2015年2月19日木曜日

バリ島 一日ボートチャーター 2月19日

今日はバリ島でボートを一日チャーターしてポッピング?ジギング?ライトジギング?です。
エナダイブセンターで予約しました。

まずはエナダイブセンターのオフィスに行って簡単なブリーフィングと支払いを済ませました。
ペニダ島の向こう側へ行くという説明を受けました。
じっくり見たい方はこちらからどうぞ。

SEA ANGEL号で釣り場へと向かいます。

ペニダ島の東端へ行きGT狙いのポッピング開始。
コモド島とは違ってうねりと波がある中でのキャスティング。
流れも結構ある。
潮目を狙ってのキャスティングを繰り返す。
立ってるのも大変、船の向きもくるくる回るのでラインの交差など頻発する。

別に一杯の船もポッピングをしている。

フローレス島で買ったOne Wayポッパーを投げるが船のゆれで上手く泡を出すのが難しい。
何度かやっている間にGUREさんのポッパーにアタックがある。

魚おるんかいな?と思いかけていたところで少し気合が入る。
しかし、船揺れるよね。

妻がキャスティングの際にバランスを崩して船べりにリールをぶつけてしまう。
なんか嫌な音がしたよ。

投げなおした妻がリール巻きながら「何か変。」
どれどれ?
見てみるとローターのベイルアームが破損している。
こらあかんわ。

キャプテンにリール一個壊れたからジギングしていい?と尋ねると、場所移動。
???
どうやらポッピングからジギングへ変更すると理解されたようだ。

ガチジグ300gのタックルを貸してもらったのですが重過ぎてしゃくれませんでした。
どはは。

持参のタックルに150gのジグ、妻用にソルパラのライトジギングロッドを用意する。
妻用のにはジギングサビキ3本針を途中に装着して80gにジグをセット。

自前のタックルだと軽くて楽だわ。
スルスルスルと落とし込んでいく。
えらいいつまでも落ちるなぁ。
一瞬止まった感じがしてベイルを戻すとん何やら重い。
なんか掛かっているよね。

何か釣れてる予感!
「来てるみたいですぅ。」
グリグリグリグリ巻いて上げて来ると
アオチビキ。12時59分。
Tuan Hang Xanhで買った中華ジギングロッドも無事入魂できました。
ジグはCau Ca No.1で買った150gです。

何かやる気出てきてましたよ。

再び落とし込んで着底を待ってからしゃくり始める。
ホイッホイッホイッホイッ、ぐぐぐぐ、ぐい。
おぉ来たよ来ましたよ。今度はアタリらしいアタリ。
メチャクチャ引くということもなくドラマのないまま上がって来ました。
 アカハタ。13時9分。

妻にもアタリが。
 オジロバラハタ。13時14分。サビキに食って来ました。

 GUREさんがジグを落とし込んでいると
何かに引っ張られる。ドラグ出っ放し。メジャクラのロッドがいい感じで弧を描いていますねぇ。
しかしながら、惜しくもバラシでした。13時18分。
やはり時合い到来という感じです。

その後、
ルドルフさんもアカハタ。13時32分。

妻にまたまたヒット。
何じゃこらー、真っ黒け。
アカモンガラ。 13時54分。

この後、何度かポイントを移動するが釣果のないままタイムアップ。
潮の引いた浜へ戻る。

ホテルへ戻る途中で日本食料理店により魚を預けて料理を依頼。
ホテルでシャワーを浴びてから食事。
漁師という日本食料理店。
ハタは煮付けてほしかったのだが、煮つけを知らなかったようで、、、。
アオチビキの刺身が格別に美味かったのでした。
メチャクチャ美味いですよ。

というわけで、2015年テト休暇の釣り旅行も終わり。



2015年2月18日水曜日

フローレス島最終日 2月18日


今日はフローレス島からバリ島へ移動。
あっという間の滞在でした。
夕方の飛行機なので朝からローカルボートでスノーケリング&ライトフィッシング。

今日お世話になる船はスリムな彼女。
ポンポンポンポンというディーゼルエンジンの音を聞きながら走る。
屋根もついているのでノンビリクルージング。
昨日までのスピードボートで力づくで走るのとはまた違う趣ですね。
交差法で見ると山の重なりがわかって面白いですよ。
是非、練習してください。

はい、小島のピンピービーチというポイントでスノーケリング。

みんな思い思いに泳ぐ。
サメとか怖いやん。

一通り遊んだ後は近くのマングローブ際へ移動しライトフィッシング。
 バラクーダが釣れたり
 コチが釣れたり。

VAD2014の優勝賞品としていただいたメジャークラフトの海外仕様ロッド TUREL にも入魂することができました。「釣れる」なのに「釣れてない」とか言われていたので一安心。
「TUREMASU」

ルアーはおなじみのフラットラップです。でかいほうの10cmね。

コチッちゅうと昨年のテト休暇旅行でも釣っていたのを思い出しました。

GUREさんはフエダイ2匹。


これにて終了。
ホテルへ戻ってチェックアウト。
レイトチェックアウトにも快く対応してくれました。

・滞在は、ルワンサビーチリゾート
ラブアンバジョの街中への無料シャトルサービスがあって助かりました。

・本日のツアーはPT-LUMBA LUMBAのフローレス島に在住のMさんにアレンジしてもらいました。
前日にお願いしたのに手早く手配してくれたおかげで、楽しい一日となりました。

【そのほかフローレス島について】

・フローレス島のラブアンバジョのスーパーマーケットにはポカリスエットが売っています。
船でバテるからとベトナムからポカリの粉を買っていったのですが使わずじまいでした。
・ほぼイタリア飯だったのですが、一晩だけローカルの屋台に食べに行きました。
魚を揚げるか焼くかしかない中で一軒だけお好み焼き屋がありました。
・パリパリ小麦粉の皮の中にキャベツが山盛り入っているだけですが、全員気に入りました。
・伸ばしている生地で横に見えるキャベツを包み込んで手前の鍋で揚げ焼きにしていました。

・釣具屋は港の前にあって店主のおじさんは英語も出来るので問題なく買い物できます。
今回とてもお世話になったルアーOne Wayは3つ買いました。お土産用に小型のも5つほど。

・小さい奴等もワイヤー貫通仕様でまじめなつくりです。

・フローレスコーヒーが特産だそうです。バリコーヒーより美味いという事なのでフローレス島まできたらぜひ買いましょう。

・英語ができる人が結構いるのでなんとなく行動できます。


 

ラブアンバジョの空港では、2時間ほどDelayしてバリに着いたのは夜遅く。

2015年2月17日火曜日

コモド島 GT釣行 (3日目) 2月17日

いよいよ最終日。
あっという間でした。
全員が釣れたという訳でもないので妻には一匹でも魚を釣って欲しい。

今日のコンディションは、
solunar period from 4:00 h to 5:00 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 10:24 h to 12:24 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)
solunar period from 16:48 h to 17:48 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period from 22:54 h to 0:54 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down)

コモド島上陸もないし今日はみっちり釣り。
Mさんによるとコモド島の向こう側のいいところに連れて行ってくれるとか。
なーんだ、やはり隠しダマのポイントがあるわけですね。

ひたすら走り、
コモド島の北端の岬を通過したところでひと流し。
松浦さんにヒット。
すごいなぁ。
 GT 8時50分。

その後、いくつかポイントを回るが、投げさせてくれない。
目視でナブラ探しが続く。
昨日みたいなポイント打ちはないの?
ルアーを投げないわけだから釣れる可能性はないんですよね。
ま、船長には船長の考えがあるのでしょうが。
10時24分から12時24分が月の南中で魚の活性が上がる時間帯。
この時間に少しでも多く投げたいのだがほとんどの時間を移動に費やす。
結局コモド島とリンチャ島の間を通って一番南まで下る。
昼飯前にカスミアジのチェイスあり。
妻にも一度バイトがある。
その後昼飯。

船長はそろそろ潮が動き始めて魚が釣れるよ。と言ってくれる。

コモド島の最南端の離れ根周辺の潮がそこだけよれていてサラシもあったりといかにもな感じ。
妻も軽いロッドに変えて、ルアーも軽いOne Way キュウリカラーでキャストも決まるようになってきた。あとは信じて投げ続けるだけ。

隣で投げていた妻のルアーに水柱が立ちバイト。
竿が絞り込まれる。
 うわな、なんか体が前傾だわ。大丈夫やろか?
横についてフォロー。
なんとなく分かってきたようで少しずつ魚が寄って来る。
あら?青いわ。
ランディング終了。
 きゅうり色のOne Wayポッパーです。

 ええサイズのカスミアジ。13時30分。
とりあえずボウズ逃れおめでとうございます。
ま、同行者全員ホッとしたのは言うまでもありません。

すぐ後に私にもヒット。
飯のときにギンバルベルト外してまたつけ忘れ。年やな。
お腹痛いの我慢しながら上げる。それほどでかくないし。
GT 13時37分。

妻にまた来ました。
なんやらフォームがカッコ良くなりました。一匹釣るとこうも変わるものなんですね。
奥に見えている根の周辺から寄せてきます。
またカスミアジ。13時47分。

時合いなのかバイトも結構あって面白い。
きゅうり色ポッパーはカスミアジしか来ないようなのでローデッドに変更。
すぐに来る。うそぉ!
 3匹目ともなると安心して見られるようになりました。
姿が見えてきたが青くない。銀色だよ。GTか?
ギンガメアジ 14時00分。

カスミアジ 14時27分。

ギンガメアジ 14時50分。

GUREさんのほうも

 GT釣って、
 カスミアジ釣って
 ギンガメアジも釣って、デカイカスミアジを足元でランディングミスでバラシて、ルドルフさんは掛かったものの根に回られてラインブレーク。
と言った具合にこの3日間で一番の熱い時間がようやく訪れた感じ。

食いが渋ってきたので場所移動。

最後のポイントでGUREさんがキャッチして今回のGT釣行を締めてもらいました。

今日の釣果をもたらしてくれたルアーです。

港に着くころには日も傾いてきていました。
3日間、しっかり遊びました。あっという間でしたよ。

今回のボートの航跡をGPSでトレースしました。
赤が1日目、緑が2日目、黄色が3日目です。
 トレースマップをじっくり見たい方はここをクリック
ちなみに、熱い時間帯が訪れたポイントの航跡を拡大するとこんな感じ。
繰り返し繰り返し攻めているのが分かりますね。

3日通しでGT釣ったのはGUREさんのみ、経験豊富なだけの事はあります。
最終的には全員魚を釣ることが出来ましたし、楽しかったです。
流れはありますがうねりはないので船酔いすることもなかったです。
日差しのせいなのか、空気がきれいなのか島の緑がきれいで船乗っているだけでも気持ちいいです。

一日のうちポイント間の移動で時間がとられるので実際の釣りの時間はそれほどないのがやや物足りない感じでした。がんがん投げ続けて投げきれなくなるまでというような感じではなかったですね。

船はトイレもあってキャビンも広く釣り座も充分なスペースがあって良かったです。

船の予約はPT-LUMBA LUMBAまで。