2015年8月16日日曜日

コンダオ島で釣り 8月16日

7時に出発と船長が言っていたのでのんびり飯を食べていたら、6時20分に電話がかかってきて6時30分に出発できる!と。
あのね、、、、。
すぐ行くわと言ってなんだかんだで6時50分くらいに船着き場。

ベトナム的にはオンタイムでしょう。

今日は港を出てから南へ向かいポッピングから。
松浦さんが、すぐにダツを出す。
早いよなぁ。
ポイントを徐々に移動しながらどんどん打っていきます。
本島と小島の間の水道部で岸めがけてミノーを引いてくるとググググイ!アタリあり。
根に潜られないようにぐいぐい巻いてキャッチ。

GUREさんのナイスなアングルでデカく見えますが錯覚です。
釣果①
魚種:スジアラ
体長:44㎝
時刻:7時27分
場所:コンダオ島
えさ・ルアー:ラパラ Xラップ ソルトウォーター14 ファイヤタイガー
タックル: ロッド/Pioneer パワージグ 5.6ft、リール/PENN スピンフィッシャー5500、ライン/GOSEN 剛戦3号、ワイヤーリーダー
一言: 丸々太って結構デカいと思ったのですが水面さんのレコードには大きく及ばず。


船長が他の船とも情報交換しながら頻繁に移動。
おもにハタ狙いですが、なかなか来ず、、。
エサで狙いに行くぞ!
釣れたらなんでもええよ。

着いたところは40m位。深い。
切ってもらったイカのエサをつけて下す。
しばらく何も来なかったがしゃくり続けていると、チョコチョコっと小さいアタリの後に強烈な引き込み。
どわ!
昨日と同じくドラグが滑り出したのでスプールを手で押さえる。
めちゃくちゃ引くわ。
船長に慌てずゆっくり巻けよ。とアドバイスをもらう。
ひゃっはー、気持ちいいねぇ。
普通にあげられるようになる。
タモを入れてもらってランディング。
人生初の魚を釣りました。
口に掛かってないし。

釣果②
魚種:ウスバハギ
体長:48㎝
時刻:9時1分
場所:コンダオ島
えさ・ルアー:イカの切り身
タックル: ロッド/メジャークラフト ソルパラ SPJ-B60LJ、リール/シマノ バルケッタBB 300HG、ライン/GOSEN ドンペペ1号、ハヤブサ シーガーサビキ関アジ関サバ
一言: このロッドで釣るとよく引いて面白かったです。

このあと、2匹くらい釣れました。

船長曰くこのポイントはウスバハギのポイントとのこと。
手間取りの男の子も船長も釣れるたびに「この魚は焼くとうまいぞ!」と言ってくる。
何度も同じことを言ってくるのもベトナミックですねぇ。

ほかの魚が釣れるとこないの?
ハタ釣りに行くか?
行く行く!

休んでいたGUREさんも参戦してエサ釣りタイム。
底に落としてしゃくっているとぐいぐいと引き込んでくれる。
いい感じにロッドが曲がっていますねぇ。
メジャークラフトのクロステージタイラバモデルです。

このあと、何が釣れたんでしたっけ?すみません。

タテフエダイ 11時21分

ドクサバフグ? 11時28分

タテフエダイは結構太っていてええけど、ハタ釣れへんやん。

とそこで、GUREさんにアタリ。
またええ感じに竿が曲がっている。
よろしいなぁ。
慎重にやり取りして無事ランディング。
ぷくぷくぽってり。ボリューム抜群のハタです。
魚種:オオモンハタ
体長:46.0cm
時刻:11:30
場所:ConDao ConDao沖
えさ・ルアー: タイラバにエビ付き
タックル:Major Craft CRJ-B66TR/ カルカッタ201HG/PE0.8号/フロロ8号 一言:このタックルでは結構、限界に近かった。同サイズも含め、数匹ゲット。

すごいわ。

こういう魚がいるのであれば、エサ釣りする必要ない。
小さいのをかけても上げてくるまでに浮き袋が膨らんで死んでしまうので好ましくない。
で、ジギングをする。

スローで底を丁寧に丁寧にジグをゆっくり見せてと思うがまったくアタリなし。
たまには回遊魚もいるかもと、じゃかじゃか巻き上げてくると、っぐぐぐぐと竿先が絞り込まれる。
っしゃ!きた!
合わせて巻き始めようとしたところでばれる。
うー、フッキングできんかったか。

同じ層を何度か探るがそれ以降は来ず。

ハタも食いが落ち着き、残り時間もあまりなく、港へ向かって移動し途中でポッピングしたあと、飯食って終了。

GTどこ?カイワリどこ?ハタもウスバハギもデカいのでGTもカイワリも紛れ込んでいますね。
昨年は3人で二日で釣れた魚を賄いで食べて終わってしまいましたが、前回に引き続き今回もお土産確保できました。

しかし、ワイヤーリーダーの出番はなかったし、飲ませもできなかったし、ジギングでデカイのも来なかった。
アタリがなかったのであればあきらめもつくが、アタリがあったのに取れなかったのは悔しい。
1日に1回か2回のアタリを確実に取れるようになりたいものです。


2015年8月15日土曜日

コンダオ島で釣り 8月15日

先月に引き続き、コンダオ釣行です。

前回は一日に4回も切られてしまいました。
今回はワイヤーリーダーで挑みます。

参加メンバーは、GUREさんと水面(みなも)ちゃん、そして私の3名。
船は前回と同じで顔を知っているので楽です。
8時にホテル前で待ち合わせして出発。
まずは空港方面に走らせてジギングです。
ところが水面さんがポッピングするので船長が「どっちをしたいんや?」
なんとなくポッピングとなる。

うーん、前回イケカツオをばらしたのと近いポイントなのでジギングしたいけど、収拾つかへんようになるよね。
泳がせ用のエサでも釣ろうとサビキを試してみる。

サビキを下すといきなりアタリ。それも結構いい引き。
今回の釣行初ヒット。ふふ。
デカいわ。狙っていたエサ用の雑魚ではなくて獲物クラス。
タイですね。何ダイかわかりませんが、良い型。

ハナフエフキダイ 32.8㎝。9時24分。

サビキに変えた途端釣れまくる。

アカテンモチノウオ 9時37分。

ヤミハタ 9時40分17秒。
なかなかエサ用の魚が釣れません。

オジサン 9時40分56秒。
落としたらかかるというまさに時合という感じ。

なんやらエサに出来そうにない魚ばかり釣っていると、舳先でルアーを投げていたGUREさんが「ヒット!」

バラクーダというが一向に水面に顔を出さない。
もしかして、もしかして?
この下へ下へ行こうとする引きは、もしかして?
ロウニンアジ 54㎝。9時43分。

前回のロウニンアジよりサイズアップです。おめでとうございます。

水面さんにもヒットするがバラシ。
なんだったんでしょうねぇ。

その後も私はサビキでエサ釣りを続けますが、
 オジサン再び。10時5分。
 キンセンフエダイ 10時6分。

この後、サビキで強烈なアタリがありバルケッタの古ドラグが滑り根に潜られてしまう。
根に潜った後もゴクンゴクン引くんですがどうしても出すことができず最終的にラインブレーク。
何だったんでしょうねぇ。
船長と手間取りの兄ちゃんに「前回に続き今回もバラしたね」と言われる。
Orz.

 ヤミハタ 11時4分。
ウメイロモドキ 11時11分。

その後、雲行きが怪しくなり雨。
風もあるので全身びしょ濡れ。

小降りになってきてあっちのほうに鳥山とナブラが見えたので船長にお願いして行ってもらう。
船長は、我々が使っているルアーはでかいので来ない。こういうので釣るのだとカツオ用のバケを見せてくれる。
そういうことか、ではこちらにも手があるわい。
というわけで、サビキ仕掛けの一番下にアピール度の高そうなアシストフックをつけてみる。
ナブラが船の近くに来れば、ベイトリールのバルケッタでも届くだろう。
が、ナブラはどこかへ行ってしまう。
あらら。

今回は泳がせ用のリーダーを用意してきたので泳がせで釣りたい。エサ確保を続けてサビキを落とし込んで底付近でしゃくる。

ガツンと明確なアタリのあと強烈な引き込み。
ドラグが滑るのでスプールを抑えて必死に耐える。
糸を出されたら根にまかれて終わり。さっきと同じ過ちを繰り返すわけにはいかない。
しかし、これまで経験したことのない引き。
じりじりとスプールが滑っていく。
ちょっと引きが弱くなった隙を見て、ハンドルを1回転、2回転と少しずつ巻けるようになる。
しかし、まだ引きは弱まらない底へ底へと何ども引っ張り込む。
リールが少しずつ巻けるようになる。
バルケッタの糸出し量が分かるのは助かる。
「こんどこそ上げてよ」とGUREさんがエールを送ってくれる。
結構巻いたかなとおもってカウンターを見るとまだ40m。
ほぼ底やな。
少しずつ巻いてようやく35m、ちょっと楽になってきた。30m、20m、15m、、、
カウンターがあるとこういう時に分かりやすくて便利ですねぇ。

ようやく白い魚体が見えてくる。
底物ではなく青物でした。
なんじゃこら?

ホシカイワリ 52㎝。12時24分。
閂にかかってますね。よかった。
これ実は、前回イケカツオに伸ばされたハリと同じものです。
小さいカツオかオニアジくらいしか想定していなかったのですが、まさかこんなのが食ってくるとは想像していませんでした。

ロッド; Major Craft ソルパラ SPJ-B60LJ
リール; シマノ バルケッタBB 300HG
ライン; GOSEN ドンペペ 1号
サビキ; ハヤブサ シーガーサビキ 関アジ・関サバ
アシストフック; 自作

ロッドは強烈な引きに不安なく対処できたし、バルケッタはドラグ耐力以上の魚によく頑張った。
サビキの幹糸がシーガーだったというのも獲れた理由の一つかもしれません。


こんなのいるんだったらサビキじゃなくてジギングで行こう。
そう思ってしゃくっているとアタリあり。

タテフエダイ 12時43分。

タックルはソルパラのSPJ-S60LJにPENNのCONFLICT2000、糸はラピノバ1号、リーダーはナイロン40LB、ジグはラパラのGOMOKU 60gです。

水面さんにも何かがヒット。この後釣れたんだっけ?
すみません、よく覚えていません。

昼飯を食って午前にGTが出たポイント付近で再びポッピング。
舳先に立たせてもらってルアーを投げるが来ません。

艫で釣っていた八木原さんが何か出す。
スジアラ 14時25分。
前回釣ったスジアラの記録を抜かれるかと思ったがセーフ。

そのあと、またすぐに釣る。
次はデカくて、
スジアラ 49.5㎝。 抜かれたー。

水面さんのルアーに合わせて私もミノーに変更。
リトリーブも水面さんのリトリーブを観察してマネ。

ピョイン、ピョイーン、ポーズ。ですな。
水面下にうっすら見える岩礁付近を狙って投げていくと、来た!
小さいけど来ると嬉しいわ。

スジアラ 14時58分。

この後、場所移動。
GUREさんが前回GT釣った場所へ行く。

なんとここで、またGUREさんがGTを上げる。
さっきのより小さくてリリース。

同じように投げているつもりなんですが、GTを釣るのはGUREさんですねぇ。

その後、船長がハタが釣れるというポイントへ連れて行ってくれる。
GUREさんがすぐに釣り上げる。
スジアラ。

この後、GUREさんが休憩モードに入り、水面さんと二人で壁打ちしながら港の方向へ船を走らせてもらう。

バラクーダらしきものが3回くらいバイトがあったもののフッキングには至らず終了。
6時ごろ港に戻る。


2015年8月12日水曜日

VAD2015 8月定例会@居酒屋さかい 8月12日

釣り情報交換とエントリー金の集金を兼ねて毎月第2水曜日はVAD定例会です。
今月8月は、おなじみの居酒屋「さかい」さんで行いました。

定例会用の魚の提供を募集と言っていたら、8月9日に釣りに行ったメンバーがバラマンディ3匹を釣りあげて、「さかい」さんに料理をお願いしてくれていました。

盆だというのにこんなにたくさんのメンバーが集まりました。
新規参加の方も3名あって着実にですがホーチミンの釣りコミュニティが成長しています。

一品目はバラマンディの薄つくり。
釣ってきた魚もこうやってきれいに盛り付けてもらうと美味しさも倍増です。

二品目はカルパッチョ。
カルパッチョのほうがみんなに好評でした。

三品目がカマの塩焼き。
カマの塩焼きは間違いのない一品ですねぇ。

四品目に揚げ煮 もみじおろしとねぎで。
濃い目の味付けもたまらんですな。

最後は雀寿司。
バッテラに劣らず雀寿司も旨いですよぉ。


平日にもかかわらず満員でした。
しっかりとした店員の対応と確かな料理、楽しい日替わりメニューが人気の秘密でしょうか?

行く前には予約することをお勧めします。


#######################################
居酒屋 さかい
70 Mac Dinh Chi, Dakao Ward, Dist.1, HCMC
Japanese:0935617305 Vietnamese:0919998583










#######################################

VAD定例会は、毎月第2水曜日に開催しています。
釣り好きの方、釣りに興味のある方、気軽にご参加ください。





2015年8月9日日曜日

カンヨー河原で釣り 8月9日

ルアーでは最近釣れておらず、久しぶりに河原でエサ釣りに妻と二人で行く。
7区のTan My市場でエビを2万ドン分買い、ファミマで我々のエサを買って出発。
フェリーで待ち時間が長く、釣り場についたのが7時ごろ。
今日の時合は7時半ごろまで。
ちょっとしかない。

まず、妻の竿を準備しエサをつけて妻に渡す。
少し探り歩くとすぐにアタリが出る。

自分の竿を準備して釣り開始。

2回ほどエサをとられた後、浮きがヒョコと沈んで浮いてくる。
お!来た。
すぐさま2回目の消し込みで浮きがスーッと水面から消えていき竿先がしなって完全に食い込む。
よっしゃ!
ん!?結構な引きや。
何とか水面のほうへと竿を立てると体高20㎝程の銀白色の魚体がうっすらと見える。
その後強烈な引き込みで竿が曲がる。
そのまま引き込まれるがドラグがうまく動かずラインブレーク。
ありゃりゃ。

「でかいのに切られたぁ」と妻に言っていると妻の竿にアタリ。

妻が竿を合わせて「あー、切られたー」
見てみるとハリスが切れている。バラマンディか?

ハリを結びなおして再開するもののその後ははっきりしたアタリはなく小物がエビの髭や足をかじっていくばかり。

11時過ぎまで粘ったものの一匹も魚は釣れず納竿。

2015年8月5日水曜日

食酒空間 晴レ屋 VAD2015ポスター掲示店紹介

レタントン通りのスカイガーデンのすぐそばにある居酒屋さん「晴レ屋」さんにVAD2015のポスターを掲示していただいています。

レトロモダンな入口から入るとカウンターとテーブル席があります。
2階、3階も客席があるのでグループでの食事にもお使いいただけます。

ただ一人でゆっくりとくつろげる個室内にVAD2015のポスターを掲示していただいています。

野菜を使った前菜類が充実しているので、ちょっとヘルシーに飲みたいという方にはもってこいです。

メニューは数多くどれも興味深いのですが、このおでん旨そうでしょ。
奥の大根も卵もいい色してるでしょ。

味は、ぜひ一度行ってお確かめください。

#######################

食酒空間 晴レ屋
2A Chu Manh Trinh, District 1, HCMC
Tel:08 3824 8664
#######################