2018年5月11日金曜日

釣果登録 ドーンと紹介? 5月11日

日本に休暇で帰国している間に、べトナムにいたメンバーが結構釣って釣果登録が届いているので紹介します。

アルミ親父さん
釣行日:5月6日
魚種:鬼あじ(←オニアジ)
体長:34センチ
時刻:11時10分
場所:ブンタウ沖(ミンタン親父の船)
えさ・ルアー:東京湾さびき
ロッド:ストーム
リール:フリームス2500番
ライン:PE1.5号
リーダー:船ハリス5号
一言:美味しくなかった!

美味しくないですか、、、。
もう少し大きくないとダメなんですかね?

次は、ライトさん
釣行日:2018/5/1
釣果①
魚種:チヌ
体長:36.5cm
時刻:8:00
場所:フーミー池
えさ・ルアー:TIEMCO MIGHTY PEPPER 50 SP
タックル
ROD:シマノワールドシャウラ 2650FF-4
REEL:シマノ ストラディック CI4+ 2500
LINE:ダイワ モアザンPE0.8号
SHOCK LEADER:バリバスFC 20lb
一言:小型ルアーを使うようになりました。

これってVADのため池チヌレコードじゃないですかね?
あら、珍しく半ズボン。

釣果②
魚種:チヌ
体長:31.5cm
時刻:8:30
場所:フーミー池
えさ・ルアー:TIEMCO MIGHTY PEPPER 50 SP
タックル
ROD:シマノワールドシャウラ 2650FF-4
REEL:シマノ ストラディック CI4+ 2500
LINE:ダイワ モアザンPE0.8号
SHOCK LEADER:バリバスFC 20lb
一言:釣れると楽しい

ため池チヌが今年はアツい感じ?

次は、ジュニアさんからの釣果報告
5月6日
魚種、怪魚【名前わかりません】
体長24センチ
時間13:00
場所ブンタウ
餌、ルアージグサビキ
ロッド、ディアルーナ
ライン、PE2.5号
リーダー40lb

触って確認しましたが毒はありませんでした。

ここまで読むとどんな魚か?気になります。
何じゃこりゃ?
さて、正しい魚名は?
ユウダチスダレダイです。
香港、フィリピン、タイで釣れていますね。
VAD初登場の魚です。
航海長のナマズと合わせて珍魚賞の設定も考えないといけないかもしれません。

まだまだ続きますよ。

コンダオ遠征に行ってきたヒロヒロさんからの釣果登録です。
釣行日:5月6日
釣果①
魚種:GT
体長:53㌢
時刻:15時30分
場所:コンダオ島北西
えさ・ルアー:JACKSON ピンテールチューン40g シンキング
ロッド:shimano フルスロットル77M
リール:ステラ14000XG
ライン:PE5号
リーダー:50LB
一言:いずれ抜かれると思われるサイズです。まあ島裏で一つポイントを見つけたのは収穫ですね。
 なんか手の角度が、、、、
ヒラアジ部門、初釣果登録ゲットです。おめでとうございます。

釣果②
魚種:チャイロマルハタ
体長:29㌢
時刻:14時
場所:コンダオ島北東
えさ・ルアー:イカの切り身
ロッド:ゴールデンミーン アースシェイカー
リール:ブルーヘブンL30
ライン:PE3号
リーダー:40LB
一言:もっと大きの期待してましたが。。。。


 あー、ハタの部門も初釣果登録獲っちゃいましたね。

これで全部門、初釣果登録が揃いましたね。

さて、ここからは記録塗り替えで皆さんの活躍を楽しみにしております。

負けへんでぇ。

2018年4月25日水曜日

フーミー池で釣り 4月25日

22日日曜日にメガバスカップで玉砕してからの25日の祝日。
フーミー池へライトさん、アルミ親父さん、水面ちゃん、アブさん、KJさんと私の6名。
KJさんが今シーズンバラマンディを釣っており、アルミ親父さんはチヌ、ネジさんのバラクーダも出ているホットな池です。
船が2杯あったので、私はライトさん、水面ちゃんと乗り込み、もう一杯にはアルミ親父さんとKJさんが乗る。アブさんはおかっぱり。

船に乗ってストームのサンダースティックで水面ジャークしているとアタリがあるものの乗らず。その後しばらく続けるけどアタリなし。

別の船のアルミ親父さんの竿が曲がる。「あー、ドラグが出されるー」とか言って楽しんでおられました。

誰かが釣るとやる気出てきますね。

ライトさんは仕事のトラブルか、釣りする間もなく電話ばかりかけている。ご苦労様です。
水面ちゃんとあちこち回った挙句、バラクーダポイントと言われるあたりへ行く。
ときどきナブラみたいなのが出るのでその付近めがけて投げるのを繰り返す。
船の進行方向にナブラらしきものが有り水面ちゃんが投げたところヒット。
バラクーダ。
バタバタ暴れるのを無事キャッチ。

魚種:バラクーダ
体長:54cm
時刻:9時37分
場所:フックアン
えさ・ルアー:クランクベイト
ロッド:7ft.
リール:スピニング
ライン:PE0.8号
リーダー:ナイロン7号
一言:一撃でした

おめでとうございます。

ライトさんは仕事に決着がついたようで電話を切る。
え?誰か釣れたんですか?って。
後ろであれだけ魚が暴れてたのに気づいてなかったのね。
仕事人だわ。

その後、ライトさんはデカいチヌを掛けたもののバラシ。
アルミ親父さんとKJさんの船は二人ともそれなりに釣れているみたい。

12時ごろ納竿。
結局私はボウズ。

アルミ親父さんがいいサイズのチヌを釣っていました。
いいサイズだわ。
魚種:ちぬ
体長:30センチ
時刻:10時15分
場所:バラクーダー池
えさ・ルアー:CD5(ピーコックカラー)
ロッド:ストーム
リール:フリームス2500番
ライン:PE1.5号
リーダー:船ハリス5号
一言:また、ちぬです。

今年はラパラのCD5が強いですね。エサレベルの強さ。

バラマンディはこの池は少ないんですかねぇ。

2018年4月15日日曜日

釣れない。 4月15日

水面ちゃん、KJさん、Starさん、私の4人でフックアンの通称将棋池へ釣行。

 バラマンディの面影一切なし。
水面にもエビが追われて出る様子もないし、ダメ。

今回もメジャークラフトのトラパラと小型のルアーで参戦。小さめのハードルアーで小型でもいいからバラマンディ釣れないかと頑張りましたが、まったくアタリなし。
アジング用のワームに変えたところでようやくアタリ。
 ハゼ。7時51分。

しばらくこのワームで遊ぶ。
小屋の前で牙剥いた犬の近くでチョンチョンしていると再びヒット。




釣行日:2018年4月15日
魚種:ハゼ
体長:11.0㎝
時刻:8時19分
場所:フックアン 将棋池
えさ・ルアー:Reins アジアダー、月下美人ジグヘッド2g
ロッド:メジャークラフト トラパラ TPS-502LX
リール:シマノ 10ナスキー 1000
ライン:バリバス ソルトウォーター VA-G 8LB
リーダー:バリバス フロロカーボン 3号

超ライトタックルとは言えハゼでは楽しめません。><

他のメンバーも最後まで粘っていましたが、水門からの水が入るまでに時間切れで終了。

帰り道で食べたPho Vietという店のミーサオボー(牛肉入り焼きそば)が美味かった。

2018年4月8日日曜日

トラウトロッドでチビルアーで遊ぶ 4月8日

VAD2018シーズン開幕2週目。
航海長、水面ちゃん、ライトさん、H田さんと私の5名でカンヨー方面へ行ってきました。
フックアン方面へは3名がエントリーです。

みんな初釣果登録狙ってこぞって出かけるようです。

前回、水が少なかったという無人池ですが、ついてみるとほぼ満水。
いいんじゃない?

とりあえず、管理小屋のおっちゃんに挨拶に行くが、戸締りされていておっちゃんがいない。
無人池の名に恥じない無人具合。
顔なじみなので釣りさせてもらう事にして釣り開始。

それぞれ思い思いの方法でいろいろ攻めますが、出ません。
私は今日は、VAD2017の景品でもらったメジャークラフトのTrapala TPS-502LX
それに合わせて買ったシマノのナスキー1000、ラインは1.5号のバリバスナイロンで挑みました。

チヌトップほか小物のルアー釣りを開拓してみたいという思いもありまして、ルアーもこんな感じ。

ロッドもリールも軽いので楽ですねぇ。
飛距離は出ないですが、そういう釣りじゃないので構いません。
久しぶりのナイロンにちょっと戸惑ったりします。
ロッドのアクションのルアーへの伝達が明らかに違いますね。
昔はこれで普通に釣っていたんですよねぇ。

エビが時折り、何かに追われて水面を逃げ惑うのでそこにルアーを放り込んだりしますが、食ってきません。

でもエビが水面に集中している区域がいくつかあり、その辺に何かエビイーターが居るはずだと考え、エビっぽいヤツでボトムを探っていく。
数投やっているとバイトがありルアーを持っていかれる感触が手元に伝わる。
合わせるが乗らず。
うーん、ナイロンであれだけ魚信が来るということはPEだったらどれほど伝わっていたんでしょうね?
アワセも結構大きく合わせたけれどもルアー側ではそれほど伝わっていないかもしれません。

その後も次のアタリをもとめてしばらく投げ続けていると再びアタリ。
少しアワセを遅らせて魚がルアーを持っていくのを待ってから合わせるとフッキング。
よし。
ドラグが引き出される。
ちょっと出されすぎですね、いくらハンドルを回しても糸が巻けないのでドラグをもう少し締める。
でもまぁ、ナイロン1.5号なのとライトアクションのトラウトロッドなので無理せずやり取りして寄せて来て最後はリーダーを持ってキャッチ。
あなたでしたか。
コトヒキ、7時37分。
釣行日:2018年4月8日
魚種:コトヒキ
体長:21.0㎝
時刻:7時37分
場所:カンヨー 無人池
えさ・ルアー:ミニマル (改)
ロッド:メジャークラフト トラパラ TPS-502LX
リール:シマノ 10ナスキー 1000
ライン:バリバス ソルトウォーター VA-G 8LB
リーダー:バリバス フロロカーボン 3号
一言:VAD協賛3社のコラボパワーで釣れたのかな?

VAD2018初釣行は無事ボウズを逃れた嬉しい瞬間でした。

周りを見ると、おかっぱりで限界を感じたライトさんと航海長が船で出ています。

私は先週釣果の出ている水路にも行ってみるが水門が空いておらず魚の活性が感じられない、何度もルアーを通すけどアタリがなく、VADには登録できない閉鎖池で小魚と遊ぶ。

バイトはあるけどカライワシが乗らない。
粘っているとようやくフッキング。
巻いてくる途中で桟橋の脚に巻かれるが、フロロカーボンのリーダーのおかげで無事に引っ張り出すことが出来ました。
この池は天然か養殖か微妙なのでVAD登録はせずにリリース。
弱い魚なのですが元気に泳いでいきました。ほっ。

ライトさんと航海長が陸に戻ってきたので、水面ちゃん、H田さんと3人で船で出る。

H田さんはアブのビシコンとワールドモンスターというヘビーな漢のタックルで初無人船。

船を進めながらマングローブ際を攻めていく。

しゃべりながら赤いウィンナーを動かしていると、シュボッという音とともにルアーが消し込んだので合わせると手応えあり。
ジャンプせずに下へ下へ行こうとする。
竿がいい具合にしなり、水面ちゃんが写真を撮ってくれる。
期待していたバラマンディでも、チヌでもなく、
コトヒキでした。10時8分。
この赤いウィンナー、バルサで出来ていて、反応の良い首降りと唾吐きをしてくれるんですよね。

このタックルだとこんなコトヒキでも十分楽しめます。


マングローブの水路を抜けて池の奥のほうまで行きましたが、H田さんに数回のバイト、水面ちゃんにもトップで激しいバイトがありましたが、どちらも乗らず。

いつもいるポイントでも魚の反応がなく、陸に戻り納竿としました。

納竿して車に戻ると、ライトさんがバラマンディを釣ったとのことでした。


釣行日:2018/4/8
釣果①
魚種:バラマンディ
体長:37cm
時刻:10:15
場所:カンヨー無人池
えさ・ルアー:TIEMCO MIGHTY PEPPER 50 SP
タックル
ROD:Dear Monster MSX-71
REEL:シマノ ステラ3000
LEADER:ダイワ モアザンPE1.5号
SHOCK LEADER:バリバスFC 30lb
一言:今シーズン初釣果。

昨年は、11月に入るまでバラマンディ釣れなかったのに今年は早くも釣ったようです。
で、バラマンディ部門の初釣果登録行けるんでしょうか?

つづいて


釣果②
魚種:コトヒキ
体長:22cm
時刻:10:45
場所:カンヨー無人池
えさ・ルアー:TIEMCO MIGHTY PEPPER 50 SP
タックル
ROD:Dear Monster MSX-71
REEL:シマノ ステラ3000
LEADER:ダイワ モアザンPE1.5号
SHOCK LEADER:バリバスFC 30lb
一言:コトヒキ初めて釣った!

今年はすでにコトヒキで3匹目の釣果登録です。

で、帰り道でフックアン組と連絡とっていると、どうやらフックアン組のほうが釣れている模様。

フックアン組のネジさんから、

釣行日:4月8日
魚種:バラクーダ
体長:51cm
時刻:8時
場所:フックアン フーミー池
えさ・ルアー:ラパラ バイブレーション
ロッド:ストーム
リール:ダイワ
ライン:PE1
リーダー:フロロ5号
一言:初バラクーダでした。

おぉ、昨年度は釣果に恵まれなかったネジさんですが、今年は先週のタイ類初釣果登録に続いてバラクーダ部門の初釣果登録も獲りました。おめでとうございます。

さらにKJさんからも釣果登録が届いています。
バラマンディ!
で、サイズは?
釣行日:2018/4/8
魚種:バラマンディー
体長:41.5cm
時刻:AM11:17
場所:フックアン方面 新しい池
ルアー:メガバス ミノー
ロッド:DAIWA BASSX ML
リール:SHIMANO Metanium MG
ライン:PE3号
リーダー:25lb
一言:今シーズン初バラ 初釣果登録??

ライトさんの37cmを超える41.5cm。同サイズなら早く釣ったほうが優先ですが、同日の釣果なのでサイズ優先で、見事KJさんがバラマンディ部門初釣果登録をゲット。

さらに、
何か立派なチヌですね。
魚種:チヌ
体長:27cm
時刻:AM11:25
場所:フックアン方面 新しい池
ルアー:メガバス ミノー
ロッド:DAIWA BASSX ML
リール:SHIMANO Metanium MG
ライン:PE3号
リーダー:25lb
一言:釣果登録数狙い 笑

いいですねぇ。

というわけで、第2週目にして、バラマンディ部門、タイ類部門、サワラ・バラクーダ部門、その他の魚種部門で初釣果登録が完了。残るはヒラアジ部門(ギンガメアジ属、カイワリ属、イトヒラアジ属、イトヒキアジ属、ヨロイアジ属とします。)、ハタ類部門が残っています。
あと、念のため言っておきますが、ヒラアジ部門ですからね。アジ部門じゃないですからね。そこんとこ間違いないようよろしくお願いします。


2018年4月6日金曜日

VADスピンオフ 第1回TAD チャド-ダービー開催 3月31日

VAD創設メンバーのGUREさんがお隣のタイ・バンコクに転勤になりはや2年弱。
これまでもTAD(Thai Angling Derby)通信としてタイの釣り情報をVADメンバー向けに発信していただいていたのですが、この度、新旧VADメンバーがバンコクに集まりGUREさんのセッティングで釣りをすることになりました。

TAD局長のGUREさんから前日に発信された情報は次の通り。
#########################
TADチャド―ダービー概要
・3月31日限定ダービー VAD2018登録者のみ参加可
・参加費300THB
・対象魚:スネークヘッド全種、他魚
・ルール: ①VADダービーのメジャー(2018でなくてもok)で測定し写真を撮り、写真判定により本人釣果の最大魚で最長寸より順位をつける。
     ②スネークヘッド以外の魚の場合、長寸の50%で順位対象とする。
     その他、同寸の場合は先に釣った方、等VADルールに則る。
・表彰式:3月31日場所、時間未定の夕食会場にて。4人参加の場合、1位600THB、2位400THB、3位200THBが夕食費用から割引きとなる。
     坊主が2名の場合、1位700、2位500、3名の場合 1位1200、4名の場合 1人300THBが夕食費用から割引となる。  
なお本メールを受け取った時点で強制参加ですが、ルールやレート変更の提案は、当日出船前まで受け付けます。
#########################
受け取った時点で強制参加とか、パワハラ的とも取れる内容ですが、読み終わった時点で全員が「俺は釣って勝つよ」と思っているはず。

5時にバンコク市内のホテルに迎いに来てもらって会場目指して出発。
道中では、「4人で20投すれば1回は出るよ!」とGUREさんが言う。そんなにバイトがあるんか?すごいな。期待急上昇。
1時間半ほどで湖?に着く。
GUREさんは湖をみて、あまりの減水に驚いている。 ん?
参加メンバーは、GUREさん、水面ちゃん、JOEさん、私。加えてJOEさんの弟のYUKIちゃんです。
準備して船に向かってさっそうと歩いていきます。
全員釣る気満々ね。

船は1杯2名しか乗れないので私はGUREさんと一緒に乗りました。
水面ちゃんとJOEさんが同じ船に乗り、YUKIちゃんはソロ。
昼休憩の時に乗船メンバーを入れ替える予定です。

まずは、船着き場から1分ほどで到達したオダをバズベイトで攻めます。
20投ほどしたら誰かに出るだろうと車の中では言っていたのですが、それを覆すに十分な減水だったようで、全く出ません。

少し南の取水口のほうへ移動すると時折チャド-の呼吸が見えるのですが、水面での滞留時間が短くいっこうにタイミングが合わない。
ふたたび、オダ林に戻りガンガン投げていく。
チャド-は呼吸では出るのだがバズベイトには全く出てこない。
アオコが大発生しているみたい。

GUREさんがJOEさんに電話をかけて状況を聞くと、何か釣れているとのこと。
水面ちゃんがカスープとチャド-4㎏を上げたらしい。
そろそろ昼前なので昼飯に船着き場まで戻ってきてほしいと伝えたものの、強烈な雨が降っており戻れないという。
どこにおんねん!?
湖を見渡すと南のほうに雨雲。
私とGUREさんが居るところは雨は降らないものの前兆の風が吹き始める。
そろそろ昼飯ということで船着き場へ戻ろうとするが逆風でなかなか進まない。
船頭さんだけだと進まないのでGUREさんと交代で船を漕ぐ。
投げ倒しましたが午前中は二人とも一度のバイトもなし。

船着き場について昼飯はGUREさんと二人で料理はお任せ。
GUREさんが小柄な童顔のおっちゃんに注文をテキパキとしていく。
鳥の揚げたやつと何だっけ?全部美味かったです。
食い終わると雨が降ってきました。
雨が降るとチャドーの活性が上がるそうで期待が持てます。
しかし、風も強く出られません。
しばらく雨宿りです。
水面ちゃんとJOEさんは湖の向こうで雨宿りして飯をくい、そのまま釣り続行しているとの連絡が入り、我々も風がやんだのを見計らって出ます。
一路南へ、しかし船頭は戻るのに距離があるのを嫌がってかなかなか南へ向かおうとしません。
時折出る呼吸を狙いますが、いかんせん呼吸の数が少ない。
待っている時間のほうが長いので釣りになりません。
で、徐々に南へと向かっていくと何やら呼吸の頻度が上がります。
GUREさんとクランクを投げまくりますが反応は得られず、そうこうするうちにJOE&水面艇にたどり着きました。
4㎏もこの付近で出たとのことで我々もバズベイトでオダを撃っていきます。
すこし遠くに投げたところ、バズベイトがなぜが沈んでしまい浮かせなければと竿をあおってリールを巻くとグイグイと引く魚の手ごたえが!
逃がすまいとリールを必死に巻き上げ無事キャッチ。
サイズは小さいですが、今日の初バイトでキャッチに至りました。
あたらしく買ったアブのビシコンとシマノの”ザ トーマン”ロッド=アルテグラ 172H2に入魂完了だわ。
赤いPro Hunterのキャップがカッコイイでしょ?
チャドー 42㎝、15時28分。
やっとボウズ逃れました。
GUREさんも釣れるといいな。

オダの中を移動しながら撃ち続けているとやたらと呼吸に頻度が高い場所がある。
ここに通しておけば上がってきたときに攻撃してくるんじゃないか?としつこく同じところを数回通してみる。
すると、とつじょバズベイトの直後で水しぶきが上がりフッキングせず、そのまま巻いてくるとバズベイトの右から左側に回り込み覆いかぶさるように再び食いつく。次はフッキング。
うぉっ!
かなりいいサイズ。
ドラグが滑るのでスプールを手で押さえて応戦。
走らせてオダに巻かれると大変なので出来る限り糸を出さないように頑張る。
ファイト中にジャンプするとかいい感じ。
船べりまで寄せて来てまだまだ抵抗するところをGUREさんにタモ入れしてもらいキャッチ。
ふぅ。
デカいわ。
昨年のチャオランのよりデカイ。チャド-自己ベストかな。
さっきのとは全く違うボリューム感です。
チャド-、62.8㎝ 3.2㎏s、15時45分。
腹のぼてぼて具合、最初の一匹とは全く違います。

GUREさんにも2回ほどバイトがあり、ロッドが絞り込まれたのですが、途中で2匹ともばれてしまいました。

夕方目いっぱいまで投げ続けましたが、追加はなし。

ちなみに、水面ちゃんが釣った4㎏がこれ。
67㎝でした。

バンコクに戻り、夕食会場へ。
というわけで、結果発表!
1位:水面ちゃん 67cm 700ポイント
2位:Ash 62.8㎝ 500ポイント
ボーズ:GUREさん、JOEさん 0ポイント
ベトナムからのPRO HUNTERチーム?が第1回TAD チャド-ダービーを制しました。

使用タックル
ロッド:SHIMANO ULTEGRA 172H2 ”The Toman”(Vietnam Tackleで購入)
リール:ABU GARCIA Big Shooter Compact 通称”ビシコン”右巻き 
ライン:VARIVAS AVANI MAX POWER JIGGING 4号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー ナイロン 50LB
ルアー:プロディジー バズベイト 3/4OZ

ロッドは軽いルアーから重量級ルアーまでしっかり投げられて7ftいうレングスが取り扱いもしやすく今回の釣りではまさにトーマンロッドの名に恥じない働きでした。
PE4号にFGで50LBのリーダー結束でしたがガイドにFGが絡むこともなく快適でした。
リールはビッグシューターはデカイ!と思い込んでいたのですが、名前にコンパクトとある通り本当にコンパクト。ボディが小さいのでパーミングが楽で、ギア比も8:01と高いことと相まって長時間の釣りも乗り切れました。3㎏が掛かった時には流石にドラグが滑りましたが、剛性は不安を感じることがなく安心してやり取りできました。
ライン、リーダーについてはいまさら言うまでもない安心のバリバスです。
バズベイトは、GUREさんに「いい音出ている」と言わせるチューニングが必要です。
言葉では良い表せませんが、カタラ、カタラ、カタラみたいなペラとノッカーと水が絡まり合って出す音ですね。日本でも通販で買えるようです。
このロッドとリールの組み合わせで、ハタのクランクベイトもいけるのかな?

VADで知り合った友人と、また別の国で再会してこうやって一緒に釣りを楽しめるというのは、本当に嬉しいことです。

GUREさん、またお手合わせお願いしまよ。^^