2017年12月3日日曜日

カンヨーでいつもの池 12月3日

カンヨーにはまだ行っていないため池がいくつかある。
どうやって行くかが課題なのですが、当たって砕けろで船溜まりのあるある橋の袂へ行く。
今日のメンバーはABUさんとネジさん。
適当な道を歩いていくと壁に「釣り船」と書いた店がある。
覗いてみると年配の夫婦が居たので「釣りに行きたいんだけど」と切り出す。
最近は、自然を利用したため池がどんどん廃業になっていることを教えてくれる。
以前は釣船でも生計がたったが最近はあまり人が来ないので釣り船業ではやっていけないことなども教えてくれる。
その店を後にし、橋の下で営業しているコンビニで店主にどこか釣りに連れて行ってくれる船知らない?とダメもとで聞いてみると「聞いてあげる」と誰かに電話。
今日は潮が引いて出られないけど、いくつかため池を知っているから早めに行ってくれれば時間を教えるよ。ということで店主の電話番号をゲット。
あー、RPG的な展開ですな。

もう一カ所、本流攻め出来るカセのある釣り場に行こうとするが道が悪すぎる。一度スタックしたこともあり、断念。

結局、いつもの無人池に行く。

水門が開いておりいい感じ!
本池を攻めるが反応なし。
横の池で小型のミノー引いているとカライワシがヒットするので面白い。
しばらく遊んでいるとようやくフッキング。
引きが違うよね?と思ってあげてくると
バラマンディでした。20㎝もないかな?9時1分。

本池に戻りひたすら投げ続けることに。
ポッパー、ミノー、トゥイッチベイト、スプーンなど投げ続けるが来ない。

水門攻めをしていたABUさんが戻ってきて一投。
着水したところで水しぶきが上がる。
そこそこの型のバラマンディがジャンプするのが見える。
ランディングのフォローをして無事キャッチ。


体長: 47.4cm
時刻: AM10:30
場所: カンヨー 無人池
えさ・ルアー: アイマサスケ烈風 105s
タックル: ロッド、ツララ ジェットセッター61S リール、16メタ二ウムMGL ラインシーガーPEX8 2号
一言: 初、天然でした。

おー、初天然でしたか!?ブンタウやタイの釣堀で結構釣っているイメージがあったので意外でした。
現在の2位のバラマンディが46㎝なので、塗り替えですね。
ABUさんが47.4㎝でバラマンディ2位に入り、KJさんが46㎝で3位。ジュニアさんの45.5㎝が圏外に転落。

12時ごろまで粘って、結局、この一匹で終了でした。

渡し船の電話番号ゲットで新規開拓に一歩前進!

2017年11月26日日曜日

新境地!カヤックフィッシング 11月26日

釣り場で知り合ったオーストラリア人がカヤックフィッシングに誘ってくれる。
サイゴン川の河口域でカヤックでカキ養殖棚を狙うという。
朝6時から夕方6時までずーっと船の上でした。

誘ってくれたオーストラリア人はバラマンディ他、チャイロマルハタ、マングローブジャックの良型を合計7匹ほど釣っていました。

同行のポプラさんはマングローブジャック2匹、私はボウズ。

時間長いなと思っていましたが、なんだかんだであっという間でした。

追記;カヤックに乗り込むときから臭いニオイ。船着き場のにおいかと思っていたのだが漕ぎだしてもクサイ。ポプラさんに聞くと「えー、そうですか?」って。あれ?俺だけ?
左足に犬のウン付いてました。最近良く踏む。
これで今日は釣果確定的!とか思っていたのですが、釣れることもなくしばらく時間が過ぎる。
ずーっと臭い。
ペダルで漕ぐたびに臭い。
ほんまクサイ。
で、川の水で洗い流しました。
運をきれいさっぱり洗い流しました。
コレが敗因?
いやいや、踏んだ時点で運が付くと考えるか、それとも運が尽くなのか、もしかして踏んだということ自体すでにその日のウンオーバーなんでしょうな。

気を付けましょう。


2017年11月25日土曜日

カンヨーため池で黒★マンボ 11月25日

ポプラさん、水面ちゃん、KJさん、私の4人でお馴染みのカンヨーの無人池釣行。
池に着いて私が2本のロッドを準備していると1本ロッドの水面ちゃんが、さっそくヒットさせている。

あとで聞いたのですが、水面でエビが飛び跳ねているのを見かけてそれをめがけてキャストしたところトップで出たそうです。
オリジナルチューンのグラスロッド ”トップ三昧”にオールドアブ。渋いですねぇ。6時21分。

1時間ほど陸で粘ってから船に乗る。

チヌが居そうなところを狙うが出ない。
水面でエビや小魚が跳ねているところを狙うがバラが出ない。

チヌが居そうなマングローブ際を狙って水面ちゃんがキャストすると何かヒット。
バラ?
小さいけどバラマンディでした。8時14分。


先週とは逆で私にはアタリもないや。
ミノーに変えてストップゴーで引いてくると何かヒット。
手ごたえが微妙で小さいのは確実!コトヒキかな?
クロホシマンジュウダイ?尻尾がないやん。
傷口は完全にふさがっていたのでかなり前にやられたのでしょうが、何に食われたのでしょう?
この形状、クロホシマンジュウではなくクロホシマンボウとでもしておきますか?
ルアーに食いに来る魚ではないし、群れで泳いでいたところジャークで引っかかったのでしょう。
尾びれがあれば逃げられたのかもしれません。
リリースしましたよ。頑張れ。

風が結構強い中船を奥に進めていく。
 11月も終わりだというのにアホほど暑い。

チヌが絶対いる!的なポイントで水面ちゃんのルアーに激しい音で出る。
いいっすねぇ。
これも30㎝くらいか?バラマンディ 9時42分。

私にもチヌのバイトは出るがハリに乗らない。
小さいんでしょうね。
それにしても先週からキャストが決まる。

あるポイントでようやくちょっとはやる気のあるバイト。
一回目で乗らずそのままアクションしていると2回目のバイト、そしてフックアップ。
 やっぱり小さいチヌ。10時9分。ルアーは安定のマグナムポップR P65。

この後、水面ちゃんが20数センチのバラマンディをキャッチ。

10時半ごろ陸に戻りKJさんとポプラんさんが船で出る。
ポプラさんが小さいながらもバラマンディキャッチ。さすが。

KJさん、今朝土手にある犬のウンをけり落としていたんですよね。
運付けてたら良かったかもしれませんが、運を落としたのがダメだったのかなぁ。


11時半ごろ納竿。

2017年11月18日土曜日

出た?カンヨーため池 11月18日

アルミ親父さん、ライトさん、水面ちゃん、私の4人でカンヨー無人池。2週連続。
先週と同じで水位が高い。
違うのは水門が開かれて水が動いている点。
これはいける!
と思ってとりあえず管理人のおっちゃんに挨拶。
夜通し作業していたのか眠っていました。

さて、釣り開始。
小魚が跳ねていたり、エビが跳ねていたりするのですが、ルアーには来ない。

水門打ちしていたアルミ親父さんもダメだったよう。

水面ちゃんと船で池の奥の奥まで行ってみる。
途中、チヌがトップで出るけど、以前よりも出が悪い。
キャストはなんかメチャクチャ決まるんだけれど魚は出ない。

これまで行ったこともない池の奥の奥まで行くと、嫌な臭い。
ヘドロの臭い。
オールで水をかくと底から黒い泥が巻き上がってさらに臭くなる。
硫化水素ですわな。

こんなところで魚もいないはずで戻る。
帰り道でコトヒキ一匹、チヌ一匹。
水面ちゃんはデカバラ狙い撃ちタックルだったこともあってノーヒット。

岸に戻るとライトさんにルアー回収を依頼される。
しばらく糸に絡まりながら頑張りましたが、どう頑張っても取ることが出来ずロスト。
すんません。

で、ライトさんは今年初の天然バラを2本上げ、ドラグ出されてフック伸ばされてバラシ1本。
このバラした一本がむちゃくちゃデカかったそうです。

まれに出るこういった一発を獲れるか獲れないかが勝負の分かれ目ですね。

1時まで粘って終了。
ライトさん以外は負け。いや、ライトさんも一番取りたかった一本をバラしたのでやや負け。

2017年11月12日日曜日

カンヨー坊主 11月12日

定例会で先週、アルミ親父さん、ヒノキさん、ネジさんらがバラマンディ4匹釣っていい思いをしたらしい。
と言うわけでホットなうちにカンヨーの同じ池に行ってきました。

KJさんと二人でバスに乗っての釣行。

管理人のおじさんがいなくて水門が閉じたままで水が全く動かない。
そして水位がいつもより30-50㎝くらい高い。

あさいちばんでエビが跳ねてるところを狙ってポッパーで一回バイトがありましたがそれだけ。本当にそれだけ。

KJさんは水路でチヌをゲットしたらしいです。

暑い中、本命バラは釣れることなく12時納竿。