2018年6月10日日曜日

6月10日はバイブ祭り!

6月2日の自身の負け、イシガキさんの好釣果。
6月3日のハウス屋さん、アルミ親父さんの釣果。
間違いないですな。
この時期のバラはバイブ。

てなわけで、バイブレーションを買いに走りました。
Vietnam TackleStrike Proのバイブレーション。
229TackleでMegabbaraのバイブとよく分からんメーカーのスピンテールメタルバイブ,
ダブルキルを各2個ずつ。

これにラトリンラパラRat L Trap、無名バイブレーションに加え、トップ用でボスポップ、シャロー用でシャッドラップSSR、チョイ深ねらいのシャッドラップというラインナップ。

参加メンバーは、ハウス屋さん、アルミ親父さん、H田さん、水面ちゃん、ライトさんに私の6名。

フェリーが混んでいたりして釣り場に着いたのは7時30分。
そそくさと準備して、昨日買ったメガバラのバイブをセットして水門を横切るようにキャスト。
底をきっちり取ってからジャーク、ポーズ、ジャーク、ポーズを繰り返した後、足もとに近づいてきたので根掛かり防止でただ巻きに切り替えたところでヒット。
一投目ですよ!
足元がどろどろで取り込みに苦労するも無事キャッチ。
今年の初バラ!やったー!
しかし、ほかのみんなはまだ釣り具準備中。
何か一発目から来ると気分的に楽ですねぇ。ほんと。
魚種:バラマンディ
体長:39㎝
時刻:7時45分
場所:カンヨー エビ池
えさ・ルアー:メガバラ バイブ
ロッド:ABU Salty Stage Boat Seabass KR-X SBS-632ML-KR
リール:PENN Conflict 2000
ライン:バリバス マックスパワー シーバスプレミアム1号
リーダー:サフィックス ナイロン40LB
一言:初バラ嬉しー!

このまま行きまっせ!
ボトムノックをしているとたまにショートバイトがある。

ハウス屋さんはジャッカルのTNで対岸を攻めている。
けっこう早巻きのただ巻き。
マングローブの際に投げて巻いているとヒット。
無事キャッチして、いつものスマイル♪
釣行日 6/10
魚種 バラマンディ
体長 36㎝
時刻 8:00
場所 えび池
ルアー ジャッカル TN50 バイブレーション ノーマルサウンド 野池ピエロ
リール ダイワ レブロス 2000
ライン PE 2号
リーダー バリバス フロロ 14LB
一言 釣行を和らげる薬有りませんか?悪い薬よりヤバい物に手を出したかも?

↑薬ねぇ。残念ながら無いです。
VAD看板メンバー(廃人)目指して精進してください。

ハウス屋さんのリトリーブはただ巻きで結構早い。
そんなので来るんか。
でも使っているバイブで早く巻くとレンジが上になってしまう。
そこで、メタルバイブに変更。
テールにブレードが着いたタイプで試してみる。
一旦底を取ってから巻き始める。
ん?
バイブレーション特有のブルブルが伝わってこんぞ。
手元まで引いてくると、テールのブレードがぐるぐる回るものの本体は揺れないのですね。
イメージと違うわ。
しかしフォールの時のスピンテールがいい感じ。
ジャーク&フォールで使ってみると
一瞬違和感の後、糸がたるむ。
???
ちょこっと巻いてジャークするとルアーの手ごたえ。
でフォールするとまた糸がたるむ。
あれ?
ジャークしてフォールするふりして合わせると魚の手ごたえ。
こんな食い方もあるんな。
グリグリ巻いてくるけど足もとまで来たところでバれてしまう。
それほどデカくなかったけど、ジャーク&フォールもいいみたいというのが分かったのは収穫。
水面ちゃんもバイブレーションで何かがヒット。
白銀の魚体が跳ねてフックアウト。バラにしたら細かったような、、、何かよく分からない魚。

底付近をただ巻きで攻めてみたいのでブレードなしのメタルバイブ(中華)に変更。
ただ巻きしているとショートバイトが出る。
何度かショートバイト出るけど乗らない。
そこで、ロッドでアクションを付けずにリーリングだけでストップゴー。
するとルアーを持っていかれる。
けっこうな速さで走る。
それほど重みはなくリールをグリグリ巻いてくると魚体が見える。
ツバメコノシロ(←カッコイイ)。
足元でばれる。暴れすぎやわ。

そやけど、使うルアー使うルアーアタリがあると釣りは面白いわ。

ルアー巻いていたら何か重くなったので巻いてくると、
チヌ。
こんなサイズでもルアーにアタックしてくるんですね。

メガバラのバイブに変更して底をトントンとたたいていく。
迷わずただひたすら。
先週のイシガキさんを思い出しながらトントンたたいていく。

そうこうするうちにバイト。
グリグリ巻いて寄せて来てリーダー掴んでキャッチ。
小さいけどバラマンディ。
魚種:バラマンディ
体長:28㎝
時刻:9時31分
場所:カンヨー エビ池
えさ・ルアー:メガバラ バイブ
ロッド:ABU Salty Stage Boat Seabass KR-X SBS-632ML-KR
リール:PENN Conflict 2000
ライン:バリバス マックスパワー シーバスプレミアム1号
リーダー:サフィックス ナイロン40LB
一言:1日で2匹とか、嬉しー!

アルミ親父さんは奥の水門でコトヒキ1匹。
ハウス屋さんはバイトがあるけど乗らないそう。
ライトさんはまったくダメ。
H田さんもダメみたい。

13時に納竿。

この時期のバラマンディ、やっぱりバイブ効きますよ。

そうそう、ジャッカルのTNバイブレーションですが、ホーチミンでは竿菊で売っています。

2018年6月3日日曜日

夏のバラにはバイブが効く? 6月3日

先週はハウス屋さんがバイブでバラゲット。
今年初めてベトナムでバラマンディのルアー釣りをして3回目の釣行でバラマンディキャッチ。
昨日はイシガキさんがベトナムため池初釣行でバラマンディキャッチ。
共通点はひたすらバイブレーションを巻き続けること。
昨日の帰途、アルミ親父さんからラインが入り釣果問い合わせ。
バイブでボトムノックで4バイト、1キャッチと返答。

やっぱりバイブなんですかねぇ?

今日は休日、釣りにも行かずにゆっくりしているとハウス屋さんからライン。
40オーバーのバラマンディ!
満面の笑み!
昨日私が坊主だと知ってのこの笑み。
釣行日 6/3
魚種 バラマンディ
体長 49㎝
時刻 8:00
場所 クラゲ池
ルアー ジャッカル TN60 バイブレーション ノーマルサウンド 野池ピエロ
リール ダイワ レブロス 2000
ライン PE 2号
リーダー バリバス フロロ 14LB
やっぱり、ルアーはジャッカルのTN。
暫定1位を自己更新しました。

20分ほどすると再びライン。
20アップのチヌ。
ルアーはジャッカルのTN。
そしてもちろん、満面の笑み♡
釣行日 6/3
魚種 チヌ
体長 25㎝
時刻 8:30
場所 クラゲ池
ルアー ジャッカル TN60 バイブレーション ノーマルサウンド 野池ピエロ
リール ダイワ レブロス 2000
ライン PE 2号
リーダー バリバス フロロ 14LB

バラだけじゃなくチヌも釣っってしまう絶好調。

アルミ親父さんからもライン。
バラマンディ釣ってますやん!
ルアーはやっぱりバイブレーション。
残念ながらハウス屋さんの記録を抜くには及ばず釣果登録もなし。

バラマンディを釣りに土日連続参戦で挑んだカラスさんは、デカイのかけたそうですがハリを伸ばされ無念の釣行となった模様です。

夏のバラにはバイブが効く!
これテストに出ます。

2018年6月2日土曜日

初挑戦で釣る人は釣る 6月2日

2016年に初めて連絡を頂いて以来、毎年ベトナム遠征に来られているカラスさんから6月2,3日べトナム入りするとの連絡が入りました。
ターゲットはまだ見ぬバラマンディです。

5月27日に開催されたVAD月例会で6月2日、3日のメンバー募集。
6月2日の土曜日は、カラスさん、イシガキさんと3名での釣行に決定。

当日は雨。
なんでぇ?
確かに昨晩は雷鳴って大雨だったのですが、朝になるとやんでるのが普通のこの時期。
しとしとと雨の降る中、皆さん集合。
コンビニでカッパ(2万ドン)を買っておく。
こういうのは、買って備えておくとたいてい降られない、買わずにいると降られるというのが相場。

一路カンヨーを目指す。

周囲が暗く雨が降ると本当に気が滅入るのですが、日が出てくるにしたがって気分も明るくなっていく。
ちなみに先週、シンガポールに遠征に行っていたライトさんから聞いた話ですが、同じ釣り場で土曜日は3匹キャッチ、日曜日はアタリすらなし。違いは天気で土曜日は雨まじり、日曜日はピーカンだったという。
それからすると、今日も期待値大!などと話しながらカンヨーの船着き場へ到着。

おっちゃんに電話するけど電話が通じない。
あれ?
もう一つの電話番号も電源切れてる応答メッセージ。
あれ?
ベトナミックですなぁ。

その辺にいた船が出船しようとしていたので、エビ池まで乗せてくれないか頼むと快く載せてくれる。
感謝ですなぁ。
この辺の融通が利くところはべトナムサイコーです。

10分ほどで今日の目的地のエビ池に到着。
簡単にこの池での釣果実績ポイントの説明をして釣り開始。

先週バイブレーションでハウス屋さんが今年のバラマンディ暫定1位を釣っている。
ネジさんもバイブレーションで釣っている。
ということで石垣さんはバイブレーション、私とカラス先生は朝はとりあえずポッパーで開始。

かなり投げ倒してチャプチャプ、ピチュピチュ、ゴプン、ポコポコと色々試すが出ない。
バイブレーションに変更。
底をたたいていく。
9時ごろまで粘るけど出ない。
ふぅ。

今日はボウズ逃れ対策で虫エサも持って来ていたのでチョイ投げ釣りをする。
これも先週、アルミ親父さんが爆釣していた前情報に基づく対策です。
投げたらすぐ来るもんだと思っていたら、結構待たないと来ない。
んでアタリが出たので合わせてみると
ミドリフグでした。9時23分。
フグLOVEでベトナムまで来たA木先生とフグ採取に行ってからほぼ一年になります。
べトナムから日本へ渡ったフグは今でも生きているんでしょうか?

場所悪いかな?と思って探っていると根掛かりで仕掛けロスト。
うわぁ、テンション下がるぅ。
100円サビキ÷2=3本バリサビキに交換して釣り続行するけどキスが釣れない。

そうこうするうちにイシガキさんにヒット、そしてラインブレークでロスト。
来ましたか。そしてばれましたか。

こういうのを見るとキス釣りなんてしている場合じゃない!って気持ちになりルアーに戻る。(←迷っているこの時点で負け確定)

イシガキさんはその後ワームに変更するも来ないみたい。
私の持っているメタルバイブ(中華)を一つ進呈。

すると場所を変えたところで再びヒット。
結構大きいみたいでドラグ出されている。
寄せかけたところで急に走り出しジャンプ一発でフックアウト。
デカかった。50㎝はあったでしょうねぇ。残念。

バスとは違うのだよ、バスとは

ハリを伸ばされたみたいで、持っているフックで強そうなのに交換を勧める。

私のほうですが、頑張るけれど反応が皆無なので緊張感が切れハンモックで休憩。
熟睡。
30分ほど寝たけど誰も釣れていなかったので安心。

何かしら釣りたいのでキス釣り再開。
水門右側の橋の付近でアタリあり。
15㎝くらいのキスがようやく釣れる。
時合なのか場所なのか、同じところに放り込むとすぐにアタリが出て釣れる。
釣れると面白いですな。

カラスさんは私のキスの釣果とイシガキさんのバラのアタリとの間で葛藤。
迷いが生じている模様。

メタルバイブで粘り続けるイシガキさんは迷いなくメタルバイブでのボトムノックを繰り返している。
3度目のヒット。
ゆっくりやり取りして寄せてくる。
魚体が見えるとまぎれもなくバラマンディ。
口元にルアーの針が一本掛かっているだけ。
ランディングのフォローをして無事キャッチできました。
天然バラ初挑戦で3度目のバイトでキャッチ。
釣行日:6月2日
魚種:バラマンディ
体長:36cm
時刻:11時15分
場所:えび池
えさ・ルアー:バイブレーション(Ashさんにもらった物)
ロッド:ノーブランドの振り出し
リール:ABU カーディナル
ライン:PE1号
リーダー:4号
一言:バラしたのは、もっと大きかったです。

ストリンガーにひっかけてキープ。
イシガキさんはこの後も続行。
こんだけコンスタントにバイトがあるとなるとこのメソッドは効果ありということですね。
あとは確率の問題。

私のほうはキス釣り好調。虫エサ(←コオロギとかじゃなくてゴカイ系ね。)一箱なくなるまで続ける。

車には12時ごろ戻ると言っていたのですが、外側の潮位が上がりそろそろ入ってくるというので時間延長。

その後は、イシガキさんにまたヒット&ラインブレーク。
リーダー見せてもらうとリーダーササクレだらけやん!
バスとは違うのだよ、バスとは

キス釣りも一箱エサを使い終わって一区切り。
全部で14匹釣れました。お土産に十分な数です。
釣行日:6月2日
魚種:キス
体長:18cm
時刻:11時ごろ
場所:エビ池
えさ・ルアー:ハードー(ゴカイ系虫エサ)
ロッド:ストーム モジョ6.0ft ML
リール:PENN Fierce 2000
ライン:PE Gソウル0.8号
リーダー:バリバス フロロ3号
一言:もしかしてキス部門一位?

そんな部門ないわ!
しかし、ことしの自分の釣果登録、コトヒキ、ハゼ、キスって寂しいのんばっかりやん。
バラ釣りたいわー。

13時半に納竿。
ルアーとかエサとか備えすぎた私とカラスさんはバラ坊主。
ルアー3個だけでバイブレーション好調という情報をもとにぶれずに粘ったイシガキさんが4バイト、1キャッチ。
1バイトなら運と言えるが、4バイトは運では出ない。

勝因は?と聞くと
前日に航海長から
「信じることです」
というアドバイスをもらったので、それを実践したとのことでした。

カッコイイ。

初挑戦で釣る人は釣る。

2018年5月27日日曜日

渋い中でも釣る人は釣るのね 5月27日

今日は、アルミ親父さん、ハウス屋さん、水面ちゃんと私の4人で釣行。
ドライバーが30分ほど遅れたものの無事ピックアップ終了し無人池へ向かう。

水路入り口から撃っていく。
以前出たことがあるところでじっくり粘ってみるが出ない。
投げていて向うのほうでバシャという大きな音が聞こえて胸を高鳴らせたのですが、水面から丸い頭が現れカワウソだと分かる。2頭。
あかんか。

水路を先に進むと水面ちゃんとアルミ親父さんが釣っている。
アルミ親父さんにヒット。
いいなぁ。
ま、小さいけどね。

私もここで数投するものの何かイメージ掴めず、先の本池へ移動。
奥の水路に行ったりしましたが、何もヒットせず。
VAD対象外の練習池でカライワシを釣って遊ぶことに。
フーミー池で使っていまいちな感じだった五目デンスを投入してチョンチョンと高速で動かしていると、毎投アタリが出る。
おほっ。
一度デカいアタリが出てよっしゃと思った瞬間にPE高切れ。
あら?

再度五目デンスを結んで投入するとアタリがあり魚キャッチ。
カライワシ、8時33分。

この後、二十数センチのチビバラマンディも釣りましたが即リリース。

ハウス屋さんとアルミ親父さんは木陰でビール片手におしゃべりタイム。
水面ちゃんは奥の水路。
私は表の水路にもどって攻めてみる。
一度だけルアーにアタックしてくるのが見えたが、同じところに投げてもそれ以降出ず断念。

本池に戻り、奥の水路の水面ちゃんのところへ行くと、バラ釣ったとか。

釣行日:5/27
魚種:バラマンディ
体長:32cm
時刻:8時
場所:カンヨー
えさ・ルアー:ダートラン
ロッド:L
リール:スピニング
ライン:PE0.8
リーダー:ナイロン4号
一言:様子見にきた甲斐がありました。

この後、二人で船に乗って回ってみましたが、二人とも何も釣れずに終了。

オマケ 釣れた。


2018年5月25日金曜日

VAD2018 釣果登録紹介 5月25日

私があれこれゴニョゴニョしている間に皆さん着実に釣り上げています。

まずは今年好調のネジさんから。

釣行日:5月20日
魚種:バラマンディ
体長:39cm
時刻:7時30分
場所:エビ池
えさ・ルアー:ジャッカル バイブレーション TN
ロッド:ストーム
リール:ダイワ フリームス
ライン:1.5号
リーダー:3号


今年、マングローブジャック、バラクーダ、バラマンディと着実に魚種拡大中ですよね。
バラマンディはKJさんの登録が41.5㎝なので暫定2位です。

続いて、ハウス屋さんから記念すべき天然バラ もちろんVAD釣果登録も初めてです。
釣行日:5/20

魚種 バラマンディ

体長 44.5㎝
時刻 11:00
場所 カンヨー エビ池(外海)
ルアー ジャッカル TN バイブレーション
ロッド 子供のお下がり
リール ダイワ レブロス 2000
ライン PE 2号
リーダー バリバス フロロ 14LB VADで貰ったもの
 いい笑顔です。
銀色のきれいな魚体。
44.5㎝!
バラマンディ部門、暫定トップです。
1位:ハウス屋さん 44.5㎝
2位:KJさん 41.5㎝
3位:ネジさん 39㎝

まだありますよ!
つうか、
こんなんありですか!?


はい、

アルミ親父さんからです。
釣行日:5月20日
魚種:キス
体長:いっぱい
って、 ☝サイズちゃうやんかい!
時刻:7時~11時 ☜4時間にわたるファイト!?

場所:エビ池
えさ・ルアー:アスリートカワハギスペシャル
ジャクソンのアスリートでキス?
どんなデカイキスなん?
ロッド:テイルウォーク
リール:フリームス2500
ライン:PE1.5号
リーダー:船ハリス5号
一言:天ぷら美味しかった!

ドキドキの写真は、
あれ?
何じゃこりゃ!?

誤:体長:いっぱい
正:体長:15㎝

シーバス用ルアーのアスリートじゃ絶対釣れんわ。と思ってググってみると
正解はこちら

ちなみにこの日の釣果は、料亭ネジ屋で豪華料理となり釣行した皆さんのおなかの中に納まったということです。