2014年3月30日日曜日

ニャチャン調査釣行 3月29-30日

季節も暑くなってきたし新しい場所の開拓もしたい。ということでニャチャン調査をVAD事務局メンバーへ告知するとGUREさん、水面さんが参加に応じてくれました。

スケジュールは、
金曜日;深夜23時発の列車でニャチャンへ
土曜日;早朝着、ホテルに荷物を置いて釣り、船探し
日曜日;船が手配で来ていたら船で釣り、なければ陸釣り、夕方の飛行機でHCMへ戻る
というもの。

【ホーチミンからニャチャンまでの列車】
1区のファングーラオどおりに列車の切符を買える店があります。
住所は275C Pham Ngu Lao です。
中に入ると時刻表や値段表が貼ってあります。
時刻と料金はこのサイトでも確認できます。
時刻のページ; サイゴン駅の時刻がBinh Thuanの段に書かれていることに注意しましょう。
料金のページ;乗る列車が分かれば料金を調べることが出来ます。An DHがソフトベッドエアコン付きです。

で、切符を入手。





22時ごろサイゴン駅で集合し列車に乗ります。
一両づつお姉さんが乗車口に立って切符を確認して案内します。
23時出発。
あとは寝るだけ。

クーラーはガンガン効くので上着は必須です。
途中ファンティエットに停車したあとはニャチャンまで停車しません。

無事到着。
横になって寝たので足のむくみも取れて靴がややぶかぶか。ゆっくり休めた証拠ですね。

【ニャチャン1日目】
駅の周りにまともな食事が出来るところはないと知っているので、ホテルへ移動。
朝早いにもかかわらず、3部屋予約したうちの1部屋を開けてくれる。
みんなでそこに荷物を置いてぷらぷらとHung Vuong通りを歩いて朝飯を食べられるところを探す。
バイクの免許を持っている人はレンタルバイクも良いかもしれません。8-10万ドン/日で借りることが出来ます。

朝飯をガッツり食べた後ホテルへ戻り出撃準備。
アオリイカを釣ったとブログで紹介されていた堤防へ行く。

いやー、水きれいやわ。
みんなそれぞれルアー、サビキ、エギをセットして釣り開始。
GURE兄貴はエギでアオリイカを狙う。チェイスはあるみたい。
水面@さんはルアーで一発狙い?

Tさんはコンビニで買ったリゾートとんがり帽をかぶってエギを投げてます。
イワシ?も堤防のそばに見えるのですがサビキでも釣れていません。
コマセが必要なのかな?

Tさんがまったく反応のないエギに飽きて、ワームに変更。
サメット島でハタを何匹か釣っているので釣れるイメージが出来ているんでしょうね。

ナブラも時折見えるけど届かない。

そうこうするうちにTさんが今回の初釣果。
 オキエソ。9時18分。
とりあえずのボウズ逃れおめでとう!
Eat Sleep, Fish Tシャツのおかげか?

10時ごろまで粘って釣れないので場所を移動することに。

チャンフーどおりをさらに南へ下って峠の分かれ道でバオダイへ行く。
入場料を払って釣竿を持って海辺へ。
少し高台になっているのでニャチャンが一望できて気持ち良い。

釣り開始。
海草が生えているのでアオリイカが期待できますね。

磯の先のほうで釣っていたGUREさんにアタリがあったというのでそのそばへ行く。
おる所で釣るのが獲物を手にするための近道ですよね。
というか、エギの動かし方がいまひとつ分からないのでGUREさんの動きを盗ませてもらうという意味もあったのですが。

しかし、そう簡単にはきません。

少し疲れてきてふっと気が緩んでしゃくりのタイミングをゆっくり目に取った瞬間、ズシっと重みを感じる。
ん?
リールを巻くと思いながらもこちらに寄ってくるかんじ。根がかりとは違う。
そこでしっかりとした手応えを感じる。
のった!
2月に日本で買ってきたハンタウェイとHCMで買ったPENNのバトル3000の初の獲物ですよ。
特に問題もなく引き寄せて無事キャッチ。
今回の釣行の本命ゲットです。11時5分。
GUREさん「あー、そんな小さいエギ使ってる」
え?小さいの?

その後すぐにGUREさんにもヒット。
やや小型ですが、おなじく本命キャッチで笑顔の兄貴。11時15分。

このあと、すぐに風が吹き始め食いが止まる。
一瞬の時合いに二人で釣った感じ。

昼飯時になったので納竿。
しかし、暑い。

バイクに乗って港周辺を走っていると、地元のおっさんが声を掛けてくる。
船に乗って釣りに行かないか?と言う申し出。
どんな船か見に行き、値段を聞くと80万ドン。
やす!
1隻チャーターでニャチャンの前の島をどこでも行くと言う。
大きな魚は釣れないよ!とも。
今から乗ろうと言って来るが、腹も減っていたので明日6時に出航でお願いする。

で、今回のミッションの一つ、ニャチャンのブンカーを食べに行く。
Ngo Gia Tuのローカルのお店。床にはゴミが散らばっている。。。
ブンカーとピロシキを食べてからホテルへ帰り昼寝。


夕方釣行の前にさっき釣ったイカをGUREさんが刺身にしてくれました。
新鮮なイカの刺身をおいしくいただきました。
ロビーのテーブルを借りたのですが、このへんのおおらかさはミニホテルならではです。

夕方はホンチョン岬へ竿を出しに行く。
エギでアタリがないのでルアーにチェンジ。
ラパラのクランキンミノーでアタリがあるがフッキングできず。
そのあとも粘るが反応なし。

日も落ちて暗くなったので納竿。
シーフード食って、中部の小さなバインセオ食べて、釣り部遠足恒例のプリンで〆る。

部屋に帰って、今日のトラぶったPEを全部ほどいて予備に持ってきたナイロンに巻きなおし。
一日みっちり遊んだのですぐに寝る。

【ニャチャン2日目】
港に行くと船が待っている。
エビを200g買って船に乗り込む。

Hon Motの南東まで走りアンカーが投入される。
浅いし。
サビキ、餌、ルアー、エギなど投入するがまーったく何にも来ない。

とうとうサビキの針に持ってきたエビ餌、イカゲソをつけて釣り。
ルドルフさんの竿がしなる。結構良い引きをしているみたい。
上がってきたのは、
アイゴ。8時37分。本日最初の釣果。船頭さんがキープしました。

そのあとももう一匹追加しましたが、ほかの人にはアタリがなく移動。

「もっと深いところへ行ってください。」
「ここが一番深い、どこへ行っても同じだ」
船が出る前にはどこにでも希望するところへ行く。と言っておきながら実際にお願いすると自分の都合で却下だもんね。
べ式。
Hon Tamの切り立った崖のほうへ移動してもらう。

ここも浅い。
横でイカのかご漁をしている船がいる。
イカ釣れるんかな?

GUREさんが果敢にエギで攻めるが反応ないみたい。

Tさんの竿にアタリ。
何がかかったんでしょうか?
ハクセンタマガシラ。といってもガシラではなくイトヨリの仲間。9時19分。

ぽってりと良く太ってますねぇ。
そのあとすぐにもう一匹。
ハクセンタマガシラ、9時24分。もちろん船頭さんがキープ。

横で釣っている私にはアタリはあるもののハリにはかからない。
 
エギをあきらめてサビキに切り替えたGUREさんにも
 スズメダイ2匹。当人ボウズ逃れですごく良い笑顔なのですが、たっての希望でモザイク大きめで掛けています。

3名ボウズ逃れ VS 3名ボウズ
あせるなぁ。

再び移動要請。
「海草のあるところへ行ってください。」

で、結構走って着いたところが、、、海草ないやん。

GUREさんが何か上げる。
オコゼかな?めちゃくちゃ小さい。それでも1匹は1匹。10時50分。

結構深いけどね。わし、アタリないよ。
つか、サビキの針に餌つけて釣りしたのは初めてですわ。
ちょこっとだれてきたところで水面Jrの竿が曲がる。
大はしゃぎで上げると
おそらくアミメウマヅラハギ。良くやった!と褒めるまでもなくこのキメポーズ!10時53分。

ガーン!
残るは私と水面さんだけがボウズやん。

続いて水面さんにもアタリが。
結構竿がしなっている。いいなぁ。
たぶんミツバモチノウオ、ベラの仲間です。11時33分。
どわーっ。俺一人ボウズで置いてけぼりやん。

すぐさま水面さんがもう一匹釣り上げる。何じゃこりゃ?
いえいえ、それは目ではありませんよ。

とはいえ、誰の目にも目ん玉に見えるようでその名も「ヨツメトラギス」 11時40分。

昼時になったので海上レストランに行くが特に食いたいものもなくトイレだけ済ませてさらに釣り。
Hon Tam島の向かいのHon Mieu島へ行ってもらう。
昨年のゴールデンウィークにGUREさん夫婦がHon Tamの桟橋で小型のGTを確認しているのですよね。その向かいならどうでしょうか?
いまさらサビキで細かいの狙っても仕方がないのでルアーで攻めることにする。
黒く見える根の周辺を引っ張ってくるが反応なし。
思い切って根の上を引っ張ってくると、あら?海草が引っかかっている。
根に見えていたのは海草なのか?
それならと昨日結果を出したエギに切り替えて黒っぽいところを重点的に攻めていく。
来ないかなぁと水の中に目を凝らしてみるとなんやら茶色い小さい塊が動いているのが見える。
ちょうどエギの辺りやなぁと思っているとスーッと向こうのほうへ移動。
イカが泳いでるのか?と思ったとき竿に重みがかかる。
おりょ?
リールを巻くと確実な手ごたえ。イカが墨をブシュゥーっと吐いて抵抗するが引き寄せて無事キャッチ。
 コロッケサイズと言うやつですか?とりあえず最後に本日一番まともな獲物をキャッチ。13時31分。

GUREさんのエギにもチェイスあるが乗らない。
私もさっきと同じような小刻みしゃくりとのんびりフォールでまたまたずしりと手ごたえがくる。
ひひ。
今度はさっきよりもでかいよ。
ブッシューゥと墨を吐く。ひひひ。
無事ランディング。13時44分。
水面さんもエギに切り替えて投げ始める。
その後も何度かエギを抱いてくれるのだが合わせが早いのか墨を吐かれて逃げられるパターンが3回ほど。どれもコロッケサイズでしたが。

あとの3人は疲れて寝ており食いも止まったようで14時に引き上げる。

ニャチャンのフォーを食べてから、昨日のブンカー屋へ行きチャーカー(さつま揚げ)を各自購入してホテルへ戻る。

Tさんと二人で私のお気に入りの喫茶店CaPhe Phu Siへ行きカフェスアダー。Tさんが土産用のコーヒー豆を頼む。ここのんおいしいねん。
よく分からないけど隣の席のおっちゃんが、久しぶりに日本人と会ったということでおごってくれる。
カムオン!
サイゴンであれば「あやしい!」となるところだが、ニャチャンだと素直に「ありがとう」なんだよね。
ベトナムの地方はまだまだ良いんですなぁ。

釣ってきたイカは、ホテルの予約をしてくれた元部下にプレゼント。
アーリーチェックイン、レートチェックインともにOKで非常に助かりました。

空港での手荷物検査ゲートにてルドルフさんの手荷物が引っかかる。
リュックサックを開けられ指摘されたのは、さっき買ってきたチャーカー。
袋を持つ職員の手は汚いものを触るように指先でチャーカーの入った袋をつまんでいました。
ははは。
危うく没収廃棄されそうになったので職員のところに行き、
「何がアカンの?」
「チャーカーは機内持ち込みはアカン」
「なんで」
「臭いからアカン」
「預けたらええの?」
「それなら大丈夫」
「ほな返して。いまから荷物預けてくるわ」
という会話があり、無事持ち帰ることが出来ました。
やれやれ。

アオリイカは釣れたものの数は少なく型も小さかった。
ルアーではまったく釣れず、サビキでもラギのように落とすだけで食ってくるような状況にはめぐり合えず大物との出会いもなかった。
海がきれいなので小旅行としては楽しいものです。
1-2ヶ月ほどすればイカのサイズもあがるかもしれません。


###### データ ######
列車; SE4 ソフトベッド サイゴン駅23時発ニャチャン5時30分着 約60万ドン
ホテル; 2つ星、エアコン、ホットシャワー、バスタブあり、タオル薄い、朝食なし 35万ドン/部屋
船; 1隻チャーター 80万ドン ベトナム語必須
ニャチャン市内から空港へのタクシー; 36万ドン/イノーバ
飛行機; ニャチャン-HCM 約170万ドン








2014年3月22日土曜日

カンヨーため池でルアー釣り 3月22日

毎度お馴染みのGUREさん、CHINUさんに加えて初参加の瀧本さん、私の4人でカンヨーの通称「無人池」へ行ってきました。
車を停めて長いジャングルの中の道を歩き無人池に到着。
池の管理小屋へ行き持ち主のおじさんに挨拶して釣りをさせてもらう。

思い思いの攻め方をするが一向に魚が掛からない。
先週、AKIRAさんがでかいのをかけたのだがコンディションが違うみたい。
風が強く際を攻めると糸が風で流されてマングローブの木に絡まる。

CHINUさんが船を借りて木に引っかかったルアーの回収に行くが悪戦苦闘している。

だーれもアタリがない中、GUREさんが「ヒット!」
なんでしょうね?
バラクーダでした。9時2分。この池では初バラクーダ。いるんですね。プロハンターのミノーです。
(ショアラインシャイナーだと思っていたら訂正が入りました。すんません。)
しかし、ほかの3人にはアタリなし。
風が非常に強くなる。

GUREさんも引っ掛けてしまい、CHINUさんと同じように舟で出るが風上に進めず断念。

この池では釣りにならないし、このまま帰るわけにも行かないしってことで場所移動。

通称「キャサリン横池」へ行く。

結構釣ったと言う話を聞くんですがあまり釣れるイメージがないんですよね。
あさいし。

マングローブの根っこに乗っての釣りで足場が結構悪い。
GUREさんがまたまた「ヒット」
小さいけどバラマンディ。10時45分。
ショアラインシャイナー。(←AKIRA化してるよ!)訂正!プロハンターのミノーでした。

私もがんばってマングローブの根っこに陣取って投げるが食ってくれない。

CHINUさんは攻めすぎてまたまたルアーを木に引っ掛けてしまい出航。
 いってらっしゃーい!

そうこうするうちに瀧本さんが「来ました!」
うーん、そんなところで魚が来ますか?!というような浅いところで釣り上げる。
すご!

バラマンディ32.5cm、11時44分。エコギアのミノー。

うーん、サイズは小さくても私も釣りたい。
ルアーを見ると二人はシルバーボディに青背。
今日の手持ちにない色ですな。
似たようなのということでルアーをセットして投入。
着水後、スローでリトリーブするとアタリがあり無事フッキング。
ふぅ。
25cmくらい?のバラマンディ、11時50分。

その後も瀧本さんが2匹上げて今日は終了。

なかなか思うような大物には出会えないものです。

このあと、全員で7区のルアーショップに行きました。
追記;ここでGUREさんがショアラインシャイナーを購入しました。


2014年3月15日土曜日

ホーチミン近郊での釣り カンヨー河原 3月15日

最近のため池での不調から今回は河原へ行くことにしました。
メンバーはGUREさんと私、そして河原初釣行のMさん。
6時に7区のTan My市場で待ち合わせしてエビを買う。

ん?!
ピーコックバスやん!
いるという噂は耳にしていましたが実際に目にするとやはり驚きです。しかも市場で食用として売られていました。

エビを購入し一路釣り場へ向かいます。
7時半くらいから釣りを始めます。
サヨリが結構いるのですがアタリが出ません。
GUREさんがアタリがあったということでちょっと気合が入ります。

今日は浮き釣り一本と磯竿一本の2本、時合いにはルアーを投げようと用意していきました。
浮き釣りを置き竿にして磯竿は浮きを使わない脈釣りで底を取りながら探っていきます。
対するGUREさんはブッコミと浮きつりの2本立て。

ブッコミの竿をもったGUREさんが「釣れてます」とぼそり。
釣れたのは、フォーバンデッドタイガーフィッシュ通称ポロタン。8時33分。
ここで釣れるポロタンにしては、アベレージサイズ。リリースです。

やばい、GUREさんボウズ逃れしたやん。

磯竿で探り続けて底から少ししゃくった瞬間に手元に違和感が伝わる。
”食ってる”
竿先が徐々に徐々に絞り込まれる。
食う際に魚に違和感を感じさせないように少しずつテンションを緩めるとどんどん引き込んでいく。
勢い良く絞り込まれたところで軽く竿を引くと魚の手ごたえ。
よし。
 12cmくらいかな?クロダイ。8時48分。リリース。
VAD登録すれば今なら入賞できるのですが、何か恥ずかしいやね。


置きっぱなしの浮き釣りの竿を見に行くと餌が取られている。
嬉しい兆候ですね。
磯竿を置き竿にして餌を取りに行く。
エビの触覚を短かくしてから針につけようとしていると向こうに置いてきた磯竿の竿先がぐいぐいしなっている。
どわ!

エビをほっぽりだし、磯竿のところへ駆け寄る。
まだ竿がギュインギュインしなっている。
なんじゃこりゃー。
竿を手に取り立てると根にもぐりこまれたわけでもなくしっかりとした魚の手ごたえが伝わってくる。
昨日買ったばかりのPENNのCONFLICTを巻き巻き、ここではそこそこいい型のクロダイ。
クロダイ22.5cm。VAD1位ですやん。すぐ抜かれるやろうけど。

データ
ロッド:シマノ ボーダレスBB 495MT
リール:PENN CONFLICT 2000
ライン:VARIVAS VERMAX磯2.5号
ハリス:シーガー 3号
錘:1号
ハリ:がまかつ 管付きチヌ6号


なんかアタリが出だして忙しくなってきたので時合い到来と考えて浮き竿を出すのをやめる。
磯竿のほうは毎回アタリがあるのだが食い込みが浅くエビの胴体だけ食べられる。

ていうか、エビがでかいのな。
しかし、あくまで狙いはバラマンディ。
回遊してくるチャンスを信じてこのままの仕掛けで続けるのだ。

こういう状況がずーっと続き、暑さが増してくる。

ルアーのみでがんばっていたMさんも、くじけている。
12時半までがんばるがそれ以上の釣果はなし。

買ったエビもほとんどなくなり久しぶりの河原釣行でしたが、魚の活性はそこそこあって楽しめました。




2014年3月9日日曜日

3月15、16日釣行予定

3月15日、16日も釣りに行きます。

15日はカンヨーの河原へ久しぶりに行ってみます。
バラマンディを始めチヌ、ハタ、マングローブジャック、フォーバンデッドタイガーフィッシュなどが釣れた実績のある場所です。
浮き釣り、ブッコミ釣りなどで狙います。

16日はおそらくルアーでのため池釣行になります。

参加希望の方は、右のメールフォームか、コメント欄に書き込みしてください。

よろしくお願いします。

VAD 釣果報告 2014年3月9日

久しぶりに釣果報告が届きました。
乾季に入ってからなかなか釣果が出ていなかったのですが、テトが明け、日差しが強くなる中でようやく釣りシーズン開幕と言ったところでしょうか?

まずは、サイボーグ明(AKIRA)様の釣果から。


 魚の頭が右向いていたりメジャーが逆さまだったり、サイズが釣果報告に書かれていなかったりして、登録できません。釣果登録ページはこちら。

エントリーコースはバラマンディ陸。
場所: カンヨー An Thoi Dong 地区ため池
時間: 11時頃
ロッド: メジャークラフト KGライツ黒鯛762ML
リール: シマノ ステラ2500HGS
ライン: サンライン キャスタウエイPE06
ルアー: シンキングミノ~7cm.13g

本日は、もう一名、GUREさんがようやく今年初のベトナムでのバラマンディを釣り上げました。


 バラマンディ27.5cmです。
エントリーコースはバラマンディ陸。
場所はカンヨー県An Thoi Dong地区
時刻は12時45分です。
使用タックルは、
ロッド:Major Craft CRK-904L
リール : shimano BBX type2 
ライン: VARIVAS AVANI Eging milky 0.8号 
リーダー: 東レ スーパーEX6号
ロッドは、VADに協賛していただいているメジャークラフトですが、レバーブレーキのリールというのが磯師らしいですね。ラインも協賛していただいているVARIVAS社製。

サイボーグ明様が0.6号、GUREさんが0.8号とメインラインはかなり細いものを使っていますね。

これでバラマンディ陸は1位、2位を明様、3位GUREさん、26cmで2位につけていた山本氏が圏外に脱落しました。

いよいよ、シーズンも本格化してきたようです。

まだまだトップを狙えます。
すでに参加登録している方も、まだの方もふるってご参加ください。



2014年3月3日月曜日

3月8日、9日 釣行予定

ほぼほぼ毎週行ってるのですが、念のために釣行予告です。
3月8日土曜日、3月9日日曜日にカンヨー方面へ釣りに行きます。
ルアー釣りでバラマンディ、チヌを狙います。
が、バラクーダやハタ、コトヒキ、ハゼなどの外道も釣れる事があります。
交通費は割り勘で、7区から15万ドン/人程度です。
朝早く出発し、昼過ぎに帰ってきます。


興味のある方は、コメント欄に書き込むか、右のメールフォームより連絡をください。