2014年10月26日日曜日

カンヨーの川でカセ釣り 10月26日

昨日はルアーでバラマンディを狙ったものの大物にはめぐり合えず。
VADの釣果登録のないチヌ船部門への入賞を狙いにカンヨーの河原のカセへ釣りに行って来ました。
 メンバーはGUREさん、水面さん、水面Jr、そして私の4名。
ガソリンを満タンにしてから7区のTan My市場でエビを大小2種類仕入れて出発。
順調に走って釣り場へのアプローチの小道へ入っていく。
土の道なのだが最近の雨でかなり荒れている。
道がへこんだところに建築用の石をまいているのだがこれがでかい。
手のひらくらいの大きさで尖っているのよな。
パンクしないか不安。
ぬかるんでいるし、石は尖っているし、水溜りは深さが分からない。
なんとか進んでいると、ガリガリ。
底をする音が聞こえる。ひるんでスピードを落としてゆっくり切り抜けようとしたのがいけなかった。
ジュルルルルルル。
すすまない。
スタック。
後輪の片側は完全に浮いている。
GUREさん、水面さんと泥まみれになりながら、なんとかかんとか脱出。

前回のカンヨーといい、今回といい早起きを無駄にするアクシデント続きです。

道をもう少し進んだところで車を停めて荷物を持って徒歩で船着場へ。
エビ活かしクーラーが重い。

船着場についてとりあえず休憩。
あーぁ。釣りに来たのにスタックで無駄な時間と体力をつかっちゃったよ。
しかも昨日も一日釣り場だったので疲れも溜まってんだよね。

ジュース飲んで一息ついたところでカセに渡してもらう。
4人で乗り込み、沖合いに引っ張っていってもらいカキ養殖棚の端っこに船を固定してもらう。
釣り開始。

すぐにGUREさんにヒット。
手のひらサイズのフエダイが見えましたが、長い竿がカセの屋根に当たって取り込みでもたついている間にオートリリース。
あらあら残念。

こちらにもアタリが出ましたがハリ掛かりせず。
水面さんにもアタリが出ましたが、エビの頭だけ食われる。
GUREさんに再びヒット。
お!結構いいサイズ?と思った方、ごめんなさい。
ニベ 10時19分。
それ以降、あたりもなく時間だけが過ぎる。
竿はピクリとも動かない。

そろそろ上がりましょうか?と言った途端、GUREさんにヒット。
チヌ来たか?
あれ?
今度は金のニベ。13時29分。
時合い到来かも?!と気合が入る。最後のチャンス。
竿先が激しく震える。しっかりと食った手ごたえ。おお!結構な引きですよ。
何が上がってくるのかなぁ。結構良い型だと思うんだがなぁ。
リールをがんばって巻いて船べりを覗くと
毒ナマズ
ガーン!!

淡水化してるじゃん。
そういえばサヨリも見当たらない。

「納竿でーす。」
デジャブのような終わり方でした。



2014年10月25日土曜日

ドンナイ省のため池でルアー釣り 10月25日

VADのシーズン終了が10月31日。いよいよ最後の週末である。
最後の大逆転はあるのでしょうか?
今日はGUREさん、水面さん、瀧本さん、JOEさん、航海長、CHINUさんと私の7名。
6時過ぎに船着場へ到着しため池まで運んでもらう。
潮が引いていていきなりの泥。ぬかるみが怖いので水路を伝ってため池へ入る。
釣り開始前にすでに靴には水がしみこんでぐちゅぐちゅ。
ちゃーっ。


初めての池だったのですが釣れる雰囲気がバンバンある。
(ま、この感覚にはいつも裏切られているのですが、、、)
みんなそれぞれ思い思いの場所へばらけていく。
航海長、瀧本さん、水面さんらの近くで竿を出す。
今日はPOP-Rもあるのだ。釣れるはずだ。

瀧本さんの竿がしなる。
釣るねぇ。
バラマンディ 約40cm 6時59分
家族に食わせないといけないということでキープ。
付近の私も航海長も水面さんも変化なし。
うーん。

瀧本さんがどっかいっちゃったなぁと思っていたら、いつのまにか一匹追加。

時刻は9時も過ぎ、みんな疲れが出てくる。
航海長が疲れたと言って休憩?
「ルアーが水の中にないと絶対につれないですよ。」と航海長に言いながら投げる。
着水。カウントダウン。リーリング開始。
早めリトリーブ、ジャーク、ガツン。
来た!
なんというタイミングの良さ。
難なく引き寄せてランディング。
ラパラのXRCD-7です。
紫がかった魚体がきれいです。
35cmくらい?9時11分。

久しぶりのバラマンディ。うれしいわぁ。

ここいらでみんなの情報集約。
CHINUさんがポッパーで2回出てそのうち1回はフッキングしたもののPE2号が切られる。
GUREさんがヒットするもののスナップスイベルが壊れてスイベル部分だけ戻ってくる。
JOEさんもヒット、ドラグを引きづり出されてラインブレーク。
それぞれかなり巨大な魚をかけているのに上がっていない。

航海長と水面さんが船エントリー宣言で船で沖へ向かう。
私はCHINUさんががんばっているところへ向かう。
メタルバイブを投げてジャーク、フォール、ジャーク、フォール、ガツン。
あ!来た。
やり取りする途中で岸付近に沈めているオダに巻き込まれしまう。
瀧本さんが横にいたのでオダを上げてもらい糸がらみを解消、無事ランディング。
これも30cmチョイ。写真もなし。

フィッシュグリップでストリンガーのところまで歩いていく途中、船出したばかりの水面さんと航海長に「釣れましたよ」と報告。
水面さん「船出る必要ないじゃん」

その後もいろいろと試すが釣れない。
水面さんと航海長が戻ってきてGUREさんに誘われて船エントリーで船出。

風が出てきているのでこぐので精一杯。
釣りするより船をこいでいる時間のほうが長い結果に。
沖に出ても浅いばかりで結局、陸の土手付近が一番釣れそう。

15時まで粘るものの結局追加なし。
7名で4匹の釣果。

家に帰って釣った2匹の胃を開いてみました。
1匹からは何も出てこず、もう1匹からは丸のままのエビが出て来ました。
グロいので小さ目画像。


VAD記録更新はありませんでした。




2014年10月15日水曜日

帰国時にショアジグ 10月16-18日

自宅が神戸の垂水。
この季節、ツバス、ハマチ、ブリ、シオ、サゴシ、太刀魚なんかが釣れているそうで、帰国したときにジグを投げまくりたいということで、帰国前にショアジグロッドを購入。
メジャークラフトのクロステージ CRK-962Hです。
Hという硬いアクションを選んだのは対象魚のでかさというより、アジュール舞子という明石大橋直下の釣り場を考慮して重いジグで底を取るためです。
道糸はそれほど太いものを使用する気もなくリールはこちらで使っているPENNのバトル3000。
糸巻き量でいうとバトルの4000くらいあれば少し楽なのですが、ボディサイズは同じなんですね。
すでに 2つもBTL3000の替えスプール持ってるしそのままでまずやってみましょ。

15日は午前4時ごろ起きて自宅から徒歩でいける塩屋漁港へ。
ルアーマン結構います。
シーバスロッドでのルアーおよびライトショアジギングと上記ロッドでのショアガチジギの二本立て。
周りはミノーを投げているみたい。
何を狙っているのかな?
自分自身、何が釣れるのか分からず投げているのだが、、、。
ライトロッドで18gほどのジグをつけてしゃくっているとずっしりと重みがかかる。
ぐい、ぐぃぐぃと引きが伝わりこっちも負けじとリールを巻いていく。
竿がやわらかいのとリールも小さいので一生懸命巻く。
何か根にすれるような感触が伝わる。
それでも竿が引き込まれていく。
じわじわ力をかけて巻いていく。
ぷつっ。
抜ける。
フロロのリーダーがざらざらになって切れてしまいました。
うーん、なんだったのか?

そのあとはアタリもなし。
帰宅。

夕方、大阪まで出て昨年のベトナムの釣りを盛り上げてくれたサイボーグAKIRA氏と食事。
元気にしていました。


16日も朝から出動。ちょっと寝過ごしたら釣り場到着時にはすでに人がいっぱいでした。
ガチジグロッドでしゃくっているとガツン!
よし来たぁ!
グリグリグリグリ。
リールは快適に巻けるわ。
ペンって負荷のかかっていないときはなにやら細かい音なんかが気になるのだが、魚がかかると何の不安もなく巻けるのよね。癖はありますが安心ですな。
で上がってきたのは、
エソやん。
しかもジグに食ってきたんではなくその上のサビキ仕掛けにですか!?
リリース。
この後、アジュール舞子まで足を伸ばすが何も釣れないまま帰宅。
昼ごろ帰り買い物行こうかなと迷った挙句、行かないことに。
(なにそれ?)
夜に友人と飯を食いに行くのでそれまで時間がある。
3時ごろから再び塩屋漁港へ。
ジグ投げているとガツン!よっしゃ何か来た!
今度はサビキつけていないのでジグです。
ようやくこの新しい竿にも無事魚を釣らせることが出来たわい。
で上げてくると、
エソ、、、、、、、。


あのな。
リリース。
家に帰る。

18日、今日がラストチャンス。
ジグ、タイラバも試そう。
アジュール舞子の明石大橋のほぼ真下に陣取る。
60g-80gのジグを投げ底を取り、しゃくりしゃくりしゃくりしゃくり、フォール
繰り返していく。
一投目にすごく弱いアタリがあった。
そのあとしばらくでない。
回遊魚はいないようなのでタイラバに替えて根魚狙いに変更。
その上にサビキをもつけておく。
するとめっちゃ小さい当たりが。
うわ、絶対サビキや。
案の定、サビキにハリ掛かり。
また、エソかい。
逃がした後、気合入れてえいやっと投げたところでプツッ。と異音。
サビキが途中で切れてタイラバだけめっちゃ向こうのほうまで飛んでいきました。
あららぁ。

その後もジグを投げ続けるがアタリなし。
回りも同様。



2014年10月4日土曜日

VAD 10月4日の釣果登録 GUREさん

昨日、10月4日の釣果登録写真が届きました。
ドンナイ省のため池での釣果です。

 バラマンディ 44cm 10月4日8時5分 ルアー;Soft Bates Swim Shad

 バラマンディ 53cm 10月4日 11時45分 ルアー;シンキングペンシル9cm

使用タックル
Rod:Major Craft CRK904L
Reel:Shimano Twinpower 3000
Line:VARIVAS Avani Seabass PE MaxPowerTracer 0.8号
Leader:TORAY EX3.5号

久しぶりのバラマンディの釣果です。
どちらも体高があり貫禄ある魚体ですね。

おめでとうございます。