2016年2月11日木曜日

コモドGT釣行 おまけ フローレス島でライトフィッシング2月11日

2月11日、バリへ帰る便は夕方の4時なので午前中を利用してローカルボートでのライトフィッシングに行ってきました。
今日のお世話になる船です。
屋根がついているし結構ゆったりしています。

近くの島と島の間の水道へ行き、ジギング開始。
最初の一匹はGUREさんの奥様。
イトヨリを釣り上げました。
続いて私もイトヨリ。

GUREさんの竿が曲がりかなり引いている。いいなぁ。
何と、
カツオやん。
いいなぁ。
食べたいなぁ。

私の妻にもアタリがあったみたい。
しかしジグは渋いのでエサ付けて遊んでいる。
なんか掛かったので上げてみるとシモフリフエダイ。小さいやん。

なんか違う狙いを試そうと、ジグの上のほうに餌木をつけて落とす。
スローでしゃくっているとぐい、ぐい、ぐいという力強いアタリ。
竿先が絞り込まれるのを待ってから上げてくる。
巻いている間にも結構いい引きをする。
もしかして?
ヤリイカ。
良い型だよ。

そうこうしているとGUREさんがもう一匹カツオを追加。

サビキ持って来ておけばもっとカツオを積極的に狙えたかもしれない。
失敗。
来年はカツオ狙いかな。
って、来年も来るのか?来たいけど。




11時ごろ終了。
GTみたいな張りつめた釣りのあとにこういった緩い釣りもまた楽しいものです。

カツオ2本とイカいっぱいはガイドのMさんにプレゼントしました。
もう一晩泊まるのだったら食べられたのにねぇ。残念。

この後、バリ島へ飛びGUREさん夫妻と別れそれぞれの休日を過ごしました。


2016年2月10日水曜日

コモドGT釣行 2月10日(4日目)

いよいよ最終日。
港のそばの魚市場へ行く。
 入口。
干物売場
 鮮魚が並んでいるのですが、ハエの数も半端ない
 カスミアジや良型のフエダイ
 GTも食用として売られています。
 新鮮なイワシとサワラ
カイワリと何かな?


フィーバーみたいな時間が訪れることを期待して出航。
 きれいでしょ。
きれいでしょ。
裸眼立体視用のステレオ写真です。交差法でどうぞ

今日は再び南回りなんですが、釣れません。
南端の激流のポイントで妻の竿にヒット。
最初の走りに耐えてます。
腕伸ばして耐えてます。キマッてますねぇ。5分の格闘の末、無事キャッチできました。
本日の1匹目。
良型です。11時5分。今日はタフです。
ヒットルアーはローデッドF180のイワシカラーです。


この後は昼飯まで来ず。
期待のジギングも全く来ず。
最終日なのに釣れる雰囲気がないまま時間が過ぎる。

タフなコンディションの中でもGUREさんは釣り上げます。15時27分。

私にもアタックはあるけどフッキングしない。
活性が低いんでしょうねぇ。
ラストポイント。17時過ぎ。

GUREさんのルアーに馬鹿でかいGTのバイトがあるがフッキングせず。
私のルアーにも小さいアタックが数度あるがフッキングせず。
そうこうする中で、GUREさんが最後に一匹あげる。

すんません、写真ありません。

「はーい、ラスト1投でーす」
残何ながら何も起こらず今回のGT釣行が終了。

本日の釣果; GT3匹

おつかれさまでした。

昨年に引き続き2回目となったコモド島のGT釣行。
昨年よりは釣れましたが、まだまだ釣り足りない、もっとデカイの釣ってみたい、ジギングでもカンパチ上げたいなど、ドンドンはまっていきそうです。

今回のツアーのお世話になったのは、バリに事務所を構えるPT.LUMBA LUMBAさんです。
フローレス島にも日本人スタッフが常駐しているので安心です。

私の使用タックル
ロッド; SIMITH オフショアスティック GTK-77BG/S
リール; PENN BATTLE 8000
ライン; PENN SUPER FATHOM 8号(0.45㎜)
妻の使用タックル
ロッド; DAIWA SALTIGA DOGFIGHT 7.6ft
リール; PENN BATTLE 8000
ライン; GOSEN 剛戦 6号

#### 番外編 ####
 インドネシアのコンセントは丸棒なので日本の充電器はそのままでは使えません。
私の場合、3個口のコンセントタップを持って行っていたので携帯電話やデジカメバッテリーの充電に役立ちました。


どんな形状のコンセントにも対応できるので一つ持っておくと良さそうです。

2016年2月9日火曜日

コモドGT釣行 2月9日(3日目)

3日目。
今日はコモド島北回りルートです。
今日こそはビッグなのを釣ってみたいものです。

 ポイントを撃っていきますがなかなか出ません。

ようやく、GUREさんにヒット。

膝載せサイズをキャッチ。9時40分。

それからはなかなか出ません。
あるポイントの潮が川のように流れてホワイトウォーターになっているところで、妻が
「根がかりい」???えぇ?

同時にGUREさんにヒット。
自分の竿の糸を巻き取りロッドホルダーに立てて妻の竿を持ちどうなったのか確認しているうちにラインブレーク。昨日のヒットルアーのドラドスライダーをロスト。><
着水してすぐに引っかかったということで、もしかしたらGTだったんでしょうねぇ。
残念。
ついでにGUREさんの釣り上げた写真もなく残念。

妻のタックルでリーダーを結びなおして継続。

浅瀬の岩場で妻のルアーに猛烈なアタック。
その後の強烈なダッシュでどんどん糸が出される。
そばに行き、少しドラグテンションを強めたところでラインブレーク。
あちゃぁ、やってしまった。
これでシンキングペンシルが無くなってしまった。
再びFG。

あー、失敗したなぁ。

その後ジギング。

「70mでーす。」という船長の掛け声に合わせてフォール。
あら?40m位で底付きしたよ?
しゃくりあげてくるとガツンとしっかりした手ごたえ。
ウリ、ウリ、ウリ!とフッキングさせたと思う間もなくドラグがジーッと音を立てて回転しまくる。
やばいやん。
手ドラグでテンション掛けながら糸の出をコントロール。
しかし、先ほどのドラグ増し締めでラインブレークしたことがあり、ガチドラグに出来ない。

しばらく耐えていると最初のラッシュが終わり巻き上げられるようになる。
ポンピングで順調に寄せてきていると思っていたが、何度目かのポンピングでライン切れ。
あらら。

めっちゃ悔しいなぁ。
ドラグセッティングが限界までできていなかった。
手でドラグを完全に止めるのを躊躇した。
寄せるときに徐々に上げずに力任せのポンピングをした。
色々なことが重なって獲れなかったんでしょうね。

ライン結びなおしをしているときに、妻の声で「来た!あー切れたぁ」
GUREさんもヒットと同時にラインを切られた模様。
駆け上がりでPEがすぐにやられるみたいです。

ラインを結びなおして再参戦!と意気込んだところで船長が「ポイント移動しまーす」
くぅ、2日連続で魚のコンタクトがあったのに獲れなかった。明日こそは!

しかし、今日ボウズですよ。

もう、 15時も過ぎてあと数か所で終わり。
エアGTの写真でも撮っておくか。うはぁ!デカイ。

妻はリセット、前向いてガンバロー!とポーズ。

小さな岩の周りで小魚が泳いでいる。
ポッパーを引いていると何度かアタックがあるのですが、フッキングには至らず。
それでも魚のコンタクトがあるだけいいですね。

そうこうするうちにようやくヒット!
 この瞬間がたまりませんねぇ。
16時9分。うれしい。

目の前にナブラがちらほら、結構近づいてくる。
チャンス到来だよ。と妻を励ましていると、バフォ!
 ドラグはタイトに調整したのでこれでも出る分は出すというスタンスで見守る。
ファイティングポーズも決まってきましたねぇ。
腕プルプルで顎の下持っても魚を支えられず抱きGT。
昨日の回収間際でのヒットとは違い、ルアーアクション付けて食わせて獲ったので満足げです。
良かったね。

すぐ後にGUREさんにヒットするもののガチドラグで挑んだ結果、スプリットリングが伸びてフックオフ。

こういうところに来ると細部までバランスを考えていないとたまにしか訪れないチャンスを逃してしまうことになります。

悔しくて何度も思い返して対策を考えて、ロッドや糸やあれやこれや買ってしまう泥沼にどんどん使っていくわけですね。もう抜け出せません。あはは。

今日のヒットルアーは、トビウッドペンとローデッド18F。

本日の釣果、GT5匹。
GUREさんは3匹キャッチ。タフコンディションでも出しますねぇ。


2016年2月8日月曜日

コモド島 GT釣行 2月8日(2日目)

2日目スタート。
やや雲のある空の中、ポイントへ向かう。
今日はコモド島を南回りで1周するらしい。

妻用に昨日調子のよかったアワビ貼りルアー、私がトビウッドペン(Ocean Tackle Internationalのコピー?)をセット。トビウッドペンは昨年の釣行で私が初めてのGTを釣ったルアーで信頼できるんですよね。

本日、最初の一匹は私がいただき。

 小さいけど朝から出てくれると嬉しいですね。8時20分。

この後、昨年の最終日に食いの激しかったポイントでGUREさんの奥さんのルドルフさんがカスミアジをキャッチ。


 ポイントに付くと何度か船を流してから移動を繰り返す。
 天気は晴れたり曇ったり。

 そうこうするうちにGUREさんにヒット!
もちろん、旦那様が海に落っこちないようにサポートするべく?奥様が後ろに近づいていきます。

フォーメーション完成!二人でGTに立ち向かいます。なんてね。
えーっと、結局獲れたんだったかどうか覚えてません。写真もありません。すんません。
11時52分です。

昼飯食った後でGUREさんと私でほぼ同時にヒット。
ルアーはDAIWAのドラドスライダー18S ピンクバック。12時59分。


なかなかの良型、13時2分。

 黒い貫禄ある良型をキャッチ。14時3分。

ダイビングペンシルで食いが良いので妻にダイビングペンシルをセット、代わりにアワビルアーを使ってみると即座にヒット。来るやん。

小さいんですが、本日4匹目!14時9分。

GUREさんにヒット。
いいですねぇ。



デカイわ。14時23分。

この時点で私の妻がボウズ。
うーん、とりあえず何か釣ってほしいなぁ。

というところで、今回から試させてくれることになったカンパチジギング。
私が300g、妻が200gのジグを落とす。
私が早めのジャークでアタリがあるがフッキングせず。
横でゆっくり目でしゃくっていた妻のロッドにアタリ。
80m位のところからのやり取りの末、上がってきたのは
ポッテリよく太った良型のカンパチ。15時36分。
いいなぁ。
 
Saigon TackleでGolden Meanのジギングロッド Earth Shaker IIを買った甲斐がありました。

 その後、帰り道でいくつかポイントを撃っていく。

割と港へ近いところでナブラが出る場所がありそこでしばしポッピング。
妻と二人で舳先へ立たせてもらってナブラが見えた方向へキャスティングを繰り返す。
妻がルアーを回収しようと巻き上げてきたところでバイト、そしてフッキング。
さっきのカンパチでは焦りがあったものの、今回は冷静に対処でき、無事キャッチ。
 昨年はGTを釣ることができなかったので、2年越しでキャッチした妻の人生初GTです。ほっ。
17時1分。
ヒットルアーはゴダグレイのキャランクスポップです。
 写真を取ったらすばやくリリース。ありがとう。

今日はこれで終わり。

地元のレストランで天井から落ちてきたヤモリ君。
RICOH WG5 よく撮れています。

本日の釣果:GT8匹、カスミアジ1匹、カンパチ1匹