2012年4月22日日曜日

ホーチミン周辺で釣り 4月21日

SFC(サイゴンフィッシングクラブ)の定例釣行があったのですが、午後からブンタウへ出発というので、手持ちのタックルでは釣りが成り立たないので、カンヨーのいつもの場所に行ってきました。
Tide 4 Fishing.comのSolunar Chartは次の通り。

朝は日の出と月の出が重なるものの干潮、正午ごろに月が南中。
AndroidのTime2Fish
では、10時20分ごろから13時ごろまでの3時間ほどが最高の時間だとされている。月の南中時刻11時40分を中心に前後それぞれ1時間20分となっている。

6時ごろ市場で活きたエビを200g(3万ドン)購入し、エビ活かしクーラーに入れて釣り場を目指す。
フェリーはあと一歩というところでゲートが閉ざされてしまい15分ほどロス。
釣り場に着くと土曜日だからか誰も居ない。独り占め。

ハタ、アカメ狙い大型浮き仕掛け2本、クロホシマンジュウとセトダイ狙いの小さい浮き仕掛け1本体制で臨む。
が、暑い。
市場でエビ買っているときから汗かいていたのですが、汗がぼたぼた落ちてくる。
8時くらいから始めるが、当たりは無い。
サヨリが水面を泳いでいるのだが、だめ。
活きたえびを放り込んでも魚が食う前に死んでしまうので、一本に絞る。
時合いを待つが、暑い。
すでにTra Xanh 0度を一本開けて、オレンジジュースに突入。
10時くらいから活きエビ投入。潮が徐々に上がってくる。
小物用の軽い浮き仕掛けに剥きエビを掛けて当たりを待つ。
が、暑いだけ。
待てども待てどもあたりが出ない。
修行というレベルの暑さやな。
そうこうするうちに、小物仕掛けに当たりが出始める。
浮きがピョコピョコと不自然な動きをし始める。
来たな。
とスーッと浮きが消しこみ、合わせると手応えあり。

クロホシマンジュウ。10時40分。
よし!昨日買った管つきチヌで正解。
そのあとも、当たりが続くがハリがかりしない。
しかし、さっきまでまったく当たりがなかったのに、時合いになるとあたりが頻発するって、やっぱりやみくもに釣りに行ってもダメやね。
朝からこの時合いを待っていただけに、モチベーションも保ってるしね。
と言いつつ、トロケそうに暑い。
そうこういいつつもう一匹。

潮が満ちてくるのですが、徐々に上がるというのではなく、小刻みに潮位が上がります。
上がる直前には引き波のように一旦下流に向かって強い流れが出来て、そのあと急激に潮位が上がります。
しかし、今日は潮の色が悪い。
緑っぽい色ではなく、泥色。

大型の浮き仕掛けには何も反応が出ない。
おそらく、この時合いにこないということは魚が居ないのであろう。
とか考えていると、目の前の泥の中をナマズがふらふらと舞っている。
えぇっ。ナマズ潮なのか?
そのうち、小型狙いの竿にもあたりが出なくなる。
14時。
ああ、終わりやね。
これから満ちていったらまた夕方に日の入りと月の入りの重なる時間帯があるけど、淡水魚じゃ魅力無いな。
納竿。
すでにオレンジジュースを開けてしまい、ミネラルウォータも一本開けてしまった。
Tra Xanh0度の2本目に突入。
暑すぎる。
帰ってからの水シャワーがめちゃくちゃ気持ちよかった。

ちなみにクロホシマンジュウ2匹は、リリースしました。

2012年4月15日日曜日

ホーチミン周辺で釣り 4月15日

久々のカンヨー(Can Gio)へ釣りに行く。
5時にかけた目覚ましをぶっちぎり、6時過ぎに目が覚める。
AndroidのTime2Fishでは6時台67ポイント、7時台70ポイント、8時台60ポイントが朝のピークタイム。
Tide4Fishing.comでは8時くらいがお魚マークが多くついています。

家から釣り場まで1時間ほど掛かるので釣り場到着は7時過ぎ。
つらいな。
でも12時くらいにまた喰いが上がるのでとりあえず出発。
途中市場でエビを200g(4万ドン)購入し、おがくずに入れて釣り場へ向かう。
Binh Khanhのフェリー乗り場が混んでおり、2便待ってようやくカンヨーへ渡れる。
釣り場到着8時前。

釣り人が結構居る。昨年はじめてきたときは誰も居なかったのにね。
釣り友の兄ちゃん(俺から見てね)が”おぉっ Ash!、今から船出すぞ。お前も行くやろ?"
え?船て。今、釣れる時間ぎりぎりのとこやで。今から船乗ると釣り時逃がすよ。と思いつつ、
「行く行く!」調子よすぎやろ。
船を待つ間に、陸釣りしている人らが何かを掛けた。
見に行くとうつぼ。アナゴみたいな体に模様の無いウツボ。
2匹がいっぺんに掛かっていた。
やっぱり釣れる時間帯やん。しかも海水魚が。
うぅ。
ポンポンポンポンとディーゼルの音が近づいてくる。
船に乗り込み釣り場を目指す。
船に乗って風を浴びれば気持ち良いのなんの。
ちょこっと河口側へ移動し、釣り開始。
流れが速い。めちゃはやい。ホンマはやい。ので捨てオモリ式の投げ釣り。
エビ丸がけには当たりが来ないが、剥きエビ仕掛けは一投目から当たりが出る。
が、小さい当たりで、エビが少しずつかじられて小さくクチャクチャになっていく。
大物狙いと心に言い聞かせあえてハリは変えずにでかいまま。
投げては待ち、投げては待ちを繰り返す。
船を舫っている木の陰で風を受けながらゆらゆら揺れていると眠たくなってくる。

プチ天国! ビール欲しい。

12時過ぎまで粘るが、粘っても食い気の無いときには釣れないのですよ。
ま、のんびりした気持ちのいい休日です。
兄ちゃんがインスタントラーメンを炊くコンロまで用意していたのに、水を持ってくるのを忘れて、戻ることにする。

戻ってから、一本は投げ釣り。一本は浮き釣り。
浮き釣りで岸壁沿いを探っていると浮きには出ないが竿先と手元にこつこつと当たりが来る。
合わせるが乗らない。
ハリを小さいものに変える。今日は丸セイゴの12号。そこにエビの剥き身を細かくちぎってつける。
当たりはバンバン出るのだが、小さい。
まわりのベトナム人は「こいつ浮きも沈んでいないのに何してんねん」てな不思議なものを見る目つきで見ている。
いやぁ、当たりが手に伝わる釣りって良いですねぇ。
餌とられても面白い。
エビを一匹使い終わるところで、ハリに乗る。
掛かると同時に横走り。よっしゃ。

クロホシマンジュウダイでした。体高のある魚はサイズの割りに引きがあって面白い。
魚の名前は例によってWEB魚図鑑で調べました。
なお、ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑
によると美味しいそうです。
手のひらサイズでしたが、35cm程度まで大きくなるそうです。
ベトナム語では「カーナウ」だそうです。
釣り友の兄ちゃんが「カーナウは釣るの難しいのによう釣れたな!」と言われたけど、
みんなが使っているようなカッチカチの竿では当たりが取れないから釣れないの当然。

しかし、河といいつつ、ここでこれまで確認できた魚は
クロダイ、ナマズ、毒ナマズ、セトダイ、ハタ、クロホシマンジュウ、サヨリ、ウツボ。
懐の深い釣り場です。

セトダイやクロホシマンジュウ狙いで延べ竿で釣るのも面白そうです。

ブンタウ周辺で釣りとバーベキュー 3月31日

SFC(サイゴンフィッシングクラブ)の3月定例釣行ですが、今回は、溶岩石焼肉でお馴染みの磊磊(らいらい)とコラボで出張焼肉 ”磊磊(らいらい)モバイル”のトライアル?!

この前見つけた、ホテルフロントのビーチでキス釣りをしました。
結果は、会長2匹、古参メンバー2名それぞれ1匹。一名がコトヒキ1匹。私とゲスト2名ボーズ。
と毎度のことながら惨憺たる結果。

で、
磊磊(らいらい)モバイル。月明かりのなか、潮風を受けながら、炭火焼で食べる焼肉はサイコーでした。

今回も敗北。うぅ。