2013年2月9日土曜日

アジュール舞子で釣り 2月9日

寒い寒い中、友人とアジュール舞子へ釣りに行ってきました。
狙いはカレイ、でっかいカレイ、そしてでっかいガシラ。
旧暦の大晦日で大潮ですね。
おなじみTides4Fishingで見てみると
solunar period from 5:36 h to 6:36 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity minor period (moonrise)
solunar period from 11:06 h to 13:06 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity Major period (moon up)
solunar period with influence from 16:37 h to 17:37 h, very high activity solunar activitysolunar activitysolunar activity minor period (moonset). This period of high activity coincides with sunset; therefore the sun will exercise more influence, resulting in an excellent time for fishing

うぉーっ!ベリハイ3連発。行かずにおれるか!?
朝は早すぎて寒さでくじけるので無理。
夕方は飲みに行く約束があるので無理。約束なくても寒いので無理。
残る11時から13時が南中で期待できるかな。
冬の日差しをポカポカ浴びながら釣りというのもまた良いよね。

10時に友人と待ち合わせして橋の科学館横のベランダへ。
とにかく日なたへ向かう。
投げ釣り2本針仕掛けにマムシを掛けて投入。
もう一本は壁際にガシラ狙いでちょい投げ仕掛けを青虫で投入。
その辺を歩いて他の釣り人の様子を聞きに行く。
だーれも釣れてへん。
アタリもまったくなし。

釣り場に着いたときにはなかった雲が徐々に出てきて日陰になる。
さむ~。
二人ともまーったくアタリなし。

忍耐切れるな。

アタリはないけどエサは取られてる。
何のエサ取りや?

定期的に誘いを掛けながら探っていく。

チョイ投げ仕掛けがなにやら重い。
なんか掛かったかな?
頼むから釣れてよね。
グイグイグイグイ、リールを巻くと。
あのなぁ、
ヒトデ。ガッツりエサを咥えこんでいる。
あらら。

13時半ごろまで粘るが、二人ともまったくアタリなし。
寒さにくじけて、納竿。
ラーメン食って帰る。
はー、さむー。
またもやボウズです。

敗因?
水温下がりすぎでしょね。



2013年2月2日土曜日

ホーチミン周辺で釣り 2月2日

事前予告したとおり、14時半に7区スカイガーデン前で集合して釣りに行ってきました。
友人のSさんと当ブログで参加申し込みのあったAKIRAさんと3人。
フェリーの待ち時間もなく順調に釣り場に着き、そばのジュース屋にジュースを買いに行くとそこのおばちゃんが
「釣りか?」
「そや、今日なんか釣れた?」
「だんながアカメ釣ったで」
「ほんま!?見せて。」
で冷蔵庫の中を見せてもらうと半分に切られた下半身のみのアカメが。
だいたい25cmはあるな。
40-50cm程度か?
ええ型やぁ。
「何時ごろ釣れたん?」
「10時ごろかな」
礼を言い、釣竿のセットアップ開始。
1本目をAKIRAさんに、2本目をSさんに、3本目を自分用にセットし、浮きを流す。
その後、小物狙いようの延べ竿2本をセットアップして1本をAKIRAさん、もう一本を自分で使う。
準備が終わったところで釣り場の偵察。
?逆か?まぁええわ。
水は泥色ににごっている。
昨年釣ったときも結構にごっていたのでそれはかまわない。
しかし、ちょっと嫌な予感。
サヨリが一匹も見当たらない。
サヨリがいる=汽水=海水魚がいる
という判断なのでもしかして淡水?ナマズ潮?との不安がよぎる。
二人にその旨を伝え、力を抜いてもらう。
とそのとき、ジュース屋のだんなが大声を張りあげて寄ってくる。
「釣れた!」
うわ!アカメや。25cm程度と小さいものの紛れもないアカメ。
やられた。
しかし、3人ともモチベーション少し上がる。
当然のようにおっちゃんの近くに場所移動。
しかし、アタリがそう簡単に出るわけもなく、、、、。
塩分濃度を測ってみると
1.004。よし、塩分あるやん。
とか言ってるとAKIRAさんが「小魚がいます」
見るとサヨリが2匹。
おぉ!いい潮が入ってきたか?





と期待しましたが、それ以降まったくアタリはなし。
日も沈み、夕まづめの活性アップを期待しましたが、まったくアタリなし。
18時20分ごろ納竿しました。

結果:ボウズ

塩分はあった。時合いはよかった。サヨリがいなかった。
どうして魚がいなかったのか?
小魚がいない=エサがない=大きな魚もいない
なのですが、どうしてサヨリがいなかったのか?
そこが不明で居心地悪い。

釣れた魚をどこかへ持ち込むという夢は崩れ去り、7区の韓国レストランで焼肉で残念会。
釣りたかったら釣りに行け!釣れなかっても仕方ない。 というわけですね。
ビールうま!

時間;14時半-19時半
費用;8万ドン(フェリー代+エサ代)/3人
安く夢が見られますな。
わはは。