ルアー: トリコロールSP ニジマスカラー
タックル: Storm MOJO 602MLPENN Conflict 2000バリバスアバニシーバスプレミアム1号、サフィックスナイロン30LB

黒い鳥先生が足先5mほどのところでバイト、竿がしなった直後ラインブレークでバラシ。
あーっ!もったいないけど仕方ないですね。
しかし、少し離れたところにいてもザブンと大きな音が聞こえたのでそこそこいいサイズだったんでしょうねぇ。

水路打ちして戻ってくると何やらにぎやかな声が聞こえてくる。
アルミ親父さんとポプラさんがボウズ池からこちらへ移動してきた。

二人ともダメだったらしい。

スプーン、シンペンなど試すがダメなので、コトヒキでも釣ろうかとアジング用のワームをセット。


チョインチョインとリトリーブしていると何かが食う。
白い魚体。
バラマンディかと思っていたらパシフィックターポン。手元まで寄せてリーダー持ってあげたところで魚が身を躍らせハリから抜ける。抜け落ちた場所が水面だったのでそのままさよならでした。
あらら。

でもこのパターン釣れるわ!ってんで続けてやっているとまたまたヒット。
25㎝位で小さい、強引に寄せてきてごぼう抜きするとバラマンディでした。
めちゃくちゃ小さかったので写真も撮らずにリリース。

12時ごろ納竿しました。

残念ながら、黒い鳥先生もFROGさんもバラマンディをキャッチすることは出来ませんでした。
黒い鳥先生は、昨日といい、今日といい、かけてばらしているので着実に最初の一匹に向かって近づいているのが分かります。

お二人とも次回のチャレンジをお待ちしております。





2016年7月17日日曜日

カンヨーため池でルアー釣り 7月17日

先週の釣行報告を聞いてポプラさんとアルミ親父さんがダニ池へ釣行。
私も同行する。

Binh Khanhフェリーに乗ってバスでダニ池へ。
池の持ち主の家に挨拶に行き今週も釣りをさせてくれるか尋ねたところ了承してもらったので釣り開始。
水路からストラクチャーを撃っていく。

ポプラさんが一発目でヒット&キャッチ。
そのあとすぐにアルミ親父さんが30Upキャッチ。

下から出てくるのはあるけど食いに至らない。

オープンエリアに移動。
ポプラさんがポッパーで出すが乗らない。

えー!トップで出るんや!

アルミ親父さんがミノーで良型を掛けるもフックオフ。

ポプラさんが水路に戻って2匹追加。
アルミ親父さんがターポンを釣り上げるなど二人との差をまざまざと見せつけられる。

アカンわ。

スプーンでショートバイトはあるものの乗らない。

12時過ぎまででこんな釣果。
バラマンディ5匹とパシフィックターポン1匹です。
この後、二人は水路でそれぞれ1匹ずつ追加。
脱帽です。

今日も私は一人負け。Orz

天然バラボウズ更新中。




2016年7月10日日曜日

カンヨーため池でルアー釣り 7月10日

先週に引き続きカンヨーため池パトロール。
先週、調査できなかったダニ池です。
メンバーは、水面ちゃん、JOEさん、私の3名。

Binh Khanhのフェリー乗り場までバイクで行き、そこからは徒歩&公共バス。

バスに乗ってウトウトしていたらダニ池付近まで来ていました。
好きなところで降ろしてくれるバスはなかなかの使い勝手。
池の持ち主に挨拶して釣りの許可を貰う。

ほっ。

池に向かうまでの水路から開始。
根掛かり怖いので小さなジグヘッドにグラブを付けて放り込むと一発目からアタリ。
チヌ?コトヒキ?

3人で撃ちながら進んでいく。
沈んでいる木の根元に放り込んだところでヒット。
小さなバラマンディの魚体が見えルアーを加えて走るものの係留している浮きのロープに巻かれてフックオフ。

ま、いいわ。
獲れなくて悲しくなるサイズではないし、始まったばかりで魚信があったのは先週と比べるとはるかに楽しい。

水面ちゃんが「足もと付近で魚の反応あるよ」との情報を聞き、JOEさんが試すとすぐにヒット。
バラマンディ  7時46分

そのあとすぐに水面ちゃんにヒット。
バラマンディ 7時50分
二人ともいいなぁ。

で私も探っているとようやくヒット。
足元の木の向こう側で出て木をかわすのに戸惑っている間にばれました。
あらら。

その後、ため池本体へ移動。

 水面にはベイトの活発な反応あり。
時々逃げ惑っているような動きが見える。
下に何かいるんでしょうか?

ミノーもスプーンも反応出るけどフッキングに至らず。

11時半ごろまで楽しんで納竿。
水面ちゃんがバラマンディ4匹?、JOEさんが2匹、私が0匹でした。
魚の反応は出るので楽しかったですが型が小さい。

帰りのバスも椅子に座れて熟睡でした。



2016年7月3日日曜日

カンヨーため池で釣り 7月3日

VAD参加者用のメーリングリストで釣行同行者の募集を掛けたところ、10名も集まっちゃいました。
ポプラさんに16人乗りの車を手配していただき行ってきました。

ミサイル基地にライトさん、アルミ親父さん、オイラー、私の4名。
その他のメンバーは、無人池とボウズ池に分かれる。

久しぶりのミサイル基地。私以外は初ミサイル基地。
水があるのか、釣りをさせてくれるのか?魚がいるのか?
疑問点があるまま向かう。
行って確かめないといつまでも疑問のままだもんね。

で、ジャングル道を歩いていくとようやく池に到着。
水あるやん。

よっしゃ!

管理小屋へ行き釣りさせてくれるようお願い。
なんかちょっと渋い顔されたけどOK。

よっしゃ!

で、釣り開始。
2つの疑問が解消、あとは魚がいるのか?っていう疑問が残りますがそれを解明すればよし。

水面にはベイトの魚影が濃く活性も高い。
高すぎるほど。
フィシュイーターがいないということか?

フローティングミノー、ポッパーなどから攻めていく。
どちらも出ずワームでやっているとアタリあり。
バラではないかも?
チヌ?
さらに小型のワームに変えるとアタリがもっと出てくる。
手の平サイズのコトヒキでした。

他のメンバーもコトヒキのみ。

最近マイブームのスプーンをセット。
今日はダイワのTWISTで。

ジャーク&フォールでリトリーブしてくると目の前で30㎝ちょいのバラマンディがTWISTにアタックしてくる。
ジャークで跳ね上がったところめがけてバラマンディが襲い掛かりその瞬間スプーンが沈んでスプーンの真上をバラマンディが素通りしていきました。

バラマンディがいるのが目視で来たのでちょこっとモチベーションレベルが上がりましたが、それ以上は来ず。

11時に納竿。

12時ごろ他の池のメンバーと合流し帰途に就きましたが、10名中、バラマンディのバラシが1名だけ。
厳しい結果の釣行となりました。




2016年7月2日土曜日

VAD2016 7月定例会を開催します。

ベトナム釣りダービー VAD2016の7月定例会を7月13日にHCM市内のレストランで開催します。

すでにVADに参加登録いただいている方も、いない方も釣りに興味があれば参加可能です。

7月定例会
日時; 7月13日(水曜日) 19時から
場所; 未定

参加希望の方は、こちらからお願いします。
初参加の方は、当記事のコメント欄にメッセージを書いていただくか、右側のメールフォームから連絡をしていただけると助かります。