2016年5月14日土曜日

フックアンため池でルアー釣り 5月14日

5月14日の土曜日に釣りに行くことをVADメーリングリストで呼びかけて5名が参加決定。
フックアン地区の将棋池へ行ってきました。
渡し船業者の話によるとほかの池は、一人10万ドンの入漁料を取るようになったとか、、、。

5時に1区のスカイガーデン集合で2区経由、高速経由、ニョンチャック工業団地経由で6時ジャストに船着き場へ到着。

メンバーは、JOEさん、M島さん、S我さん、航海長で私の5名。
船に乗り込み池に到着。潮が高いので余裕で乗り降りできる。
池の持ち主に挨拶して、お土産を渡して釣り開始。

ボラやサヨリ、そのほかの小魚の群れがいる。
各自それぞれ攻めるが出ません。

クラゲもいる。
 クラゲがいていい釣りをした記憶があまりないですな。

一昨年70㎝を釣った場所付近で粘るが反応なし。
水門の辺へ移動するとM島親父さんが椅子に腰かけてマイペースでキャストを繰り返している。

横で投げていると、M島親父さんの竿が曲がる。
どうやら来たみたい。
魚が跳ねて魚体が見える。
バラやん。
久しぶりに見た。

横でシンキングペンシルを投げているとルアーの横で白い魚体が煌めくのが見える。
アタックしてきている。
しばらくネチネチ攻めるもののその後はなし。

奥に移動して水路の対岸を攻めていく。
ある場所でさっきと同じく白い魚体が煌めくがバイトには至らず。
しばらく投げるがダメ。
また移動。
奥のほうへ行って戻ってきてさっきの場所に戻ると、今度は数回ルアー周りで何度か煌めくのが見えるがバイトには至らず。
なんじゃい!
見切られているのか?

10時ごろまで粘るものの暑さでダウン。
今年は5月に入ってもまだ雨が降らず、暑さが半端じゃない。
倒れそう。

10時半に納竿。

しかし、これだけで終わるわけにはいかず、釣堀に行くことに。

うーん、新しく買った竿の入魂したいよね。
買ったのはコイツです。
長いロッドは苦手。下投げも可能な取り回しのいいものが欲しい。とは言えトラウトロッドなどはパワーがなく、海水にも弱そう。
そんな中でボートシーバス用が比較的短く片手で投げることができることに気づき、いくつか比較した結果、アブガルシアのソルティーステージにしました。

これまでASARIの80万ドン前後のロッドを使用しており、何度もガイドが壊れて、修理しての繰り返しでした。前回のルアー釣行でガイドが壊れたのを機に買い替えることにしました。
今日、使いましたがK-Rコンセプトガイドはガイドがらみを自動修正するという触れ込みですが、役立ったようなあまり効果がなかったような、、、。リーダーの長さをどうとるかで絡みにくさが変わってきます。
適合ルアーが5-28gと範囲が広く、チヌ・コロソマからバラまで対応できそうなのもコイツにした理由の一つです。

で、釣堀。
ラパラのXRCD5を底にすずめてトゥイッチしているとすぐにアタリ。

何か月ぶりやろ、バラマンディの引きを楽しみました。
30㎝程度かな?
ありがとうね。

JOEさんとルアー談義しながら、スキャッターラップを投げる。
JOEさんに動きを見せて、これただ巻でダートするんですよねぇ。と言いながら巻いていると
ヒット!

いやぁ、やっぱりラパラすごいわ。
でもポプラさんはCD7ゴリ巻きでバンバンあげてましたね。

こいつもええ仕事しますよ。




14時ごろ納竿。

天然ため池バラマンディ難しいですね。
新しい池の開拓か、デカイの期待で少ない確率の河原にかけるか、どうしましょうかねぇ。

とりあえず、雨降ってくれ。
暑すぎるわ。

2016年5月11日水曜日

VAD2016 5月定例会 5月11日

GW明けの5月11日にVAD2016定例会を「大阪屋台居酒屋満まる」さんで開催しました。

今回は、3月のVAD2016開幕前の定例会で発表した各賞の発表です。

まずは、

”VAD2016初釣果登録賞”

バラマンディ43㎝(4月3日)でポプラさんです。
Cau Ca No.1の30万ドンバウチャーを勝ち取りました。

続いて
”バラマンディ部門 初釣果登録賞”

これも必然的にポプラさんが受賞です。1粒で2度おいしいってやつですね。
メジャークラフトの海外用ルアーZONERのサスペンドミノーです。

次に
”ハタ部門 初釣果登録賞”と”バラクーダ&サワラ部門 初釣果登録賞”と”ヒラアジ部門 初釣果登録”の3賞をバンコクから参加のGUREさんがゲット。

それぞれ、アカハタ 24.2㎝ (4月10日)、
サワラ91.3㎝(4月11日)、
リュウキュウヨロイアジ42.5㎝(4月11日)。
本日欠席なので釣果登録魚の写真のみ掲載とします。
賞品は事務局預かりとしますので、次回のベトナム遠征をお待ちしております。

まだまだ行きます。
”その他の魚種 初釣果登録”

ライトさんのスギ106㎝(4月11日)です。
バリバスキャップとWeebassのルアーをゲット。

その他、4月中に釣果登録があった人で上記賞に該当しない人に対して贈られる”4月釣果登録賞”受賞は、

水面ちゃんのオオモンハタ40.6㎝(4月11日)と
私のオオモンハタ36㎝(4月11日)です。

メジャークラフトのステッカーを貰いました。

そして、各部門の中で最も狙う人が多いバラマンディに対して設けた4月月間賞バラマンディ1位ですが、これもポプラさんに持っていかれました。
 
居酒屋さかいさんの特バッテラ無料券です。


えーっと、チヌ部門の初釣果登録は、今回は該当者なしです。

実はポプラさんから釣果登録申請があったのですが、
ご覧のとおり。
チヌ6㎝って。
魚の向きがあれですな。
  a) 口吻を閉じて0(ゼロ)目盛りに合わせる。
b) 背骨がまっすぐになるようにメジャーの上に置く。
    c) 尻尾は自然な感じで開く。
    d) VADメンバー名、メジャーの上下端、魚体全体が確認できるようにフレーミングして撮影する。

これで、すでにレギュレーション違反。
さらに、送られてきた写真のファイル名が、”ポプラチヌ2”
VAD2016のページには、
添付する写真は、ファイル名を氏名_釣行日_釣果番号_1/2というように変更した上で送付してください。
例)馬戸_160315_1_1.jpg、馬戸_160315_1_2.jpg


と書いてあるにもかかわらずです。

しかも、画像がまた小さい。

というわけで、事務局で話し合った結果、これは登録不可とすることにしました。
本人が最もほしいであろう褒め言葉を一言。
「アホちゃうか!?」
 
バラ一匹で3つの賞をもらったからでしょうかねぇ。ポプラさんの大人の気遣いに感謝です。
本当のところは、そういう気遣いをする人なんですね。

#############

次月に持ち越しになった賞は、
チヌ部門初釣果登録賞、バラマンディ記録更新賞、5月に釣果登録のあった人となっています。

賞の発表のほか、GW中のそれぞれの釣りについて報告しあったり、JOEさんのDCラブな語りを聞いたり、挙句の果てにJOEさんが買ったばかりのシマノアンタレスDCの試投会を行うと言い出し7区の空き地にええ年のおっさんが集まって最新式リールの投げ心地を体験するという釣り部ならではの2次会もありました。
値段は高いけど、私が知っているベイトリールではありませんでした。
バックラッシュはしないし、飛距離も伸びる伸びる。
欲しくなるやん。
ま、飛んだからって釣れるわけじゃないんですが、、、。

#############

天然ではなかなか釣れていませんが、そろそろ雨も降ってきて調子が良くなるかもしれません。
ガンガン釣りに行って記録更新を待っています。







2016年5月7日土曜日

明石海峡でタイラバ初体験 5月7日

日本へ帰ったら釣り船乗ろうといろいろ調べて、垂水漁港から出る利弥丸さんに連絡していみると空きがあるということだったので予約。
ロッドケースにライトジギングロッドを入れてバルケッタBBとともに持って帰りました。
5月4日予約していたのですが、天候不順のため注意になり5月7日ようやく行くことが出来ました。
6時集合なので塩屋始発で行かないと間に合わない。早起きして出発しました。
 
ちょっとトラブルがあり出船が遅れたのですが、ソルーナーの時合とは折り合わないので構わない。月が大きくて活性が高いのが望みですね。

シラス漁の船が早いうちから帰ってきている。シラス豊漁ということか。
シラス系の色が欲しいかも。ってないけどね。

レンタルロッドを申し込んでいたので貸してもらう。
ロッドはエバーグリーン ポセイドンのオーシャンハンター、リールはアブガルシアのレッドマックス船でした。

出船して明石大橋を越えしばらく走ったところで釣り開始。
釣り座は広く、心配していた波もなく快適。

80gのオレンジ系をセットして落とします。
竿の角度、巻き方、巻く速度、巻き上げる水深などを教えてもらいながら繰り返します。

底を取ってすぐに巻き始め12-13回転ぐらい巻き取ると再び落とし込んで巻き上げていくという繰り返し。

何度も流すがアタリがなく、明石海峡大橋の橋脚周りへ移動。
隣の人も初めてらしいが、アタリが出ている。乗ったみたい。
いいなぁ。とうらやましく思いながら落としては巻く作業を繰り返しているとアタリが出る。
初タイラバヒット。
隣は30㎝程度の真鯛。
いいなぁ。
こっちは何でしょ?
上がってきましたよ。
ガシラくんでした。煮つけサイズなのでキープ。

写真撮っていると「今、食っているからどんどん釣ってくださーい」
慌てて、再びおろす。
反対側で釣っていた人にもアタリがあり真鯛ゲット。常連さんでした。
私にもさっきのガシラとは違うアタリが出たけどそれ以上食ってこず。
巻き方とかいろいろあるんでしょうねぇ。
難しい。

次の流しでガシラもう一匹追加。

その後の流しではアタリが止まり、他の人も釣れなくなる。
わずか10分ほどの時合でした。

その後、13時ごろまでポイントを変えて行うものの誰にもアタリがなく終了。

13名乗船で真鯛2枚、ガシラ10匹前後でした。


今回は残念ながら釣果に恵まれませんでしたがまた行ってみたいです。
日本になかなか帰られないのでいつになることやら。


2016年5月5日木曜日

淡路島で友人と釣り 5月5日

一昨年のイワシ大漁の再来を求めて高校以来の友人と3名で淡路島の翼漁港へ行ってきました。
入ったのはいいけど、一昨年釣れた場所が立ち入り禁止になっている。
あかんやん。






クラゲめっちゃおるし。



周りは、サビキでスズメダイとか釣って喜んでいる。
ありえへんわ。

チョイ投げでアタリが出たので上げてみると
ハオコゼくん。6時58分。リリース。

その後も、
 ガシラくん。8時11分。

これも小さいガシラくん。8時17分。

途中で場所を変えて仮屋漁港へ移動するが変わりなし、アミエビを巻いてもスズメダイが寄ってくるだけでアジやイワシの群れは来ませんでした。

残念。