2013年7月28日日曜日

アジュール舞子で ガッシャン 7月28日

昨年のアジノマセでガッシャンに気を良くして、今年も高校以来の連れと二人でアジュール舞子。
スケジュールの都合で4時から6時くらいの飲み会前の2時間ほどの釣り。
昨年は、ノマセに懐疑的だった連れも、今年は自らノマセを提案してきたので了解。
エサもジュースも連れのS朗が用意してくれるという殿様待遇。
明石海峡向きの誰もいないところでサビキを出す。
アミエビを撒いても一匹もアジが見えない。
あれ?
ワンドへ移動して放り込むと、ぐわーって大量のアジが寄ってくる。
二人で移動してとりあえずアジ釣り。
アジ鈴なり。横で釣っていたチビちゃんに羨ましがられる。ふふ、羨め羨め。
弾も揃ったので、ノマセ釣り開始。

根がかりばっかりで魚は掛からない。
ふにゃーっ。

横で釣っていたS朗の竿が曲がっている。
何か掛かっていると上げたのは、サイズはやや小さいもののガッシャン。
明石大橋をバックに記念撮影。
一匹だったので横の家族連れに上げました。

6時半ごろまで粘るものの、それ以降は音沙汰無し。

半年振りの日本でスケジュールの合間に無理やり行った釣りですが、楽しめました。
めでたしめでたし。^^




2013年7月21日日曜日

カンヨーで釣り Cau Ca o Can Gio 7月21日

予告していた釣行に4名の参加者が集まりました。
3回目だけどまだ釣果に恵まれないSさん、常連メンバーのAKIRAさん、ルアーマンの水面さん、創刊50年の業界誌「月刊タニシ」編集長のMiwaさんの5名。
5時半に7区を出発し、市場でエビを仕入れて出動。
小雨交じりの中釣り場へ到着。
AKIRAさんと私は、これまでの浮き釣り一辺倒の姿勢から、もう少しボトム付近を狙うべく新しい仕掛けで臨む。
AKIRAさんは、浮きに長さの違うハリス二本で魚のいる棚を探る方法。
私は、ブッコミ胴付き仕掛けで底から50cm程度の深度をエリアで探る方法。

Sさんの仕掛けを作った後、自分の仕掛けの準備を済ませて、ヘビーアクションロッドででっかい錘つきの仕掛けを投入。
ボトムを取ってしばらく待ち、1回しゃくってボトムを取りしばらく待ち、を繰り返す。
何べんやってもなーんもアタリなし。
エビが浮き釣りに比べて早く弱っていく。
なんでや?

エビはめっちゃあるし、弱っていくのも早い。
とりあえず、誰か何か釣ってほしい。

浮き釣りのAKIRAさん、Sさんにはアタリが出ている模様。

MIWA君が「あー、ばれた」
ミノーを足元でピックアップしようとしたときにバイトがあったみたい。
ドラグは鳴ったもののフッキングが甘くばれたらしい。

得てして気を緩めたときに食ってきますよね。

そうこうすうるうちAKIRAさんの竿が大きくしなる。
ここでは良型(^^)のチヌ25cm。8:23
底付近で来た模様。
竿の短いSさんには難しい。
その後、立て続けに何枚かチヌばかり上げる。
今日はチヌ日?

私も横に失礼させてもらう。
胴付き仕掛けを下投げで放り込み糸を張って待つ。
何の前兆も無く竿が引き込まれる。
よっしゃ来たよ。
この引き方チヌかな?
ヘビーロッドやけどそれなりに引くので結構良い型かね。ひひ。
竿を立てていくと黒い魚体。
20数センチのマングローブジャックでした。9:38
これに気をよくしたので少し違う場所で同じように探る。
おっ!小さいけどアタリあるぞ。
もう少し食い込むまでと思って待つがその後が続かない。
竿を上げると根がかり。あちゃー。
仕掛けを切ってしまい、仕掛け在庫無し。
おわった。今日の俺。

浮き釣り仕掛けの浮きをはずしての脈つりに切り替え。
細かいアタリがある。
合わせるとチヌ5cmくらい。10:29
AKIRAさんにチヌバリ6号でそんなの良くかけたと褒めてもらえる。複雑。
雨が降り出し、タイムリミットの11時もすぐそこなので納竿。

今日の釣果は、

 チヌは全部AKIRAさんの釣果。このほかにも小さいサイズのを釣っているので一人勝ち。
私がマングローブジャックとチヌ2匹 。
Sさんは当たりは何度もあったもののモノに出来ず。
水面さん、MIWA君はルアーでの粘り強い攻めにもかかわらず魚に出会えなかった。

大潮付近釣行で久しぶりにバラマンディの釣果が無かった。

ボトム付近を攻めるというAKIRAさんと私の新しい仕掛けではAKIRAさんに軍配。
私の仕掛けでは錘負荷が重いので硬い竿が必要。
硬いと小さいアタリが捉えられない。
エサの早い衰弱も気になる。
もう少し、研究が必要。
MIWA君のルアーにバイトが合ったことからもバラはいたはず。
それを狙えていないということ。

積み石の間に落としてしまいました。
無いと不便ですね。
シマノ(SHIMANO) ラインカッタ...
シマノ(SHIMANO) ラインカッタ...
価格:990円(税込、送料別)



2013年7月15日月曜日

カンヨーへの釣行予定 7月21日

7月21日にカンヨーのホームグラウンドへ釣りに行きます。
どなたかご一緒しませんか?

コンディションは、月齢13日の大潮周り。
Tides4Fishingによると、
solunar period from 3:47 h to 4:47 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonset)
solunar period from 10:19 h to 12:19 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon down)
solunar period from 16:51 h to 17:51 h, high activity solunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 22:51 h to 0:51 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)
干潮7:25から満潮11:55までの上げ潮を釣ります。

スケジュール
5時半;7区出発
7時;釣り場到着
12時;納竿
13時;7区着(いっぱい釣れてたら橙おれんじへ持ち込み)

先々週の釣行で、浮き釣りにはまったく反応の無い状況でも少し沖合いの底付近?にはバラマンディの大物が潜んでいることが分かったので、その辺を狙う仕掛けに変更を思案中です。

初回参加に限り、道具の貸し出しも行います。
釣りに興味のある方、未経験者もOKですので、参加希望の方はコメント欄へご記入するか、右のメールフォームを利用して連絡ください。

2013年7月6日土曜日

カンヨーで釣り ルアー初ヒットそして、、、、 7月6日

釣行予告していたら、AKIRAさんと水面さんから同行希望の連絡が入りました。
仲間がいるほうが楽しいですね。
今回は全員バイクで行きました。

6時に7区を出発し、7時前に現場着。
水面さんとは現地集合だったのですが、一本後のフェリーで無事に到着。
私とAKIRAさんは浮き釣り2本。水面さんは漢のルアー一本。

水の色は先週とはうって変わって緑っぽい釣れそな色。
エサが良いのが手に入らず、そこが今日の不安点。

それぞれ竿を出す。
AKIRAさんが「あれ?浮きが沈んでる。」と竿を手に取ると「かかってる」
なんと
 いきなりのアカメ。ちっちゃぁ。+0.2ポイント程度ですな。7時12分。
さい先良いですねぇ。誰か釣れると集中力がアップしますし。
こっちは、アタリが出ない。場所をあれこれ変えてみるがなかなかアタリが出ない。
そうこうしていると、再びAKIRAさんの竿に当たり、竿がしなり魚が沖に走る。
この動きはアカメやね。
 無事、ランディングしたのはアベレージサイズ30cm弱のアカメ。ポイント+1。7時27分。
こっちもやる気を出すのだが、魚が食ってくれない。放り込む場所が悪いんやろね。
ようやく、私にもアタリが出る。軽くあわせると軽い手ごたえ。
ベビークロダイでした。とほほ。
 欲張りめ!リリース。7時27分。
 ここからアタリが出なくなり、あってもちょぼちょぼという状態が続く。
AKIRAさんは小物仕掛けにチェンジしてクロダイ4cm?セトダイ、クロホシマンジュウダイなどどれも小型を釣り上げていく。

10時半からが南中時刻の攻め時だが9時過ぎにはすでに活きエビがなくなっていたので仕方なく死にエサで釣る。
AKIRAさんの浮きにはアタリが出るが私のには出ない。
浮きがどんどん小型していく。
AKIRAさんは釣れる魚にあわせてどんどん仕掛けを換えて行く。

10時半の時合い開始に備えて、エサはほったらかしてルアーを始める。
11時には納竿しないと午後からの用事に支障が出る。

10時半からジグヘッドとグラブをセットして探るがなんのアタリも無し。
10時45分。後残り15分と短い時間をルアーチェンジすることにする。
いろんな層を探りたいのでバイブレーションを選択。
遠投性能バツグンで広範囲を狙えるので面白い。
ストップ&ゴーで速さを変えながら探っていくが来ない。
ベリハイ時刻の10時半を過ぎているので、来てよ。そろそろ。

ジャーク&フォールで攻めてみる。
半分ほど巻き終えてルアーもやや横に流されたので、根がかりを気にしてただ巻き&ストップで巻いていくと、カツン。明確なアタリ。
っしゃキターと思ったときには、
ジジジジジジジジー
ドラグが悲鳴を上げ竿は弓なりで糸がどんどん出て行く。
耐えるしかない。
糸の出が止まる。
ハンドルを回すとドラグが鳴って糸が回収できない。
あれ?根がかった?
え?なになに?
びくともせんがな。
根の付近に移動やね。
と糸を巻きながら移動していると再び竿がしなり糸が出て行く。
まだ掛かっている。
少しずつリール巻き取れるようになって来たぞ。
一瞬銀色の魚体が見える。
アカメ?
そう思った瞬間猛ダッシュが始まり、ドラグがなるより前にパチン
ラインブレーク。
あらららら。

天然河川でのルアーでの初ヒットであったが、惜しくも釣り上げることが出来なかった。
10時55分。
南中ですな。

ラインブレークしか箇所を見ると道糸とリーダーのノット部分という予想とは違い道糸途中で切れていた。
ありえないことだが道糸にこすれた傷が数箇所ついていた。

時間切れで帰宅。
帰宅途上でも何処で失敗したのか?そのことばかり頭から離れない。

いまんとこの結論は、
+ドラグの調整は、食いついた直後の走りに耐えており適正であったとする。
+沖に走らず、岸壁に沿って走られた。その後、根がかりかと思うほどの重さがあった。
このときに道糸に傷がついたと考えられる。
+その後、移動して糸ふけを取り、再び魚が走り出したがドラグを緩めず、そのままでファイトした。
+水面からの潜りこみダッシュで道糸の傷ついた部分に負荷がかかり、ラインブレーク。
バラシの原因は、途中でドラグを緩めず、そのままファイとしたこと。気持ちに焦りがあったこと。

ラインにナイロンの細いもの2号くらいを使っていたのも原因でしょう。PEの同号数なら切れていなかったかもしれないし、PEといえどもスレには弱いのでやはりばらしていたかもしれない。

悔しいが、経験不足のためばらしたとしか言いようがない。
魚との出会いはまさに一期一会。
一瞬のために備えを怠れば、掛かった魚を取り逃がしてしまう。
小魚しかつれない中、大物を狙って、掛かって、最終的にばれてしまったが、ルアーで釣れるという実感を得られたのは、収穫でした。
家に帰って、このブログ書いている今も興奮冷めやらぬ感じなのですな。わはは。

ちなみに今回のタックル構成は、
ロッド;ダイワ トライフォース 6.6ft First taper Medium action
リール;Abu Garcia Cardinal 102

道糸;ソラローム ブッシュランナー 8Lb
リーダー;トヨフロン スーパーL EX 5号

面白くなってきたな。

2013年7月3日水曜日

ベトナムスケッチとビナBooサイゴンで紹介していただきました。

コツコツとブログアップしていたら、いつの間にか釣り仲間が出来ました。
ちょくちょく釣れた魚を持ち込んで料理してもらっていたら、その店のシェフからベトナムスケッチさんに紹介していただき、ブログ紹介してもらいました。
集まった仲間と釣り会をした釣堀のオーナーと知り合い、今度はビナBooサイゴンでもブログを紹介していただきました。

人との出会いの不思議さを感じるとともに、良い人たちに出会えたことに感謝しております。

1つ年を取ったところで、あらためて感謝の意を記させていただきます。
カムオーンにゃ!

【釣りオフ会&収穫祭でお世話になっているお店】
橙 Orange オレンジ
2B1 CHU MANH TRINH ST.,
BEN NGHE WARD,
DIST1, HCMC

メニューには無い魚料理を気持ちよく、味良く、盛り付け良く料理していただき、釣った後も楽しめる釣りのサポートをしていただいています。
ありがとうございます。

【ベトナムスケッチ】
「ベトナム在住者ブログ紹介 Blogger 012. ベトナム100 倍速!」
 オレンジの増田シェフがスケッチ編集部の方に私のブログを紹介していただき、ブロガーに5つの質問の連載コーナーで紹介していただきました。
さすがスケッチ。ブログのアクセス数がアップしました。
ありがとうございます。

【ビナBooサイゴン】
ベトナムは釣天国? その23 ブログを通して、釣りの輪を広げる」
 スケッチさんの取材を兼ねての釣り会でカンヨー県のバラマンディのルアー釣り専用釣堀に行ったところ、そこのオーナーの一人がビナBooの同コラムを書いている人でした。この方がビナBoo購読の方はご存知の通りの釣り好きで、自ら釣具店を経営、さらに釣堀をプロデュースという興味深い人。図らずもスケッチ編集者とビナBooのコラムニストが出会う結果になり、スケッチ7月号で巻頭の「ベトナムの日本人」で紹介されることに。逆に、ビナBooの釣りコラムで私のブログを紹介していただくことになったという次第で、ブログにじっくりと目を通されてなんかすごいことしているような記事を書いていただきました。ありがとうございます。

釣りを通していろいろな方と知り合いになれました。
本当に不思議な出会いと広がりです。
ブログを通して知り合いになった釣り仲間もそれぞれ開拓者精神の溢れる方で頼もしい限りです。


最後に一言。
カムオーンにゃ!

釣行予定 7月6日 カンヨー

先週は、惨敗。><
めげずに今週も行きますよ。

solunar period from 3:48 h to 4:48 h, high activity solunar activitysolunar activity
minor period (moonrise)
solunar period from 10:15 h to 12:15 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity
Major period (moon up)
solunar period from 16:43 h to 17:43 h, high activity solunar activitysolunar activity
minor period (moonset)
solunar period from 22:39 h to 0:39 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity
Major period (moon down)

ベリハイ時刻は10:15分から12:15分。
午後から予定があるので、夜明け後のベリハイ前から狙います。

狙いは、アカメ(バラマンディ)+チヌ。
延べ竿+リール竿の2本仕立てで行く予定。

7時50分に干潮、12時15分に満潮で、上げ幅はそれほど大きくなく、先々週と同じようなコンディションですね。

6時くらいに7区出発、11時くらいに納竿で12時くらいに7区へ帰る予定です。

どなたかご一緒しませんか?